定年生活

 セカンドライフの生活です  野菜作り、庭作り、ボランティア活動、山野草、  自己啓発での新たな学習、山登り、森の自然等々  色々な生活を謳歌してます  右欄のカテゴリー別にも、クリックして見てください  ふれあいの森の活動は、ボランティアに入ってます  魚の飼育等動物に関しては、翁日記に載せてます  リンクの翁日記をクリックして見てください  

庭の花 ヤブラン・ニラ・タヌキマメ

ヤブランの花の拡大
220815 (29)






















ヤブラン キジカクシ科 ヤブラン属
(藪蘭)
原産地 日本 中国 朝鮮半島 台湾 東アジア
薬効  生薬名:麦門冬(ばくもんとう)
        滋養強壮、のどの腫れ、せきを鎮める鎮咳
別名  リリオペ サマームスカリ 広義でプラティフィルラ 山菅(ヤマスゲ)
 地方名:テッポウダマ(福島県) ネコノメ(新潟県) ジャガヒゲ(岐阜県)
     インノシポ(鹿児島県)
花言葉 隠された心 忍耐
名前の由来
 ・やぶに生え、葉の形がランに似ていることからこの名が付けられた
花期 7月〜10月ごろ
特徴 ヤブランの果実は皮が早く落ちて、種子がむき出しになる変わった性質
   を持っている  


個々の花が咲き出してきた
220815 (16)220815 (18)



庭ではあちこちから生えてくる
強い種か
220815 (12)220815 (11)


ヤブランの全景
220815 (14)

























ニラの開花
220815 (27)ニラ






















ニラ ヒガンバナ科 ネギ属
(韮)
原産地 中国原産 (東南アジア) 
    日本へは、弥生時代に渡来
薬効  食用
    薬用:葉は止血,解毒作用があり,吐血,血尿,喘息などに,
       また日射病にも用いる  生薬名:韮白(きゅうはく)
別名  懶人草(らんじんそう) フタモジ
花言葉 多幸 星への願い
名前の由来
 ・独特の臭気があることから「においきらう(香嫌)」が「にら」に
  変化したという説
 ・美味であることから「みら(美辣)」が「にら」に変化したという説
花期  8月〜9月
別名の蘊蓄
 『古事記』では「加美良」(かみら)、『万葉集』では「久々美良」(くくみら)、
 『正倉院文書』には「彌良」(みら)とそれぞれ記載されている
 このように、古代においては「みら」と呼ばれていたが、院政期頃から不規則な
 転訛形「にら」が出現し、「みら」を駆逐して現在に至っている




狸豆が今回大発生
庭がタヌキマメだらけになりそうな勢いだ
秋吉台で出会ってからのお付き合いだ
もう15年にはなるか
農家レストランタヌキでいただいたものが、今や盛りだ
220815 (1)220815 (2)


220815 (3)

庭の花 ヤマノイモ・センリョウの実・トキワハゼ

ヤマノイモの花が咲いた
220813  (40)ヤマノイモ220813  (39)ヤマノイモ



ヤマノイモ ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
(山の芋)
原産地 日本原産
薬効  食用:地中に長く伸びる根茎をとろろ芋として食用にする
    薬用:滋養強壮
別名  ジネンジョウ(自然生)、ジネンジョ(自然薯)、ヤマイモ(山芋)
花言葉
名前の由来
 ・中国原産のナガイモを意味する漢語の薯蕷を当ててヤマノイモと訓じた
 ・別名のジネンジョ(自然薯)は、自然に生えている芋であるところから
花期  夏
特徴  雄株と雌株があり、雄花の花序は直立し、雌花の花序は垂れ下がる

庭にヤマノイモの花が付いた
さて大きな山の芋があるかどうかは、分からない
食糧難になったら、掘って食べるか




センリョウの実が出来ていた
時間がたつと赤い実に変身だね
220813  (32)
























トキワハゼが咲いていた
220810 (33)






















トキワハゼ ハエドクソウ科 サギゴケ属
(常磐黄櫨)
原産地 日本原産
薬効
別名
花言葉 いつもと変わらぬ心
名前の由来
 ・葉が常にほぼ一年中あって(常葉)、さらに果実がはぜる様子に由来する
花期   初春-晩秋

