香蘭のつれづれ日記(世迷い言もしくは寝言w)

MMOやPCの事を中心に、様々な出来事を私的感性で つぶやいていくっていう〜感じです。(不定期更新w)

Category: こころ


こんにちは、みなさま

連投してますが、もうおなかいっぱいですか?

香蘭は・・・o(・_・= ・_・)o

− 自身の件・閑話 −

さて、前回の続きです、最終話の予定です

香蘭が退職する際、会長がいっていたことを思い出しました

・女性との仕事はタイヘンだよなぁ〜・・・

とか

・なかよしグループでどこまで仕事ができるかな?

とか

・29年度で講座の仕事は終了させようかと考えてる

とか

・Tさんとか、クビにしたいんだが人脈(講師)が・・・

とか言ってたなぁ〜

なんだか、会長の目論見通りになってるようで、、、

(納 得 い か な い ! w )

まぁこれで、退職のあいさつにいけるようになった。

えっまだなの?っていう声がきこえてきそうですが

Kさんに会いたくないの!絶対!

Kさんには、香蘭の知らないところで生きて

知らないところで死んでほしいからっ!

いままでも、これからもそうであってほしいと

思う香蘭でした・・・(*^ー゚)b

みなさま、ご健勝でしょうか?。

香蘭はとりあえず、生きています。

新しい(?)職場にはまだ馴染めない香蘭です

(まぁこの件は改めてw)

− 自身の件・閑話 −

さて、前回の続きです

前回書いていて、久しぶりのKさん事案だったので

登場人物がわかりにくいかなぁ〜っておもっているんですが・・・

特定人物しかよまないであろうブログだから

そこんところ心配ないかwww

さて今回は。。。

彼女たちの今後を考察してみようと思う

あくまで香蘭的考察なのでご容赦願いたヒw

・Tさん

元保育士でかつ、浦添市屋○祖で雇われママをしているので、
今後もソレで安定だろうなw
基本姉御肌なんだけど、有能な補佐がいないとなんにもできない。
それどころが”害”しかないw
計画性はいきあたりばったり。
みんなにいい顔しすぎ。
¥に関してはどんぶり(割れてる可能性大)だからなw
保育士育成の講師を纏めていた方との付き合いを継続しているので、
どこかの講師枠をねらっていると思われる・・・
(この方を優遇するあまり、他の講師との報酬差が問題になり、
 28年度でこの方はNPOの講師をはずされる)
(2・3倍ではすまない報酬差だった・・・)

・Aさん

Tさんの”マブダチ”?
基本事務方。彼女のことはよくしらないし、個人的に”おしゃべり雀”だと
おもっているので好印象では”ない”
どうするんだろうなぁ〜w
別系統の事務やさんになる可能性は大きいと思われる。

・Kさん

元保育士、入社早々講師の報酬を知って、講師を目指す。
Tさんが講師の手配などを手がけていたため弟子入り(迎合)
その後香蘭と対立?
浦添会場を担当する際、知り合いがいたようなので浦添方面で
保育士になるのではないかと思われる。
香蘭的にはKさんのいる保育所では子供を預けたくない
(香蘭は独身ですが、なにか?)
Kさんの事を思い出すとイライラするのでこの辺でw

Iさん

香蘭の元上司
30年度は部署移動でもとさやになるとのこと。
現在の部署の手伝いも兼任

今回はここまでw

しかしナンデスナ、

香蘭的に違和感があって、

本当はKとか、垣○とか白い奴とか書くのかなって自身おもっていたが、

ふたを開けたらKさんとか。。。気分は複雑っす( ̄ェ ̄)

みなさま、ご無沙汰しております。

実に10ヶ月になるでしょうか?

はやいものですなぁ〜(ナンカ他人事w)

− 自身の件・閑話 −

さてこの間、香蘭の元に急報がはいりました

以前勤めていたNPOの”あの”方々”の件です

なんとTさん(白い奴の師匠)と白い奴が退職するとのこと

ついでにTさんの仲良しのAさんも退職の模様

・・・・・・・・・・・・・・

実は去年の年末にIさんとご飯にいった際に

イロイロ聞いていました

まとめると

・なかよし3人組は今は過去の事。
 現在Kが孤立している

・・・なんだかなぁ〜...

