JOYSPOフェスティバル=ペタンクも参加


 2018年11月11日(日)10:00~13:00
 主催:JOYSPO実行委員会
 共催:沖縄県
 場所:那覇市奥武山公園
 
img20181113_18341504

 平成30年度地域スポーツ活動・健康力向上事業として
総合型地域スポーツ交流イベントにペタンクも参加し、
奥武山公園内のグラウンドで体験教室を開いた。

 糸満市の兼城ハイツ健康クラブと那覇ペタンククラブ
のメンバー17名で対応し、大人から子どもまで125名
の参加者があり、なかなか体験できないユニークな
スポーツとして人気があった。

 汗ばむ陽気の11月の沖縄では「小夏日和」というなか
子供達の歓びの声で盛り上がり、この中からジュニア
選手として3年先の日本選手権大会で活躍するホープ
を期待するばかりでした。

 暑い中、ボランティアでご指導頂いたメンバーの皆様
ほんとうにご苦労様でした。皆様の熱意がペタンクを
支えています。感謝!!、感謝で~す。(田村)
 
DSCN0326

DSCN0331

DSCN0320

DSCN0323

DSCN0325

スタッフ一同(糸満市兼城ハイツの皆さんと那覇ペタンククラブメンバー)
DSCN0333


      
      

第21回沖縄県スポーツ・レクリエーション祭第8回ペタンク沖縄オープン

 第21回沖縄県スポーツ・レクリエーション祭第8回ペタンク沖縄オープン
大会が強風吹く秋天の中、ペタンク導入29年目となる南部の糸満市で開催
された。
 開会式には上原 昭糸満市長がご来席の上激励のお言葉を頂き、短くなった
サンセットを考慮して予選リーグは、40分時間制で行った。

 予選1位による決勝トーナメント戦は、うるま市1チームを除き9チーム全て
那覇チームの対戦となり、本命の具志川黄金友チームを新鋭ハッピーチーム
逆転勝利したほか首里儀保コートチームのG・イーグルス、マルイチが健闘
して3位入賞となった。

 決勝戦は、古豪復活のグルクンVS新鋭若手ハッピーとなり勢いの先行する新鋭
に対し老獪の戦術を縦横に駆使するグルクンが大差で押し切った。
今大会でチーム解散の声も出ていた古豪が甦ったものの新鋭、若手の台頭著しく
沖縄県勢のふところが深くなったものと歓迎したい。

  2位グループ交流戦では、1位のブラボーがこのところ3大会定位置となっており
脱皮が期待されるほかファミリー手登根が強豪はごろもさきがけを上回る2位に
つけたのは心強い。また、3位グループでは,最年少者9歳の野田健斗君が3位につ
ける健闘ぶりは将来に期待が持てる。

 また、今大会よりシューティング大会を実施、参加者24名で競い上原正秀氏が優勝、
2位大城武德、3位久高幸政氏が見事入賞した。女性は2名の参加で今後の奮起を期待
したい。

 心のこりは、沖縄県ペタンク先導の南部地区参加チームが、昨年の半分、3年
前の3分の1の8チームであったことでした。過去8回ともに南部地区で開催して
来たことはなんであったのか反省をしたい。



日時:平成30年10月27日(土)
     9:00~16:00
会場:糸満市真栄里屋外運動場
主催:沖縄県・沖縄県体育協会
   沖縄県レクリエーション協会
   糸満市・糸満教育委員会
主管:沖縄県ペタンク協会
参加:38チーム 130名
    南部地区   8チーム
    那覇地区  24チーム
    中部地区   6チーム

【結果】
   優勝  グルクン(那覇市) 
         =大城武德・知花惟行・平良末子

  準優勝  ハッピー(那覇市)
         =安次嶺武男・徳元茂雄・宮里正雄

   3位  G・イーグルス(那覇市)
         =座波朝進・喜久川恵栄・宮平初枝

   3位  マルイチ(那覇市)
         =山里景康・宮城 保・亀谷愛子

  2位グループ ブラボー(那覇市)
         =前泊 寛・城内勝正・儀保正子
  3位グループ ゆうわ (那覇市)
         =町田三郎・比嘉全孝・新垣春子
  4位グループ 具志川黄金友B (うるま市)
         =安慶名義信・天願善正・島袋房雄

  シューティング大会  参加者24名
    優勝 上原正秀  2位 大城武德  3位 久高幸政

     最高齢者 男性 与儀清吉 88歳(糸満市)
          女性 天願竹子 86歳(うるま市)
     最年少者 男性 野田健斗 9歳(那覇市)



img20181030_12435494

  
img20181030_12445319

 
img20181030_12453580


img20181030_13232626

開会式 上原糸満市長より激励
DSCN0237 (2)