ムラサキサギゴケと似ているが、それは春先のみ
夏に咲いているのでトキワハゼ

220814 (26)
























庭の花 タヌキマメ・ウスユキマンネングサ・カンアオイ・サイヨウシャジン

タヌキマメが開花だ
これから続々と開花を始める

タヌキマメ
220812  (15)





















タヌキマメ マメ科 タヌキマメ属
(狸豆)
原産地 日本 中国 東南アジア インド
薬効  利尿剤、強心剤、鎮痛剤
    作物を守るための農業利用花
別名  黄金狸豆
花言葉 愛嬌
名前の由来
 ・顎が褐色の長毛に覆われていることから小狸に見立てた
花期 7月〜9月
特徴 毛におおわれた果実の中に10-15個の種子をつける
   花形はマメ科特有の蝶型花

220813  (48) 220813  (50) 







ウスユキマンネングサ
220812  (45)ウスユキマンネングサ




















もともと、家の前の道路に咲いていたもの
一部を庭に移植しておいた
場所が悪いのか、大株にはならないが、しっかりと花をつけている
尚元株は、すでに刈り取られて無い



カンアオイ
220812  (27)























サイヨウシャジン
個々の花がツリガネ状でかわいい
220812  (28)220812  (29)


220811  (7)

庭の花 サギソウ乱舞

220812  (3)
























サギソウが真っ盛り
220812  (2)













いつ見てもこの花はいいな
220812  (5)220812  (6)



幼いころの思い出もある
220812  (20)220812  (21)



野草の王様にしてもいいね
220812  (22)-1





















サギソウ ラン科 サギソウ属
(鷺草)
原産地 日本 台湾 朝鮮半島
薬効
別名  サギラン
花言葉 無垢 清純 繊細 神秘的な愛 夢でもあなたを想う 芯の強さ
名前の由来
 ・咲く姿が、白鷺が羽を広げて飛んでいる姿に似ている事から
開花時期  7月〜9月
RDB  準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト)

庭の花 タヌキマメの蕾膨らむ 南京豆が凄い事になった

庭の花
タヌキマメの蕾膨らむ
お盆には咲きそう

タヌキマメの蕾
220811  (17)  





















何とタヌキマメがミニ花壇を占領
通路まで占拠した
220811  (9)














南京豆が凄い事になった
実は、成長が遅いのであきらめていた
よって、目に入らなかったね
この花壇を占拠し、通路まで勢力を伸ばしていた
成長が遅いなんてことは、吹っ飛んでいた
220811  (4)











庭の花 サイヨウシャジン・サギソウ・ヤブラン

サイヨウシャジンが一斉に開花
220808 (3)






















220808 (4)220808 (5)






サギソウ
220808 (14)























220808 (15)220808 (16)



サギソウ ラン科 サギソウ属
(鷺草)
原産地 日本 台湾 朝鮮半島
薬効
別名  サギラン
花言葉 無垢 清純 繊細 神秘的な愛 夢でもあなたを想う 芯の強さ
名前の由来
 ・咲く姿が、白鷺が羽を広げて飛んでいる姿に似ている事から
開花時期  7月〜9月
RDB  準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト)


220808 (7)
























おまけのヤブラン
220808 (6)






















ヤブラン キジカクシ科 ヤブラン属
(藪蘭)
原産地 日本 東アジア
薬効  生薬名:土麦冬(ドバクドウ)
        滋養強壮、鎮咳、去痰
別名  地方名 テッポウダマ(福島県)、ネコノメ(新潟県)
        ジャガヒゲ(岐阜県)、インノシポ(鹿児島県)  
    リリオペ サマームスカリ プラティフィルラ
花言葉 謙虚 忍耐 隠された心
名前の由来
 ・やぶに生え、葉の形がランに似ていることから
 ・ギリシア神話に登場する美少年ナルキッソスの母であるリリオペの
  名前にちなみます(リリオペ)
花期  7月〜10月

須々万の花 田んぼにオモダカ・イネの実が大きくなってきた

田圃にオモダカが出てきた
220806 (36)






















