2017年05月29日

リュウキュウカジカガエル、コアジサシの画像を追加

ブログ告知koazisashi-10今週のおきなわカエル商会の更新で、カエル達の写真・鳴き声にリュウキュウカジカガエルの写真1枚を追加しました。また沖縄の動物・植物達の鳥類にコアジサシの写真4枚を追加しました。
カエル達の写真・鳴き声にはナミエガエルの写真1枚を追加しました。

Web site 「おきなわカエル商会」は下記のリンクよりジャンプできます。ぜひご覧下さい。

トップページのWhat's New ! で、追加ページを確認できます。

やんばるの森の美−写真展 6月25日(日)までにA1サイズのパネル50点を出展中です。詳細はこちら。
*インスタグラムはじめました。管理人のインスタはこちら  
One photograph of Ryukyu kajika frog ( Buergeria japonica )  was added.
Four photographs of Little Tern ( Sterna albifrons ) were added.


okinawakaeru at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)サイトの新着情報・更新履歴 | カエル

2017年05月22日

ミヤコヒキガエル、オキナワイシカワガエル、オチバコオロギの鳴き声ファイルを追加・差し替え

okinawaishikawagaeru-16今週のおきなわカエル商会の更新で、カエル達の写真・鳴き声にミヤコヒキガエルの鳴き声の音声ファイルを追加しました。またオキナワイシカワガエルの鳴き声の音声ファイルを新しいものに差し替えました。さらに山原の森の音のオチバコオロギの鳴き声を新しいものに差し替え。

Web site 「おきなわカエル商会」は下記のリンクよりジャンプできます。ぜひご覧下さい。

トップページのWhat's New ! で、追加ページを確認できます。

やんばるの森の美−写真展 6月25日(日)までにA1サイズのパネル50点を出展中です。詳細はこちら。
*インスタグラムはじめました。管理人のインスタはこちら  
One sound filep of Miyako toad (Bufo gargarizans miyakonis) was added.
Sound files of Ishikawa's frog (Odorrana ishikawae) were renew.
Sound file of Parasongella japonica was renew.


okinawakaeru at 07:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)サイトの新着情報・更新履歴 | カエル

2017年05月21日

ナミエガエルとか

*各写真はクリックで拡大表示されます。

さて昼間に引き続き、夜の森を歩いてきました。 夜に見たものをだらだらと。
梅雨の走りの湿った森、ヤンバルヤマナメクジのオチビちゃんが葉上を這っていました。
1705Bヤンバルヤマナメクジ
アオノクマタケランの葉上にいた小さな甲虫。TwitterやFacebookでナガハナノミ科の甲虫ではないかと教えて頂きました。ナガハナノミ科の昆虫の幼虫には水生のものがいたりするようで、水辺に多い甲虫のようです。
1705Cナガハナノミ科
ゴミムシダマシ科の一種でしょうか、倒木に生えたキノコに集まっていました。
1705Cゴミムシダマシ科の一種
ちょっと格好いい模様のヒシウンカ科の一種。羽のデザインが洒落てますね。
1705Cヒシウンカ科の一種
もう5月中旬なのにまだオキナワアオガエルが元気よく鳴いていました。
1705Cオキナワアオガエル
ちょっとやせ気味のハナサキガエル。繁殖期は冬ですが、夜の森では数は少ないながら周年成体を観ることができます。
1705Cハナサキガエル
ナミエミガエルは繁殖期に入っており、複数個体が大きな声で鳴いていました。
1705Cナミエガエル
ナミエガエルの鳴き声を録音できました。カエルらしからぬ大声で鳴きます。
この夜に録音したナミエガエルの鳴き声はこちらをクリックして聴くことができます
浅い、ほとんど流れの無い源流部にナミエガエルの卵も産み付けてありました。
1705Cナミエガエル卵
シイノトモシビタケが生えてきていました。明るい状況だとこんな感じですが、
1705CシイノトモシビタケA
ライトを消すと煌々と光るキノコです。
1705CシイノトモシビタケB