仕事の配分や、自己の用事を最大限優先にすると

現場に影響がある事、代打は3名しかいない中で

まわすから、必然的に”弱い立場”のKにいくことになり

結局グループは2分された模様だ・・・

さて、上記の件を踏まえて、グループ解散&退職になった

経緯をみてみよう

2,3月は年度末で仕事の成果、つまり報告書を出さなくてはならない

会場は6箇所だから、報告書は6つ。

香蘭が在籍してる際は、5つだったけど

Iさんと香蘭で作成して、TさんとKで確認って感じだった

(確認って・・・どんだけ”上”なんだよw)

29年度の報告書は、会場の担当者が会場ごとに作成したようだ

ちなみに2会場は離島の為、バイトが担当しているんだが

そのバイトに作成させたようだw

さすがに、総評などはなかよしグループで手がけたとかないとか。。。

29年度の報告書は、28年度の報告書の約50%の内容だったらしい

Tさんは自身の担当分の報告書のようなものを作成後、3月にはいって

休みを取り、そのままオサラバみたいだ・・・

なかよしのAさんは29年度の契約が切れるので、更新しないとのこと・・・

Kさんは報告書を最後まで”やりたい”とのことで3月いっぱいは出勤するとのこと

・・・・・・・・・・

2〜3月に行われた会長との”面談”で3人は今季限りで退職する旨を伝えていたようだ

・・・ここで疑問なんだが

・報告書は製作しておわりではなく、相手から”終了の認可”が必要なのをTさんやAさんはどう考えているのか?

・Kさんにいたっては、”やりたい”っといってドヤ顔していたらしいが、そんなん当たり前すぎて”どの面下げて”って感じ

疑問というよりは。。。なんだろう、この未消化なキモチ♪

さて結局、他部署の方々5人を巻き込んで、報告書提出にあたっているようだ

その中には、Iさんや室長まで巻き込んでいる模様

室長なんか自身の提出報告書十数件もっているようで、カワイソすぎ( ´・_・`)

今回はここまで・・・

あいかわらず、Kさんが関わる事象をカキコするのは、気持ち的・身体的に

”ネガティブ・バースト”の魔法がかかる模様だ・・・

またまた、こんなモンがUPされてやがる。。。
ttp://www.yourfilehost.com/media.php?cat=video&file=______ae______________e_____.avi

どこに通報すれば、コノ子は救われないにしても、

やったヤツラを晒し者にできるかのぉ〜、、、

みなさま、お元気ですか?
まだまだ、暑い日が続きます。
ご自愛くださいませませm(_ _)m

さて、以前Hな動画をもとめてさまよっていた香蘭
なにやらヘンな動画にぶつかりました。
ChineseGIRL(だったかな?)

それをみて愕然としました。
なにやら、ホテルか寮の一室。
一人の女の子を男性が陵辱してるのを、数人の女の子がみている・・・
事がオワッてなにやら、カメラにむかってなにかいってる。

その女の子を引っ立てて、裸のまま、数人の女の子が髪の毛をつかんで平手打ちやキックの乱打。

「あっ、コレってイジメの現場なんだ」

正直何語でしゃべっているのかわからなかった
だけど、ひたすら、一人の女の子を侮蔑しているのがわかる。。。

同じアジア人だったけど、、、

人ってこんなにも残酷になれるんだ。。。

あの子がその場で死を選んでないことを祈ってやまない。

もし、香蘭だったら、唇をかみ締めて、とりあえずその日は生きる!
翌日、あの部屋にいた全員を青竜刀(なるべく切れないヤツ)で手足を付け根からぶった切ってやる!
モチロン死なないように止血したのちにだけどな。
その傷で失血死をしないように、、、
すぐに首をちょん切ってコロスようなコトは致しません。
そんな“ラク”をさせる気は毛頭ありません。
生きて、一生這いつくばって生きるようにしてやる。

昔の中国で肘や膝したをチョン切って犬のようにする懲罰があったとおもうんだけど、ソレの状態にしてやる。

ソウイウコトを書くと“ヤバイヤツ”ってレッテル貼られちゃう?

ソウイウコトを書くと“アブナイヤツ”とレッテル貼られちゃう?