オモダカ オモダカ科 オモダカ属
(沢瀉・澤瀉・面高)
原産地 日本 アジアと東ヨーロッパの温帯域から熱帯域に広く分布
薬効  生薬名:慈姑(ジコ) 尿路結石,産後の異常,咳,血痰など
別名  花慈茹(ハナグワイ) 勝ち草 サンカクグサ イモグサ 
    オトゲナシ
花言葉 信頼 高潔(品格があり気高い)
名前の由来
 ・人の顔に似た葉を高く伸ばしている様子を指して「面高」
 ・中国語で湿地を意味する涵澤(オムダク)から
花期  7月〜10月
生息場所:水田や湿地、ため池などに自生する
情報: ・オモダカは別名をハナグワイといい、おせち料理などに
     使われるクワイの原種にあたる植物です
    ・田んぼに発生すると稲から栄養分を奪ってしまう厄介な植物

220808 (1)220808 (2)






稲の生長
220806 (38)





















今年は水不足で、全滅の危機があったがかろうじて水はつながった
昨年の様なウンカによる被害はない
田圃を守るお百姓さんからは、ため息が聞こえていたね
温暖化の悪い影響が出なければいいが

庭の花 サギソウ・ギボウシ ピーマン・ミニトマト・キュウリの収穫

サギソウが、次から次へと開花だ
220807 (12) 





















咲き出したのと、もう一寸で咲き出す
220807 (21) 220807 (22) 



サギソウっていいな
220807 (20) 
























ギボウシ
220807 (7)220807 (3)




ピーマン・ミニトマトの収穫
220807 (11) 













ミニトマトのミキサー 氷を入れて美味しいね
ピーマンの素揚げが美味しかったな

庭の花 カワミドリ・サイヨウシャジン咲く 

カワミドリ
220806 (21)






















カワミドリ シソ科 カワミドリ属
原産地 日本 朝鮮 中国 シベリア
薬効  生薬名:土藿香(ドカッコウ) 川藿香(センカッコウ)
    ・鎮痛,解熱,健胃作用があり,頭痛,嘔吐,下痢,夏のカゼや
     食欲不振,暑気あたりなどに用いる
別名  ハイコウソウ(排香草) カオリグサ(香草)
花言葉 最後の救い
名前の由来 正式な由来不明
 ・葉茎が繁茂し、自生する沢が緑色になるから”川緑”
  (過去に古老から聞いた話は上の説明だった)
 ・カワ+ミ+ドリ”に分解して”皮+身+取”から”皮+身=全草+取=煎じる”意味か
花期  8月〜10月
特徴  ハッカのような特有の強い芳香がある

220806 (22)
























サイヨウシャジン
220806 (27)





















サイヨウシャジン キキョウ科 ツリガネニンジン属
(細葉沙参)
原産地 日本 台湾 中国
薬効  生薬名:沙参(シャジン),南沙参(ナンシャジン)
    鎮咳,去痰,解熱作用があり,咳,咽喉痛,口渇などに用いる
    食用 :山菜
別名  ナガサキシャジン
花言葉 感謝 誠実
名前の由来
 ・細い葉のシャジン
花期  8月〜11月
似た花 ツリガネニンジン


220806 (29)220806 (28)



220806 (26)















庭に生えたツユクサ
220806 (24)ー1

















庭の花 サギソウ咲き出す

サギソウが咲き出した
220806 (14)-1






















このサギソウは、直近で購入して来たもの
220806 (13)220806 (12)-1



直ぐ咲きそうな株
220806 (16)220806 (15)



長年庭で咲いていた我が家のサギソウ
いまにも咲きそうだ
220806 (17)























鹿野の売店シャクナゲで購入だ
ワンポット150円 お買い得
全部ルーツは、同じ所だ
新規購入株と昨年以前の株では成長が違う
育て方が違うね ウーン

食物の花 オクラ・ジャガイモ・キュウリ・ミニトマト・ピーマン・南京豆

食べ物の花が咲いている
世の中は、花より団子らしいが、実より花がいいな
家の前の、よその畑のオクラの花が綺麗だった

オクラの花
220804 (2)





















