沖縄の伝統工芸品、琉球漆器とは

沖縄の伝統工芸作品、琉球漆器とは

沖縄の伝統工芸品の中には琉球式と呼ばれる工芸品があります。この伝統工芸品は琉球王朝時代の尚巴志王の時代から伝わってと言われています。沖縄以外の漆器と違い、乾燥させるために湿気と温度を上げる必要がありません。

琉球漆器は、他の地方との湿気と区別するために、特徴のある貝殻を埋め込むこともよくあります。

沖縄ではチャンプルという言葉がありまして、混ぜるという意味があります。近年の琉球漆器には、ガラスとのコラボレーションを行った、琉球漆器などもあります。

与那嶺勝正彫刻堂では、大阪で培った彫刻を取り入れ、新しい琉球漆器を後世に残していきたいと思っています。

彫刻を取り入れた琉球漆器を求められる場合は、与那嶺勝正彫刻堂へご連絡ください。

琉球漆器の中には、湿気を塗ることを特に愛している方々もいます。職人の方も一度ぜひ足を運んでいただければ幸いです。

辞書 沖縄 仏壇 彫刻 伝統工芸品 漆器 琉球漆器



沖縄では、仏壇以外の木工彫刻も行っています。
オリジナルの彫刻依頼を低価格にてご提供中!




Youtube 動画紹介


所在地: 沖縄県南城市佐敷津波古14

電話: 098-947-6256



ぜひ、一度、見学遊びに起こし下さい!! お待ちしています。

沖縄仏壇 彫刻師 
与那嶺 勝正彫刻堂 公式サイトへはこちらから


沖縄仏壇以外の沖縄の情報は、以下のサイトからもお勧めです。


沖縄 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

沖縄には、スピリチュアル的な感性の高い人も多く、ユタと呼ばれる霊能力者の方が相談に応じられている場合もあります。ただし、本物のユタもいれば、偽物のユタもいまして、社会的な問題も過去にはあり、賛否両論の考えが沖縄にはあります。以下のリンクは、沖縄でのユタ 本物に関する注意的な記事内容です。(外部サイト)

ユタ 沖縄 本物

Wikipedia 辞書 ユタ

新ブログサイト

沖縄 仏壇

青砂工芸館

沖縄 仏壇 位牌継承

沖縄 移住 南城市

琉球漆器 作家



okinawa_butudan_yona at 15:39│コメント(0)その他 沖縄情報 

コメントする

名前
 
  絵文字