一生消えない傷ってイロイロあるとおもう。
心や体
両方まとめてなんて、、、

生きていれば、いいことがあるさ   とか
時間が解決してくれる        とか

そんなん無理だよ

夜になるたび、人がいないときや、いるときでも、
いっつもいつも、ソレは思い出され、いくつもの昼と夜を越せても、アノ場所とアノ顔が襲ってくる

そんな傷をおって生きる事は香蘭にはデキマセン。

やったほうは“冗談”とか“その場のノリ”でやっちゃえて、時間と共に行為自体忘れるだろう。

でも、ヤラレタほうは一生ワスレナイ

それが女の子で、集団でマワサれて、なかんずく、同性から暴行をうけたら、、、

まず、香蘭なら生きていないかな?
香蘭的には、十分なくらい“命のやり取り”に移行できる事柄だ。

コレってプライドじゃ〜なくって、“人間としての尊厳”だとおもう。

いまどきの子たちって、こういうことってやってるんだ、、、
まぁ、上記の件はどうやら中国でのコトだったみたいだ。
昨今では、中国や韓国では性暴力が低年齢化しているらすぃ
同級生の男の子が同じクラスの娘を集団暴行(レイプ)したなんて、イヤってほど聞く。

中国?平少女遭遇?奸虐打事件
少女被同学暴打脱光衣服拍照
イジメ・暴力

コレで検索かければ、結構山ほどでてきた。。。

こういったことが、日本で行われていないことを切に願ってやまない。
もしかして、表沙汰になっていないだけかもだけど、、、、

こんなに気が重くなるなんて、、、
書くんじゃなかった。。。(´・ω・`)

最後に。。。

人には平等な、生と死を。。。

93d6e88e.jpgみなさま、お元気にしていますか?
香蘭はって〜っとすでに夏バテです( ´`)y-~~

− こころ −
この間、ネットでこんなのをみつけました
コピペだけど、決して手ぇ〜抜いたわけじゃぁないんだ。。。マジデ)

== 以下コピペ =========
ネット界隈では、このところ、異性に対して消極的な「草食男子」と異性に対して積極的な「肉食女子」の話で持ちっきりのようだ。「肉食女子」といっても、すぐに肉体関係に直結する行動を取るのは一部であり、そのタイプはさらに「肉体的肉食女子」ないしは「クーガー女」などという呼称で細分化されているらしい。

■ある遺伝子が欠如した女性はがむしゃらに相手を求める?

当ブログでは、2年前の夏に「ある遺伝子が欠如した女性は、男みたいな強引さで男性と交わろうとする?」という話題を取り上げたことがある。ま、実際には人間の女性で確認されたわけではなくネズミのメスで確認されたことなのだが、TRPC2と呼ばれる遺伝子が欠如したメスはオスと変わりない積極性で交尾相手を求めることが判明したのだった。

TRPC2に相当する遺伝子がヒトにあるかどうかはわかっていないが、ともかく、「肉体的肉食女子」の行動パターンはTRPC2が欠落したメスのネズミのそれに似ていなくもないわけだ。「肉体的肉食女子」とは要するに、男のように性欲を覚え、その性欲を満たすために異性に積極的にアプローチする女子だということになりそうだ。

■ 女性の性欲は男性のように“下腹部の感覚”に直結していない

しかし、男性と女性とでは性欲の覚え方に大きな違いがあることが、最近の研究の結果でわかっている。これもまた「女性の肉体的興奮は本人の関心と無関係? ? 同性同士や動物同士の交わりを見ても体が反応」という記事で取り上げたことがあるのだが、女性は自分の生殖器が充血して興奮状態になっても自分では気づいていない傾向がある。

かたや、男性の性欲は“生殖器感覚”と直結している。性欲が高まっているとき、男性は自分のペニスへの血流が増加していることをじかに感じる。完全に怒張してしまうこともある。その状態は、喉が渇いたり、お腹が減っているときとよく似ている。空腹を満たすには何かを食べねばならないのと同じように、怒張したそれを収束させるには誰かと交わるか、あるいは自分で処理しなければならなくなる。

ならば、「肉体的肉食女子」とは、自分の生殖器官の充血を男性と同じように敏感に感じ取ることができるタイプの女性ということになりそうに見える。“体がうずいて困る”から男をつまみ食いせずにはいられない、ということのように見える。そういうことでよいのかもしれないが、大多数の女性は、自分から性欲を覚えることが少ないと感じているのではないかと思われる。

■ 米国でも女性の3割は「性欲をまったく覚えない」草食女子

“思われる”などと曖昧な言い方をしたが、1999年にシカゴ大学が実施した調査では、30パーセントもの女性が性欲をまったく覚えないと答えた。男性の場合も、性欲をまったく覚えないと答えた人が15パーセントいたが、アルコール依存、ストレス、糖尿病、心臓病、その他の障害など、明らかな原因があった。ところが、“性欲をまったく覚えない”女性たちに関しては、これといった原因が存在しない。