オクラ アオイ科 トロロアオイ属
(秋葵        フヨウ属)
原産地 アフリカ東北部の原産
薬効  食用
    薬用:便秘
別名  その形状から レディース・フィンガー「婦人の指」とも呼ばれる
    和名をアメリカネリ 陸蓮根(おかれんこん)
花言葉 「恋の病」「恋によって身が細る」
名前の由来
 ・オクラは、英語名 “okra” (オクラ)からの借用語(外来語)で、その語源は
  アフリカのガーナで話されるトウィ語の “nkrama” に由来する
 ・従来「ネリ」と呼んでいたトロロアオイの近縁種であったので「アメリカネリ」
  と名付けられた
花期  8月〜9月

まるでフヨウの花の様だった

220804 (1)























おまけに食用の花たち

ジャガイモ
220804 (3)





















キュウリ
220804 (5)





















ミニトマト
220804 (6) 






















ピーマン
220804 (8) 220804 (7) 





南京豆
220804 (9) -1

庭の花 タヌキマメが増えた増えた

タヌキマメが増えた増えた
もうじき、ムラサキの豆に似た花が咲く
220802 (13) 






















タヌキマメ マメ科 タヌキマメ属
(狸豆)
原産地 日本 中国 東南アジア インド
薬効  薬用:伝統的な民間療法では、利尿剤、強心剤、鎮痛剤
       生薬名:野百合(ヤビャクゴウ)
       清熱,解毒作用などがあり,肺炎,小児の黄疸などに用いる
別名  ネコマメ 
花言葉 愛嬌
名前の由来
 ・漢字を当てると「狸豆」で、果実を包む萼がタヌキの体毛のようだから
 ・花を正面から見るとタヌキの顔のように見えるから
花期  7月〜9月
特徴  毛におおわれた果実の中に10-15個の種子をつける

220802 (14) 





















花壇を飛び出して増殖中
220802 (15) 





















山野草のエキ 直近で咲いた花 レンゲショウマ・キレンゲショウマ・サギソウ・ソバナ・フシグロセンノウ他

2022年 8月 4日 

咲いた花

 サネカズラ レンゲショウマ ウバユリ ナツズイセン キレンゲショウマ
 オトギリソウ ミソハギ サギソウ サルスベリ オミナエシ
 フシグロセンノウ ソバナ カノコユリ ヤブミョウガ




サネカズラ                  緑は雌花 赤は雄花
220804 山野草のエキ (8)220804 山野草のエキ (6)


レンゲショウマ                 ウバユリ
220804 山野草のエキ (58)220804 山野草のエキ (16)



ナツズイセン
220804 山野草のエキ (12)220804 山野草のエキ (62)



キレンゲショウマ               オトギリソウ
220804 山野草のエキ (13)220803



ミソハギ                   オミナエシ
220804 山野草のエキ (29)220804 山野草のエキ (39)



サギソウ
220804 山野草のエキ (34)220804 山野草のエキ (32)



サルスベリ
220804 山野草のエキ (37)













フシグロセンノウ
220804 山野草のエキ (49)220804 山野草のエキ (48)



ソバナ
220804 山野草のエキ (56)ソバナ220804 山野草のエキ (64)



カノコユリ                   ヤブミョウガ
220805 山野草のエキ220804 山野草のエキ (17)







咲いている花

 ヒメヒオウギスイセン サワギキョウ キツリフネソウ ノギラン 
 ヒヨドリバナ シモツケ ノリウツギ

ヒメヒオウギスイセン             サワギキョウ
220804 山野草のエキ (20)220804 山野草のエキ (36)



キツリフネソウ                ヒヨドリバナ
220804 山野草のエキ (47)220804 山野草のエキ (54)



シモツケ                   ノリウツギ
b220804 山野草のエキ (1)b220804 山野草のエキ (2)

近隣の花 ノウゼンカズラ・アキノタムラソウ・白い花のアサガオ

近所の家にノウゼンカズラが咲いていた
長い間咲いているのを、横見していた
主がいらっしゃったので、写真を撮らせていただいた

ノウゼンカズラいいね いいね いいね
220802 (27)ノウゼンカズラ





















ノウゼンカズラ ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属
(凌霄花)
原産地 中国原産 平安時代に渡来
薬効  花や樹皮は漢方薬では利尿や通経に使う
別名  ノウゼン ノショウ のうぜんかつら トランペットフラワー
花言葉 名声 名誉
   勝利者などを祝福する際のファンファーレでトランペットを吹くことに由来する
名前の由来
 ・漢名の凌霄花は「霄(そら)を凌ぐ花」の意で、高いところに攀じ
  登ることによる命名
花期  7月〜9月


