彫刻

欄間・彫刻・沖縄での依頼を受け付けています。

欄間・彫刻・沖縄での依頼を受け付けています。


沖縄は、欄間の文化ではありません。戦後の建物は、コンクリート性の建物が流行った時期もあり、現在でもそうでありますが、 アメリカの文化が強かった影響もありまして、多くの場所で見られる内容ではありませんでした。


欄間

そのため、あまり、欄間に対して馴染みが無く、 実際に目にされた事が無い、その存在について知らない人も多くいたはずです。


そもそも、沖縄には、木工による工芸品の文化がありますが、木工による彫刻家は存在せず、木工による彫刻師が存在しなかった背景などもあります。


木工における彫刻家というのは、代々、師から弟子へと伝わっていくものでもありまして、 沖縄には、その引き継ぐ文化も今まで無く、致し方がなかった時代でもあったのです。


職人さんが欄間を彫る値段は、様々でありますが、一からデザインを行う内容においては、100万円以上する場合もよくあります。


沖縄では経済的にも、それほど豊かでは無く、よほどのお金持ちではない限り、日本本土に発注する人もそれほど多くはなかったでしょう。


オークションでさえも、何十万円以上で取引されている場合もよくあります。


職人としての、木工彫刻で最も有名で権威のある彫刻は、 井波彫刻でありまして、流派の名前でもあり、簡素な彫刻でも100万円以上する場合がほとんどです。


この流派は歴史がありまして、1300年代から続く、 有名な流派の一つです。


こちらの流派は、拠点が富山にありまして、富山は一向宗の寺院が有名であり 神仏仏閣における彫刻を中心に栄えてきた流派です。


与那嶺勝正堂は、岸和田のだんじりを中心に栄えてきた流派であり、岸和田のだんじりは、町内におけるライバル意識も強く、 競争の中で腕を磨き上げてきた歴史があります。 力強い表現が特徴としてあるのではないでしょうか。


与那嶺勝正は、大阪で彫刻を学び、沖縄に帰省をする中で、彫刻の依頼の仕事に励まさせていただいています。


故郷に錦を飾る思いも強く、 ブランドなどは排除する中、一般的な制作費よりも安い料金で提供させて頂いています。


現在においては、仏間を特徴のある物として子孫に託したいクライアントが、沖縄で増える中、その思いに応じさせていただいています。


辞書 沖縄 仏壇 彫刻 欄間



ご興味のある方は、一度、与那嶺勝正堂に、 ご見学、遊びに来てください。公式ホームページには、より詳しく情報が紹介させて頂いていまして、そちらの方もご覧になられていただければと思います。


沖縄では、仏壇以外の木工彫刻も行っています。
オリジナルの彫刻依頼を低価格にてご提供中!




Youtube 動画紹介


所在地: 沖縄県南城市佐敷津波古14

電話: 098-947-6256



ぜひ、一度、見学遊びに起こし下さい!! お待ちしています。

沖縄仏壇 彫刻師 
与那嶺 勝正彫刻堂 公式サイトへはこちらから


沖縄仏壇以外の沖縄の情報は、以下のサイトからもお勧めです。


沖縄 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


沖縄には、スピリチュアル的な感性の高い人も多く、ユタと呼ばれる霊能力者の方が相談に応じられている場合もあります。ただし、本物のユタもいれば、偽物のユタもいまして、社会的な問題も過去にはあり、賛否両論の考えが沖縄にはあります。以下のリンクは、沖縄でのユタ 本物に関する注意的な記事内容です。(外部サイト)

ユタ 沖縄 本物

Wikipedia 辞書 ユタ



新ブログサイト

沖縄 仏壇

青砂工芸館

沖縄 仏壇 位牌継承

沖縄 移住 南城市

琉球漆器 作家



okinawa_butudan_yona at 13:52|Permalinkコメント(0)