シカゴ大学の研究者たちは、これらの女性が“性的欲求低下障害(hypoactive desire disorder)”なる症状を患っていると結論づけるに至った。はっきりした原因もなく性欲をまったく覚えない女性は“病的な障害”を持っているとみなされる。

新しい“病気”が発見されたのだ。しかも、女性の3割がその“病気”にかかっている。製薬会社にとって、これは新たな有望市場の誕生を意味した。

女性が性欲を覚えないから性行為を持ちたくないのであれば、性欲を昂進する薬を開発すればよい。そうすれば、性生活が飛躍的に向上する、というわけだ。「性欲が性行為の原因」と考える限りにおいては、それで正しいかもしれない。

■ かなりの割合の女性にとって、性欲は原因ではなく結果

だが、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学に所属するローズマリー・バソン医学博士(精神科医)は、「性欲が性行為の原因」だとする大前提を根底から覆す説を唱えている。彼女によれば、かなりの割合の女性は、自分から性欲を覚えることがなく、ある程度の性的な接触があって初めて性欲を覚える。つまり、「性欲は性行為の結果」なのだということになる。

自分から性欲を覚えない草食女子がそんなに多いのだとすれば、そんな彼女らは決してセックスをしないのだろうか? バソン博士によれば、性行為を開始する時点で女性が性欲を覚えている必要はなく、そういう女性は、パートナーとの絆を深めたい、パートナーを悦ばせたい、けんかになるのを防ぎたい、あるいは仲直りしたい、などの理由でパートナーからの求めに応じることが多いという。

つまり、「男性はセックスをするために女性と親密になり、女性は男性と親密になるためにセックスをする」傾向があるのだということになる。

ただ、上記のような理由で男性からの求めに応じた女性は、ソフトなタッチから十分に時間をかけてほしがる。ソフトなタッチや、マッサージ、あるいは肌と肌の接触などを通じて、ようやく性欲がわき起こってくる。それゆえ、「性欲は性行為の結果」なのだ。ただし、この「性行為」は貫通を伴うそれではなく、そこに至るまでの肉体的接触だと見る必要がある。しかも、バソン博士によれば、乳房や性器などには、この段階ではまだ触れない方がよいらしい。

セックスのハウツー本などによく書かれていることに近いではないかという指摘もあろうかと思うが、女性の体を“受け入れ可能”な状態にするために、こういった接触が必要になるのではない。体(生殖器)ではなく、むしろ“脳”を“受け入れ可能”な状態にするために必要となるのだ。

前述したように、自分から性欲を覚えないタイプの女性は、自分の体がすでに興奮状態にあっても、それを認識できていない。認識させるには(認識させて性欲を覚えさせるには)、ゆっくり時間をかけた接触が必要になる、というわけだ。

■ 性器への血流を増やす薬をもってしても彼女らの性欲は昂進しない?

もう一度繰り返すが、自分から性欲を覚えないという女性の多くは、自分の生殖器が興奮状態になっていても気づかない。このことは、バイアグラや媚薬系のハーブがなぜ一部の女性にしか効かないかの答えにもなっている。こういった薬やハーブは、実際には“性欲”自体を昂進させるのではなく、性器への血流を増やす働きをするからだ。

男性なら、自分の性器への血流が増えれば、たちどころにその効果を実感できる。それが怒張してしまえば、欲望を満たすことができる。しかし、性器の充血に気づかない女性がかなりの数いることがこれまでの調査でわかっている。性器への血流を増やしても意味がないことになる。

前述したように、1999年にシカゴ大学が実施した調査では、「性欲をまったく覚えない」と答えた女性が3割もいた。日本よりはるかに「肉体的肉食女子」の生息数が多そうな米国においてすら30パーセントもいるのだ。日本で同様な調査を実施すれば、もっと高い割合の女性が「性欲をまったく覚えない」と答えるように思われる。

「性欲は性行為の結果」という言葉をもっと拡大解釈することも可能かもしれない。もともと自分から性欲を少しは覚えるタイプの女性であっても、長期にわたってセックスから遠ざかっていると、性欲をまったく覚えなくなる、という話をよく聞く。逆に、「肉体的肉食女子」の方々は昨夜の戯れの“結果”として今夜も欲しくなるのかもしれない。男性の場合なら頑張りすぎた後数日は淡泊になりそうなものだが。