220802 (28)ノウゼンカズラ






















結構長い間咲くみたい
220802 (26)ノウゼンカズラ
























白いアサガオ 珍しい?
220802 (36)





















白いアサガオの花言葉
 ・固い絆 あふれる喜び



アキノタムラソウ
220802 (24)アキノタムラソウ






















陽気もいい
コロナが無くなれば、また散歩に出るか

庭の花 サイヨウシャジン咲く ギボウシ・ヒオウギの実・アガパンサスの実・オニユリの実

サイヨウシャジンが咲き出した
220802 (6) 220802 (11) 




サイヨウシャジン キキョウ科 ツリガネニンジン属
(細葉沙参)
原産地 日本 台湾 中国
薬効  生薬名:沙参(シャジン),南沙参(ナンシャジン)
    鎮咳,去痰,解熱作用があり,咳,咽喉痛,口渇などに用いる
    食用 :山菜
別名  ナガサキシャジン
花言葉 感謝 誠実
名前の由来
 ・細い葉のシャジン
花期  8月〜11月
似た花 ツリガネニンジン


近くの花壇にも咲き出してきた
ピンと伸びたサイヨウシャジン
蕾が一杯ついている
220802 (10) 























ギボウシ
220802 (16) 220802 (9) 




ヒオウギの花と実
220802 (20) 220802 (18) 



ヒオウギの実                  アガパンサスの実
220802 (19) 220802 (22) 




オニユリの実(ムカゴ)
220802 (7) 220802 (8) 

庭の畑 ミニトマト・キュウリ 食べきれない

ミニトマトが連日収穫
ジュースが旨い
添え物も毎日だ
夕方の水まき時に、もぎ取り食いもいい

ミニトマトの収穫
220729  (6)






















キュウリも毎日収穫だ
千切り、塩漬け、梅酢漬け、からし漬け、ニンニク味噌、庭で齧り付き
220737 (19)





















ピーマンの収穫                刻んで塩をしたキュウリ
220729  (7)220729  (8)



新鮮な野菜がふんだんに収穫だね
新鮮な野菜が鱈腹食えるね




庭の花 ヘクソカズラ咲き誇る

ヘクソカズラが最盛期か
220726 (14)




















綺麗な花だ
ヘクソカズラなんてひどい名が付けられている
サオトメバナ(早乙女花)なら許されるね
別名にあるらしい
サオトメバナとしたいな
220726 (13)220726 (15)



あちこちにサオトメバナのツルが出てきているね
匂いがひどいらしいが、老人の鼻には、屁だ糞だの匂はしない
220726 (11)



























野の花 ミゾカクシ・アカバナユウゲショウ

220730 (10)






















目の前の水田の畔に、ミゾカクシが咲いていた
キキョウ科でサワギキョウと同じ形の花が咲く

ミゾカクシ キキョウ科 ミゾカクシ属
(溝隠) 
原産地 日本 中国 インド マレーシア
薬効  中国医学では漢方薬の基本となる50種の薬種の一つである 
       腫瘍や毒蛇の咬傷、利尿剤として用いられる 
別名  アゼムシロ(畦筵) 
花言葉 思わせぶり 意表をつく人
名前の由来
 ・溝を隠すほど茂ることから付けられた
 ・田の畦に筵を敷いたように生える様子からアゼムシロ(畦筵)
花期  6月〜10月

我思うだけかも
手塚治虫の火の鳥を思い出すのは、我だけか

キキョウ科というのも信じがたい
キキョウの花とは、まるで違うな
サワギキョウの花と、そっくり

220730 (9)
























アカバナユウゲショウ
田圃の畔に咲いていたね
220730 (7)























アカバナユウゲショウ アカバナ科 マツヨイグサ属
原産地 北アメリカ南部〜南アメリカ 帰化植物
薬効
別名  ユウゲショウ
花言葉 臆病 貞淑 美徳
名前の由来
 ・花が赤く、夕方になると花が美しく開花をすることから「夕化粧」
 ・「アカバナ」とは、本種の花色が赤いことを意味するのではなく、
   花の色や形が、同じアカバナ科の在来種、アカバナ に似ていることに由来
花期  5月〜9月

