(おきがあの世に行ってしまって書けないので、代わりにオットくんが
書いています。)

あさいちに続いて、ゆうじ。
一番おっちょこちょいで、落ち着きなく動き回り、愛嬌があるやつです。

013-先行するあさいちとこれからのゆうじ
先行するあさいちとこれからのゆうじ(奥の壁に小さく
見えているのがあさいち、容器の中にいるのがゆうじ)

014-あっちの暗い世界を目指すんだ!ゆうじ
あっちの暗い世界を目指すんだ!とがんばるゆうじ

015-初めて外に出たゆうじ
初めて外に出たゆうじ

容器を出ると、あさいち兄さんを追いかけるかのように同じ方向に
進んで行きました。ぴゅー!ではなく、のたのたのた…です。
でも途中で向きを変え、あさいちとは違う方に進んでいきました。

ここで、既に進んでいたあさいちも、ちょうど壁がコーナーでオーバー
ハングしているところにひっかかって右往左往していました。

かつてのカミカミ事件の影響で右後ろ脚の指が今も欠損しているあさいちは、
見ていると、ほぼ不自由なく歩けるのですが、指が足りない分だけ
右後ろ脚だけ吸着力が足りずたまにやや足を滑らせることがあるようです。
しかし、そんなハンディをものともせず、あさいちはついに
オーバーハング部を乗り越えて反対側へ。しかし、そこからなぜか向きを
変え、結局、あさいちとゆうじは互いに距離をあけつつも、
壁のあっち側とこっち側とで平行に同じ方向に進んでいきました。
兄弟だから根本的なところは似てるのかな?
その先のどこかで兄弟再会するのかも?

016-たくましくなったあさいち
たくましくなったあさいち

017-かっこよく決めたゆうじ
最後はかっこよく決めたゆうじ

あさいち~! ゆうじ~!
元気でね~!
しっかりエサを捕まえて食べるんだよ~!!
あさいちもゆうじも屋外で良いお嫁さんに出会いますように!
我が家のヤモリ(家守)として、これからも家を守ってね~!!

夜8時半頃、無事4匹とも放し終わりました。
みな元気に自然界に帰っていきました。

ムラサキ! イブ! あさいち! ゆうじ! みんな元気でな~!!
今まで長い間楽しませてくれてありがとう~!

去っていき方には、4匹ともそれぞれの個性がとても出ていて
いかにもでした。

おきもどこかで見てくれていたかなあ?

ちなみに、このときは、まだ5月なのに、夜の時点でも気温は
約29℃でした。この日は暑かったです!

ニホンヤモリーズの彼らは、暑さにも寒さにも負けずたくましく
生きていってほしいです。
またどこかで会えるといいな!!

(おわり)