=== 終了 ==========

なんか、“似て非なり”っていう感じだよね〜
今回でわかったんだけど、、、
もうコピペはやめよう、、、長すぎw

− 今日のSS −
結構、チョイ浮気っておもってたプリウスが結構やってたりします。
結構癒されてますっていう、
そんな一枚っすw

みなさま、季節柄、ご自愛くださいませませ。。。

35d2a29f.jpg雨だれをしみじみ見入りながら、イロイロと物思いに耽っている香蘭です。

・・・皆様。今、生きてるって感じてますか?・・・

− こころ −
最近はめっきりPCの前に座らない日が続いています。
ベルもなんだか入る気になれず、新しいMMOを検索模索する気になれず、かといって、家事に忙殺される所か、逃避すらやってのけている始末。。。

(いったい、香蘭の“やる気”はどこえいってしまったんだろ?)

仕事での悩み?
いそがしすぎとか?

今はそれはないとおもう。
どっちかっていうと、仕事に行くのが楽しくさえあるw

確かに、イロイロモンダイあるけど、ソレを“ストレス”と感じない香蘭がいる。。。

逆説的にいうと、“やる気がないから、強制的にやる事を創造できるから”っということではないだろうか?

実際、仕事の出勤日を増やした。
(いままで完全週休二日だったが、週一の休みにした。)
一応、体調を考慮に入れるという事と、5月いっぱいという暫定的なものではある)

これで、もしかしたら、体調ガタガタになるかもだけど、香蘭としては、なにかしらの“突破口”がほしい。

また、まだ、確定ではないが、いまの社長がやめてしまうという情報がある。
後任が“ダレ”になるかは不明である。

それが、知らずに香蘭の“やる気のなさ”に影響しているのは否めない。

せっかく、社内がいい方向に向いているのに、また、一からやり直しになるハメになるのは、、、

い・や・だ・!

まぁ、それこそ、“出たトコ勝負”といったところだし、香蘭の得意分野に違いないwww

まぁ、そんなこんなの近況です(。・ε・。)

− 今日のSS −
メイン垢の子が国家ランク21になるために強敵に挑むのSSですw
このSSをみてわかると思うんですが、カメラアングルとかに、まったくのやる気がみえないとおもうw
まぁ、生暖かい目で、大目に見てやってくだちゃい( ´`)y-~~

feed0185.jpgども、黄砂の如く、ナニかがココロにはいってきてモヤモヤな香蘭です

“黄砂と花粉”ダブルパンチで本土は大変ですねΣ( ̄ロ ̄lll)

− 時事 −

さて、この間、1/22の続きです。

みなさま、モンスターペアレントをご存知ですね。

そう、恐怖のPTA、保護者というコトになってます。

そのモンスターナントカが最近顕著に増えているトコロがあるようです。

なんと、病院!

看護士や医者に無理難題をいう輩が増えているようです。

ここ沖縄では、まだその珍獣(ほぼ害虫)はすくないようですが、本土のほうではかなりの数が出没しているようです。

昨今、老若男女(“老”の部分は該当する方が少ないようです)問わず
自身の欲求を他人に無理強いするところを世間に見る。

「なんで出来ないんだ!」

「アンタ責任とれんのかよ!」

話と聴いている人はそれが出来ない事が十二分に分っていながら話している。
ただ、伝えているだけで、ソレができるんだったら、やっているっていうことを“理解”できない人もいる。

病気だから受診して、診察をうける。
いざ、支払いになると
「お金がない」

「・・・えっ?」

「だ・か・ら、お金がないっていってんの!わかる?」

「それじゃ〜いつ支払いできますか?」

「わかんね〜よ! だいたい病気になったのは俺のせいじゃ〜ないしな!」

・・・訳の分んない事をいって、その上、逆ギレとは、、、、( ´`)y-~~

以前にも書いたとおもうが、ここ最近は自己主張過多のなんとも多いことか( ´`)y-~~
そんな状況に辟易してる香蘭です。

オトナになりきれてないというか、主義主張ばかり捲し立て
権利ばかりを主張する輩・・・

かといって、義務はどっかに置き忘れている忘却ぶりぶり(。・ε・。)

世界ではいいたいことをいわないと、責任から逃げているとおもわれるような風潮がある
(中&韓、その他の国)
そんなコトバッカ、“グローバルスタンダード”にならなくっていいとおもう。

自国の文化や風土・歴史を土台にし、ソレに装飾するのが“理想”だとおもう。

なんだか、グローバルスタンダードを履き違え、

世間のオトナたちが注意しないのは、“それが正解だから”と勘違いしてる

“精神的未発達”なオトナたちの増殖。。。

この先、日本国はどこへいってしまうのか?