220730 (6)




















庭の花 ヒオウギの捻り飴 モミジバルコウソウの二度目咲

ヒオウギのネジリンボウ飴が出来た
いい形だ
220737 (12)220737 (11)


次々に咲き、次々に捻れる
そして種がヌバタマの黒い実
楽しめる花だ
220737 (16)ー1



















モミジバルコウソウが又咲き出した
二度目咲だ
蕾もまだある
220737 (2)




















220737 (21)220737 (3)



これは増やしたいね
ついでにルコウソウマルバルコウソウも植えるか


三種の違い

ルコウソウ:      葉が細く針状  花は赤
マルバルコウソウ:  葉が丸い    花は橙色
モミジバルコウソウ: 葉がモミジの葉 花は赤 

220729  (5)220729  (3)

庭の花 マンリョウが咲き出した おまけのオボロヅキ コロナワクチン4回目接種完了

マンリョウ(万両)が咲き出した
220726 (26)





















220726 (24)220726 (25)



マンリョウ サクラソウ科 ヤブコウジ属
(万両   ヤブコウジ科)
原産地 日本 東南アジア
薬効  生薬名:朱砂根 朱砂根葉
        清熱,解毒,駆瘀血作用があり,カゼ,扁桃腺炎,ジフテリア,
        リンパ節炎,リウマチ,打撲傷などに用いる
別名  ヤブタチバナ
花言葉 寿ぎ 財産 金満家 徳のある人 慶祝
名前の由来
 ・18世紀末ころから使われ始めたが、初めはまん竜、万量、万里ゃうなどと
  綴られ、文政のころから万両が定着し始めた
 ・マンリョウはカラタチバナの中国名百両金に対応した名と考えられる
花期  7月前後
特記 ・アメリカのフロリダでは日本から持ち込まれたと思われる
    マンリョウが人家の周りから二次林に広く繁殖しており、
    (帰化有害植物)に指定されているという

220726 (23)























オボロヅキの増殖

茎から芽が出る
220726 (30)220726 (31)



落ちた葉から芽が出る
220726 (33)220726 (34)


増えだしたね
邪魔じゃないから増やしていこう
220726 (28)














コロナワクチン4回目接種完了

これでコロナ禍を乗り切りたいね
凄い勢いで蔓延中だ
いやな世の中だ
コロナを作った国があるって
困ったものだね
困ったものだ

庭の花 ウマノスズクサの花 いろんな顔

ウマノスズクサの花が顔に見える
そして表情も豊かだ
笑い顔、泣き顔、ムンク顔

ムンク顔
220737 (36)
























笑い顔
220737 (22)220737 (23)


220737 (24)220737 (29)


220737 (30)220737 (28)



泣き顔
220737 (26)220737 (25)



顔百変化でした
さてさて 実がつくのはいくつかな
これが膨らまないと結実してない
見た目にこの写真のところで結実したのは無いか
ウーン
220737 (31)







庭の花 サギソウの蕾膨らむ ヒオウギ咲く咲く

サギソウの蕾が膨らんできた
もうじき咲き出すね
220722 (14)






















もうサギソウの季節になった
早いものだ
サギソウの花をめでて、月日の過ぎるのを考えないようにしよう
220722 (13)














この水盤で、育てだして何年になるかな
今年は植え替えをしてあげよう




ヒオウギ咲く咲く
220722 (30) -1-2






















220722 (22)























220722 (32)






















220722 (31)















庭の花 ナツズイセン咲く ヒオウギ最盛期

ナツズイセン
220724  (28) ナツズイセン






















ナツズイセン ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
(夏水仙)
原産地 中国 
薬効  有毒:アルカロイドを含む  全草 鱗茎
    生薬名:鹿蔥(ロクソウ)  関節炎,乳腺炎,腰痛
別名  ハダカユリ ケイセイバナ ツツラ ピーピーグサ 
    リコリス スクアミゲラ
花言葉 深い思いやり あなたのために何でもします
    快い楽しさ 楽しむ 悲しい思い出
名前の由来
 ・葉がスイセンに似ていて、花が夏に咲くことから
 ・花期に葉がないことから、俗にハダカユリ(裸百合)
花期  8月〜9月
特徴  ナツズイセンは春に葉を出して枯れた後に花が咲く