夜の森で光るキノコ、とても神秘的な存在です。今年は夜の森をあまり歩けていないのです、やはり森は夜が一番楽しいものです。

やんばるの森の魅力を伝える写真展「やんばるの森の美」は沖縄県立博物館・美術館 企画ギャラリー1・2で6月25日まで開催中です。私もA1サイズのパネル50点の出品中です。詳しくはこちらをご覧下さい。 

おきなわカエル商会


1枚目から10枚目 Nikon D750 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272EN) ストロボ使用

First photograph is subadult of Meghimatium sp.
Second photograph is Ptilodactylidae.
Third photograph is Tenebrionidae.
4th photograph is Cixiidae.
5th photograph is Okinawa green tree frog (Rhacophorus viridis viridis ).
6th photograph is Ryukyu tip-nosed frog (Odorrana narina).It's a endemic species in Yanbaru, and endangered frog. 
 Ministry of the Environment RED LIST;Vulnerable (VU)
 Okinawa Red Data Book;Endangered (EN)
7th photograph is Namie's frog (Limnonectes namiyei). 
It's an endemic species in Yanbaru, and endangered frog. 
  Ministry of the Environment RED LIST;Vulnerable (VU)
  Okinawa Red Data Book;Endangered (EN)
  Natural monuments of okinawa prefecture
  National Endangered Species of Wild Fauna and Flora
8th photograph is egg mass of Namie's frog (Limnonectes namiyei). 
9th and 10th photographs were Mycena lux-coeli. It is luminescent mushroom.


okinawakaeru at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)カエル | 昆虫類・カタツムリなど

2017年05月18日

アオジクキヌランとか

梅雨の走りの雨上がり、やんばるの森を歩いてきました。
水辺のアオノクマタケランの葉上にいたのは、おそらくヘリグロツユムシの幼虫と思われます。
魚露目で撮ってみたのですが、やはり魚露目は扱いが難しいですね。
1705BヘリグロツユムシC
爽やかな緑色の幼虫に、何だか赤い点が見えます。
1705BヘリグロツユムシA
拡大してみるとダニが付いているようでした。
1705BヘリグロツユムシB
赤色つながりで、鮮やかな赤色の甲虫がいました。これは触角の形からオオシマカクムネベニボタルではなさそうです。アマミクシヒゲベニボタルかな。
1705Bアマミクシヒゲベニボタル
この日の主な目的は、このアオジクキヌランの花でした。
1705BアオジクキヌランA
小さな花で、5mm程度の大きさしかないランの仲間です。
1705BアオジクキヌランB
正面からみたところです。
1705BアオジクキヌランC
高さ15cm程度。花の咲く頃に葉が枯れていくのですが、この株でも葉はすでにしおれて茶色になっていました。
1705BアオジクキヌランE
林床でひっそりと咲いているランです。
1705BアオジクキヌランD
帰りに林道脇でアマミアオジョウカイがいました。金属光沢の綺麗な春の昆虫です。ピント位置の異なる2枚の画像をPhotoshop CCで合成してあります。
1705Bアマミアオジョウカイ

この夜の事は次の記事にて。

さて何度もしつこく告知していますが、写真展「やんばるの森の美」が沖縄県立博物館・美術館 企画ギャラリー1・2で6月25日まで開催中です。私もA1サイズのパネル50点の出品中です。詳しくはこちらをご覧下さい。 

おきなわカエル商会


1枚目 Nikon D750 + FIT魚露目8号 ストロボ使用
2枚目から8枚目、10枚目 Nikon D750 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272EN) ストロボ使用
9枚目 Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

First to Third photographs were larva of Psyrana ryukyuensis.
4th photograph is Macrolycus shirakii.
5th to 9th photographs were Zeuxine affinis.
  Ministry of the Environment RED LIST;Endangered (EN)
  Okinawa Red Data Book;Vulnerable (VU) 
10th photograph is Themus kazuoi.


okinawakaeru at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)昆虫類・カタツムリなど | 花・植物