次世代にこういった歪んだ世相をみせるコトに抵抗が激しくある香蘭なのでした。。。

− 今日のSS −
スキあげ用材料を集めてるの図w
なんかやる気がでないんだぁ〜
無理してアゲモードに移行したいんだけど
なっかなかどうして、アガリマセン(。・ε・。)

19563e96.jpgども、サクラはまだまだ5分咲きだけど、香蘭はなぜか活力全開にはなってません。

みなさま、生きるって不思議なコトですね。

− 時事 −
年末年始に架けて世間サマは大変だったようです。

強盗やひったくり

もう日本の年末の風物詩といって過言ではないでしょう
なんとも、情けない風物詩ですね。
人って追い込まれると正常な判断ができずやってしまう
そのいい見本でしょう
しかし、計算でそういう行動にでる人もいます。
なんたって、拘置所&刑務所では寝食がそろっていますからねb

っま、それはさておき(おくのかw)

派遣切りによって、大勢の人々が路頭に迷う事態が発生しました。
大変な事態ですね〜
地方からでて、おおきな工場やその他の大きなトコロで仕事して、正月休みで帰省したら、

即、就職活動。

その地方の完全失業率が8%強。
蓄えがあればどうにか凌げますが、

「まさか、こういう事態になるなんて!」

な〜んておもっていた人には無理でしょう。

香蘭もどっちかていうと、そうおもっていた人の部類でした
給料はそのときは、約50マソ前後
いまおもうと、やりたい放題し放題だったと後悔しています。
いまの収入を考えたら、もっと“貯蓄”にはしればとおもっていました。
本土での仕事が終って沖縄に帰る気になってから、すこし貯蓄していたんで、
若干の余裕はあり、約8ヶ月ほど“就職活動”というなのプ〜太郎できました。

今回の“派遣切り”はどれくらい前に告知等があったのか、香蘭には分りません。
また、どれほど賃金カットされて、手取りがどれほどだったのか、香蘭には分りません。

香蘭はこんな情報に接しました。
以前NHKで若者の討論会があったようです。
その会話の一部を聞いたのです。

フリーターの方々は、自身の自由時間を優先し、老後は生活援助を受けると公衆の面前でノタマッタようです。
それに対して、普通に就職している若者は、そんな人のために税金を出している訳でもないし、そんなことのために、税金は使って欲しくない!っと発言。

香蘭は後者の意見が至極真っ当だとおもう。
好き勝手放題した@は面倒見てくれってすごい発言をしたもんだ。
厚顔無恥とはこのことだ。

ゆとり教育が原因と断定することは出来ない。
しかし、いまの若者は、そのゆとり教育を受けている子だという事実。
そして、学力が世界で上位にいた日本が見る影もなくなってしまったのも、ゆとり教育の賜物です。

それと似たようなコトがおこっている。
その件について、次回はかいてみようと思う。
(・・・なるべく早くにUPしま( ´`)y-~~)

c9154fde.gifども、横道走りまくってしまう香蘭です。

まだまだ寒い日が続きます。

皆様、好きな人に“好きです”と、伝えてますか?

さて、昨日の続きですw(珍しく連投ですw)

怖くって寝る事ができなくなってしまった香蘭。
暗くしても、明るくっても、横になると息ができないっという“思い”に支配されてました。
そこで、どうせ眠る事が出来ないんだったら、調べてみる事にしました。

そうしたら、、、
なんと“過呼吸症候群”ではないかとの検索結果。
実際、喘息の発作時に過呼吸になりやすいようで、症状自体が喘息のようになっているのが原因なのではとおもい至りました。
紙袋呼吸(コンビニ袋で代用)とか、自律訓練法などなど、少しでも安心できるものを探しまくった。
結局朝までやってました。

そして、世間が活動を開始する時間帯になって、ようやく薬屋さんにいきました。

気管支を広げる薬(喘息用)と風邪薬、ビップスベポラップを購入して
ようやく“安心”を手に入れました。

“安心”という“保証”は絶大な威力でした。
あの“恐怖”がウソのようになりをひそめました。

今回のことは香蘭にとって、“驚愕と脅威”
これにつきましたb
(なんかヘンな引きでスマソw)

やっぱ、話は勢いだなぁ〜www

↑このページのトップヘ