220724  (27) ナツズイセン220724  (25) ナツズイセン



220724  (26) ナツズイセン220724  (24) ナツズイセン






ヒオウギが最盛期を迎えた
220724  (30)






















220724  (39)220724  (37)


220724  (29)220724  (38)

山野草のエキ 直近で咲いた花 レンゲショウマ・ヤマユリ・イワタバコ・シモツケ・キツリフネソウ・ヒオウギスイセン・ノギラン・ノカンゾウ・ソバナ

2204年 7月23日に咲いた花咲いている花

直近で咲き出した花

 
 レンゲショウマ ヤマユリ イワタバコ シモツケ キツリフネソウ
 ヒオウギズイセン ノギラン ノカンゾウ ソバナ
 
レンゲショウマ
220723 山野草のエキ (44)





















220723 山野草のエキ (42)220723 山野草のエキ (43)




ヤマユリ
220723 山野草のエキ (77)




















220723 山野草のエキ (78)220723 山野草のエキ (79)




イワタバコ
220723 山野草のエキ (99)220723 山野草のエキ (100)


220723 山野草のエキ (101)220723 山野草のエキ (98)




シモツケ
220723 山野草のエキ (1)























ヒオウギズイセン
220723 山野草のエキ (21)220723 山野草のエキ (39)










220723 山野草のエキ (24)























ノギラン
220723 山野草のエキ (32)220723 山野草のエキ (49)




キツリフネソウ                 ノカンゾウ
220723 山野草のエキ (18)220723 山野草のエキ (19)




ソバナ
220723 山野草のエキ (56)220723 山野草のエキ (57)





咲いている花

  ヘクソカズラ オオバギボウシ ハンゲショウ ヤエカンゾウ ヒヨドリバナ


ヘクソカズラ                  オオバギボウシ
220723 山野草のエキ (7)220723 山野草のエキ (3)



ハンゲショウ
220723 山野草のエキ (17)
















ヤエカンゾウ                 ヒヨドリバナ
220723 山野草のエキ (70)220723 山野草のエキ (71)





蕾の花

   サギソウ キレンゲショウマ 

サギソウ
220723 山野草のエキ (28)220723 山野草のエキ (27)



キレンゲショウマ
220723 山野草のエキ (50)220723 山野草のエキ (53)






実の花

ユキザサ                   セイヨウオトギリソウ
220723 山野草のエキ (81)220723 山野草のエキ (8)





                                    

狸のお庭 珍しい花が咲く・赤紫色のウバユリと赤茶色のノカンゾウ 

鹿野の農家レストランタヌキのお庭で珍しい花が咲いていた
赤紫色のウバユリと赤茶色のノカンゾウだ

赤紫色のウバユリ
220723 狸のお庭 (4)





















普通のウバユリはシロ系統だ  左をクリックしてみて
このウバユリは綺麗な色がついている
220723 ウバユリ 狸のお庭










この赤花ウバユリは九州で見つかったみたい
ネットには、売り物の赤花ウバユリが見受けられる
種で増やして販売しているみたい

珍しい花を見せてもらったね


さらにもう一つ
ノカンゾウの色変わりが咲いていた
220723 狸のお庭 (1)





















さすが
狸のお庭だ
名前が名前だ
狸に化かされたかとほっぺをつねるが、化かされてはいないようだ
ネットにも掲載されていた
赤色の深いカンゾウは紅カンゾウと呼ばれるそうだ


珍しいものを見せてもらった
決して農家レストランタヌキに化かされたのではない
今見頃です

庭の花 カサブランカ咲く

カサブランカ
220722 (1)カサブランカ 





















我が家の最大のユリ、カサブランカが咲いた
220722 (2)カサブランカ 






















カサブランカ ユリ科 ユリ属
原産地 ヨーロッパ オランダ
   ・1970年代にオランダの育種会社で育成され、世界的なブームを呼んだ
   ・ヤマユリ 、 タモトユリ等を原種とするオリエンタル・ハイブリッド
    の栽培品種の一つである    
薬効 食用:鱗茎には食用になる
   薬用:生薬では百合 滋養強壮、利尿、咳止め、解熱、消炎など
別名 ジャパニーズハイブリッド オリエンタルリリー
花言葉 高貴 純粋 無垢 威厳 祝福 壮大な美しさ 雄大な愛 甘美
  ・キリスト教徒の間では、白ユリを聖母マリアに捧げられたという神話があり、
   純潔のシンボルとされています
  ・日本ではカサブランカの姿そのものを表したように「高貴」「純潔」などの
   花言葉が謳われています
名前の由来
 ・名称については、モロッコの都市の一つであるカサブランカに因んでつけられた
  とする説がある
 ・カサブランカはスペイン語で白い家
花期  6月〜8月
特記  ユリの女王と言われる  

