オキモトです(。・ω・)ノ゙


オーサムカップで4試合こなした反動の筋肉痛も和らぎ。

元気ハツラツです。

さて、そのオーサムカップにY社の『姫』こと、ヒラトビッチと共に

試合に出場したわけですが、ここで姫がある証明をしてくれました。


姫のプレースタイルは、バリバリのハードヒッター。

ロブはあまり使わず、狭いコースでも見つければ

ガンガン打ち込んでいく打ちたがり屋さんです(・∀・)


前々回(第1回)大会で姫は、【NX70S】を使用してました。

オーサムMIX4

オーサムMIX6

しかし、今回は70Sをお忘れになったため・・・。

試打として持って来ていた50Sで試合に臨みました。

HIRA1

姫はハードヒッターですが、力はそんなに強いわけではありません。

そして、Y社の営業なので毎日練習をしているわけではないのです。

当然、毎日練習してる人に比べたら筋力は落ちるわけです。

しかし、この日の姫はストロークが恐ろしくキレキレでした。

HIRA2

なぜ??


今回に関しては、ラケットの影響力がモロに出たと思います。

70Sよりも50Sの方がシャフトが柔らかく、ボールにパワーが乗り、

少ない力でもしっかり振ればボールが反応してくれる。

姫自身も自分で驚くほどキレキレでした。

HIRA3

※これは明らかなボレーアウトの瞬間ですが・・・。


ラケットは打球感など人それぞれ好みはありますが、

50シリーズのようなモデルを上手く使うことができれば、

とんでもないボールを打つ事も可能というわけです。

HIRA4

以前にもラケットの選び方のような記事を書きましたが、

http://blog.livedoor.jp/okimoyan/archives/649786.html

本当にそのラケットが自分に合っているのかを見極めるのは

非常に難しい事ではありますが、とても大切な事。

硬式テニスと違い、ソフトテニスの大会は1DAYで行う事が

多く、勝ち上がれば体力を消耗したままの勝負になります。

特に、高校生以下のカテゴリーではゲーム数は少なくても

体力の消耗は大きいものです。


ラケットは使用しているとだんだん体が追いついてくると言いますが、

このクラスのカテゴリーの選手の体力や筋力では

上位機種と呼ばれるモデルではやはりしんどいはず・・・。


ラケットの選択、ガットの選択、テンションの選択。


迷った時は、複数の店員さんに話を聞いてみるのが良いですね。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

↑それぞれクリックにご協力お願いします!


【ツイッターでフォローする】

宜しくお願いします!