2007年05月17日

6億円の博打!

沖縄に来て楽しい日々を過ごさせて貰ってるが、一つだけ不満がある。
博打が打てないことだ。


少しだけ残った執行猶予を消化する為に、沖縄で遊ばせて頂いている身だから、警察のご厄介になるような博打をするわけにはいかないので、こちらにきてからは麻雀もやっていない。


日本にはお上が経営する博打場の、競馬・競輪・競艇・オートレースがあるのだが、沖縄には何もない。
これらは馬・自転車・船・オートバイの振興や研究・開発が大義名分だが、誰が何と言おうと、各省庁が胴元の博打である。


しかし無いものはしょうがない。
博打の感が鈍るのが嫌なので、暇つぶしにウチのお転婆娘が送ってくれた、テレビのゲームで麻雀・将棋・囲碁・カードゲームなどをしているが、相手が機械ではつまらないし、やはり何も賭けないでやるのは面白くも何とも無い。


今は亡くなっていらっしゃらないが、江戸時代から続く博徒一家の貸元に二十年程前に、
『何故博打は面白いかわかるかい?
人間、命を賭けて遊べないが、命の次に大事な銭を賭けるから面白んだよ。』
と、言われたことがあるが、そのとおりだ。


宝くじは知らない婆様が勝手に渡す券だから博打とは呼べないし、今話題の6億円のサッカーくじも勝手にパソコンが選んだ数字だから博打じゃない。
自分で勝ち負けを予想するくじもあるが、サッカーなんぞに興味はないし、ナンバー6も今一盛り上がりに欠ける。        

パチ・スロなんてものは昔と違って機械任せなので、博打と呼べるような物ではない。


何か合法博打無いものか?


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星