220722 (24)カサブランカ 






















220722 (26)カサブランカ 

庭の花 ネジバナ・ヒメフウロ

ネジバナ
220720 (41)  -1





















背景の通用門の板でネジバナが引き立って写った
ラン科の花の底深い美しさが出たように思う
毎年同じ所に出ず、住所不定のネジバナだ
消えないことを祈るね



ヒメフウロ
220720 (33)220720 (31)



開花時期が5月〜8月と長い
庭の大鉢の中で取り残された株が花をつけていた
少し小さめの花だ
でも可愛い花だ

庭の花 パイナップルリリイの最盛期

220717  (51)























パイナップルリリイが綺麗に咲いた
今が最盛期だね
これからは、咲いた花が散り、蕾のものが開花する
花の数は一定かな
ユーコミスが正式名称みたい

220717  (50) -1220717  (49) -1-2



220717  (49) -1-3220717  (50)













ユーコミス キジカクシ科 ユーコミス属
     (ヒヤシンス科)
原産地 アフリカ南部(ボツワナ、レソト、ジンバブエ、スワジランド)
    日本へは明治末期に渡来
薬効
別名  パイナップルリリイ ホシオモト(星万年青・和名)
花言葉 完璧 完全
名前の由来
 ・パイナップルに似ていてユリの様な花をつけるから
花期 7月〜8月

色んな種類があるとのこと
花屋さんで見てみよう


220717  (49) -1





















庭の花 ムラサキカタバミ・ヤブラン

220715  (24) 






















ムラサキカタバミが咲いた
一株しかなかったかな
カイズカの根元にひっそりと咲いていたね

ムラサキカタバミ カタバミ科 カタバミ属
(紫片喰)
原産地 南アメリカ :江戸時代末期に観賞用として導入された帰化植物
           環境省により要注意外来生物に指定されている                      
薬効  粘膜炎症に薬効があり、うがい薬とする他、悪性熱の解熱や壊血病
    にも用いる
別名  キキョウカタバミ(桔梗片喰)
花言葉 輝く心 心の輝き 喜び 母親の優しさ あなたを捨てません
名前の由来
 ・花色が淡紅紫色のカタバミであることに由来します
花期  3月〜11月





ヤブランの花
220715  (26) 





















ヤブラン キジカクシ科 ヤブラン属
(藪蘭)
原産地 日本 中国 朝鮮半島 台湾 東アジア
薬効  生薬名:麦門冬(ばくもんとう)
        滋養強壮、のどの腫れ、せきを鎮める鎮咳
別名  リリオペ サマームスカリ 広義でプラティフィルラ 山菅(ヤマスゲ)
 地方名:テッポウダマ(福島県) ネコノメ(新潟県) ジャガヒゲ(岐阜県)
     インノシポ(鹿児島県)
花言葉 隠された心 忍耐
名前の由来
 ・やぶに生え、葉の形がランに似ていることからこの名が付けられた
花期 7月〜10月ごろ
特徴 ヤブランの果実は皮が早く落ちて、種子がむき出しになる変わった性質
   を持っている  

220715  (26) -1220715  (27) -1

庭の花 鬼百合咲き誇る

オニユリ咲き誇る
今年の庭で一番沢山咲いた花の一つだ

オニユリ
220716 (2)























220716 (10)220716 (1)



ウーン 背景が黒いほうが引き立つね
220716 (23)















220715  (2)-1


















220715  (3)ー1
















220716 (20)220716 (19)




220716 (21)-1-2












220716 (21)-1














ウーン
オニユリが見事に咲き誇ってまーす
狭い庭が、パット明るくなったね
Categories
Profile

翁草

Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