huku52

2020年9月。
沖縄に、大きな台風
(9号10号)が接近しました。

雨、風の強い台風は危険を伴うので、
旅先で直撃を受けると怖いですね。
そこで、皆さんの役立ちそうな情報を
掲載しますので、是非、ご参照下さい。

「名護」の気象観測データ
https://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-91107.html?areaCode=000&groupCode=65

気象庁|雨雲の動き
(高解像度降水ナウキャスト)を検索
「スマホ画面」
https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/index.html

*雨量を見る時*
「沖縄県恩納村」が見えるように
画面を調整します。
スマホだと、
左上の「三本線」から
「今後の雨」を選ぶ。
「再生のボタン
」を押すと
「6時間前から15時間後」の
雨の情報が出ます。
「凡例」をタップすると、
色別の降水量が確認出来ます。

*風*
まず、地域ごとに発表される
「警報・注意報の基準」一覧表を
下記URLで確認します。
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kijun/index.html
「沖縄本島地方」
「恩納村」をクリック。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kijun/okinawahonto/kijun_4731100.pdf
「警報」「暴風」は、
「平均風速」が25m/s.
即ち「
暴風警報」は、
10分間の平均風速が、
毎秒25mの状態。

「注意報」「強風」は、
「平均風速」が15m/s.
即ち「強風注意報」は、
10分間の平均風速が、
毎秒15mの状態。

※「暴風警報・強風注意報」の
「気象要素」は「平均風速」。
(風の強さに関する用語)
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/kaze.html
この「風速」は、
「平均風速」の事で、
「瞬間風速」と間違わない様に。
「平均風速」は
10分間の平均値で、
その間、最も強い「最大値」が
「最大風速」となります。

※「風速」は、
  「10分間平均風速」を指し、
   毎秒×.×m、または×.× m/sと表す。

※「最大風速」は、
  「10分間平均風速の最大値」。

①次に、気象庁|雨雲の動き
(高解像度降水ナウキャスト)
「スマホ画面」に戻り、
スマホ左上の「三本線」をタップ
「ホーム」「天気」
「天気予報」の上の地図をタップ
早期注意情報
 (警報級の可能性へ)をタップ
「沖縄本島地方」「恩納村」
すると、今後出される
「警報、注意報の可能性」を
確認する事ができます。

*「警報、注意報」は、
「気象要素」(表面雨量指数、
流域雨量指数、風速、波の高さ等)が
基準に達すると予想した区域に対して
発表されます。

**注意事項** 
「よくある質問集-気象庁Japan
気象の欄「風について」をタップ。
「風速」と「瞬間風速」は、
何が違うのですか?
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq2.html
「風速(または平均風速)」は、
10分間の平均風速を示します。
「瞬間風速」は、
ある瞬間の風速を示します。
「瞬間風速」は、
「(平均)風速」の
1.5倍から3倍程度に
達することがあります。
更に詳しい説明
「風の強さと吹き方」について
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/kazehyo.html

※ 波浪/高波 ※

高波とは、強風によって引き起こされる
波高の高い波(波浪)の事で、
気象庁は「波浪注意報・
警報の対象になる程度の高い波」
と定義しています。

https://bousai-life.com/harou/
http://www.data.jma.go.jp/kaiyou/db/tide/knowledge/tide/takashio.html

又、高潮とは、
台風や低気圧が海面上を通過する時に
潮位(海面の高さ)が急激に上昇する現象。
気象庁は「台風など強い気象じょう乱に伴う
気圧降下による海面の吸い上げ効果と
風による海水の吹き寄せ効果のため
海面が異常に上昇する現象」と
定義しています。

そこで、危険なのは、
高潮で潮位が上昇した状態で
高波が起こった場合。
高潮や高波単体では届かなかった所まで
波が押し寄せる事から、
「高潮+高波」は注意が必要です。

参考情報を手に、是非!
安全な旅をお楽しみ下さい。

ブログ村に参加中です。
 応援のほど宜しくお願いします。



huku53