DSCN0247 (2)

シューティング大会
DSCN0265 (2)

優勝 「グルクン」チーム
DSCN0280 (2)

準優勝 「ハッピー」チーム
DSCN0283 (2)
  
3位 「G・イーグルス」チーム
DSCN0285 (2)

3位 「マルイチ」チーム
DSCN0287

2位グループ トップの「ブラボー」チーム
DSCN0289 (2)

3位グループ トップの「ゆうわ」チーム
DSCN0290 (2)

4位グループ トップの「具志川黄金友B」チーム
DSCN0278 (2)

シューティング大会優勝 上原正秀さん
DSCN0291 (2)



 

第10回沖縄ねんりんピックペタンク交流記念大会

高齢者のスポーツの祭典 
「第10回沖縄ねんりんピックペタンク交流記念大会」
10回目を迎える記念すべき大会が、まだ真夏の雲が
残る青空のもと那覇市奥武山公園で開催された。

 日時 平成30年9月22日(土)10:30~17:00
 会場 奥武山公園補助競技場
 主催 沖縄県 (福)沖縄県社会福祉協議会
 主管 沖縄県ペタンク協会
 参加 51チーム 205名 南部地区13チーム
             那覇地区28チーム
             中部地区10チーム

 予選リーグは、開始時間が10時30分の制約から例年30分の
時間制を採用することから大波乱が想定されるが、今回も
優勝候補NO1の九州大会の覇者チームが予選全敗し、春の優勝
チームで躍進期待の若手チームが2敗するなど大番狂わせと
なりました。

 1位グループの決勝トーナメントは、那覇8チーム、南部3チ
-ム、中部2チームと地域の力が拮抗しており、中でも久米1丁
目、富盛老人会、久米島愛好会は初めての決勝戦進出となり健闘
がたたえられる。また、準決勝戦に具志川黄金友が2チーム進出し
ミントグリーンのユニフォームが会場で目立つ存在であった。

 決勝戦は、昨年の優勝チーム具志川黄金友Dチームと優勝候補
はごろもチームを倒した勢いのチームかえの対戦となり、前半戦
は勢いのあるチームかえが先行するもポワンテに地力の勝る具志川
黄金友Dが中盤押し戻し其の儘押し切り2連覇を達成した。

今大会の総評として、ペタンク実力の県内地域差は確実に少なくな
っており、何処が優勝してもおかしくないと言えます。

 結果 
  優 勝  具志川黄金友D(うるま市)が2年連続優勝
        天願博稔、天願隆吉、天願澄子、伊差川エツ子
  準優勝   チームかえ(那覇市) 
        上原正秀、与那嶺愛子、山内眞子
  3 位  ハッピー(那覇市)
        安次嶺武男、宮里正雄、友利常子
  3 位  具志川黄金友A(うるま市)
        又吉清栄、天願善正、天願朝子

    2位グループ  ブラボー(那覇市)
    3位グループ  ヨカヨカ(那覇市)
    4位グループ  グルクン(那覇市)
  
  最高齢者 男性 照屋健心  92歳(うるま市)
       女性 山田登美子 94歳(那覇市)


img133


img134


img135


img136


優勝 具志川黄金友Dチーム
DSCN0165 (3)

初めての準優勝 チームかえ
DSCN0167 (3)

3位 ハッピーチームと具志川黄金友Aチーム
DSCN0170 (2)

ペタンク大会の開会式
DSCN0108 (2)

試合風景
DSCN0143 (2)

選手宣誓(天願正幸さんと安慶名恵美子さん)
DSCN0121 (3)

試合中の久米島愛好会を撮影する地元テレビ局
DSCN0126

いつも元気なうるま市身障協チームの謝花さん
DSCN0124 (2)

首里若葉会チーム(女性最高齢者山田登美子さんを囲んで)
DSCN0150 (2)

主催者 湧川県社協会長と松堂県ペタンク協会会長
DSCN0139 (2)

ギャラリー
  • JOYSPOフェスティバル=ペタンクも参加
  • JOYSPOフェスティバル=ペタンクも参加
  • JOYSPOフェスティバル=ペタンクも参加
  • JOYSPOフェスティバル=ペタンクも参加
  • JOYSPOフェスティバル=ペタンクも参加
  • JOYSPOフェスティバル=ペタンクも参加
  • JOYSPOフェスティバル=ペタンクも参加
  • 第21回沖縄県スポーツ・レクリエーション祭第8回ペタンク沖縄オープン
  • 第21回沖縄県スポーツ・レクリエーション祭第8回ペタンク沖縄オープン