okiraku room

好きなこと!それは、旅行・映画・ドラマ・スポーツ鑑賞etc
好きなことを気の向くままに書いたokiraku room。
okirakuにお立ち寄りください★
最近忙しさにかまけてblog放置しすぎですね…でも、見捨てないでね★

ここ数年、牛乳パックや厚紙を使って箱を手作りしています。
昔からかわいい空き箱を集めるのが大好きだったのですが、今では自分が使いたい大きさや形に合わせて手作りするのが楽しいのです。

3連休最終日も友人とランチタイムを大満喫。
観光客でにぎわう道頓堀のすぐそばにある「モーベギャルソン」は、フランス三ツ星店などで修行されたシェフは、在シリア大使公邸料理人を務められた凄腕の持ち主。
そんな凄腕のシェフが本格フレンチをリーズナブルに提供してくれるというんだから楽しみにしないわけがない!!


ビルの2Fにある「モーベギャルソン」ですが、入り口入っていきなりカーテンが!!
え???カーテン閉まってるってことはここではないよね。だったら反対側?そう思って進もうとしたら、カーテンが開いて「いらっしゃいませ」と。
え???カーテンの向こうがお店なの???
いきなり驚かされました。
後で分かりましたが、私たちが進もうとした方向はトイレでした(笑)


道頓堀川が見える席に案内され、カンパイの一杯はもちろんアルコール。
ワインベースのキティで昼間から飲みますよ。
P2140109


ちゃんと一品一品料理の説明をしてくれるんだけど、ふんふん…って聞いてすぐ忘れる…。
いけませんね(汗)
P2140110
P2140111


パンは食べ放題。
なくなった頃に新しいパンを持ってきてくれます。
P2140114


サーモンとハムの前菜
P2140115
P2140117


冷製スープ
P2140118


メインのラザニア
P2140123


デザートはちょこちょこ…っと。
アイスティーと一緒に。
P2140125
P2140127


料理もおいしいのですが、このお店が人気なのは接客にあると思います。
予約した直後、すごく嬉しいメールが届いたのです。

当店はともて小さなレストランでございます。
お料理に際しましてドレッシングからソース、何から何まで手作りで心を込めてお作りしております。
多少お待たせすることもあるかもしれませんが、ひとつひとつ丁寧にお作りしますのでどうぞ長い目で見てやってください。
お客様がいらっしゃるのを心よりお待ちしております。

お店の方の心遣いが嬉しくて、お店に行くのが本当に楽しみだったのです。
そして、その心遣いがお店でも感じられました。
笑顔でハキハキとした受け答えに気持ちがよかったのと、お店を出た後に、私たちを追いかけてきてくれたかのように「ありがとうございました」と大きな声でお礼を言ってくれたのです。


フレンチってちょっと背伸びしているような気もするけど、気負わずに楽しめるフレンチがこのお店の魅力なんでしょうね。


「モーベギャルソン」
大阪市中央区心斎橋筋2-4-4 日総四国ビル2F
アクセス:地下鉄「なんば駅」近鉄・阪神「難波駅」下車 徒歩3分
↓↓↓地図です↓↓↓





3連休はめちゃ暑かった…
3連休終わっても暑い…
この先もまだまだ暑い…


心斎橋商店街を1本中に入ると大好きなヨーロッパを感じさせてくれるホテルがあるんです。
ホテルトラスティ心斎橋。
ここの1Fにある「カフェ ブルーノ・デル・ヴィーノ」で友人とランチ。
P2140104
P2140105
P2140106


お昼でも飲みますよ!!
スパークリングワインでカンパ~イ。
泡がシュワワ~!!う~~~んおいしい。
P2140087


サラダにビックリ!!
セットについてるありきたりなサラダではなくて、ホテルにふさわしい豪華なサラダに顔がニヤニヤ。
ミネストローネにバケットまでついてます。
P2140093


メインは6種類の中からチョイス。
期間限定の「アオリイカミンチと明日葉、ドライトマトの生姜風味スパゲティーニ」を選びました。
夏だから生姜というところに惹かれた…。
う~~~ん!!おいしい!!
P2140094


食後のデザートはケーキと紅茶で。
P2140097


どの料理も大満足。
一度行ってみたかったホテルだったので、友人も喜んでくれてよかった~。
大人女子のトークはエンドレスで、12:00に予約して、ホテルを出たのが18:00。
どれだけ話すねん!!ってくらいおしゃべりしまくったけど、でも、まだ足りない!!
それが女子なのよね。
料理もトークも満足できるランチタイムでした。


ホテルトラスティ心斎橋「カフェ ブルーノ・デル・ヴィーノ」←公式HP
大阪市中央区南船場3-3-17 1F
TEL:06-6244-9711(代表)
アクセス:地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」下車
※クリスタ長堀北7番出口から徒歩3分(東急ハンズ裏側です)
↓↓↓地図です↓↓↓






ミンミンミンミン…セミの鳴き声がうるさくなってきましたが、わが心は春へとタイムスリップ。
でも、それも今日で終わり…。
葉桜だった春の京都はピンク色の景色を探すのは本当に難しかったけど、京都の街を歩くだけでも日常と違って楽しいものです。
2018年最後の春の京都散策日記をupしますね。


今年の京都は葉桜だった…~金戒光明寺~
今年の京都は葉桜だった…~真如堂~
今年の京都は葉桜だった…~忠宗神社~
今年の京都は葉桜だった…~「ROKUJIAN」~
今年の京都は葉桜だった…~平安神宮~
今年の京都は葉桜だった…~「京都モダンテラス」~
今年の京都は葉桜だった…~インクライン~
今年の京都は葉桜だった…~南禅寺~
今年の京都は葉桜だった…~「権太呂」~


2018年4月7日(土)

岡崎エリアで一番好きな場所はここ「無鄰菴」。
なんといっても日本庭園が素敵!!
すぐ近くの平安神宮や南禅寺は人が溢れかえっているのに、ここ「無鄰菴」は知る人ぞ知る場所なのか!?意外と人が少なく落ち着ける場所なんです。


そんな「無鄰菴」に夜間拝観”春の夜カフェ”があると友人がチェックしてくれていたので、ワクワクしながらその時を待っていたのです。
P2130405


昼の顔とは違ってとても静かな岡崎エリア。
「無鄰菴」の入り口もライトアップされ、厳かな雰囲気が漂ってきます。
P2130422
P2130407


入り口でドリンク庭園見学セット券(1,000円)を購入。
(お酒+おつまみ、もしくは、ドリンク+甘味セットは1,500円)
okirakuたちはお茶菓子付お抹茶を頂きました。
P2130399


夜の静かな庭園を眺めながらお抹茶を頂き、庭師さんの庭園ガイドに耳を傾けながら、また静かな夜の庭園を見つめる…。
P2130403


普段入ることができない母屋2Fを特別解放してくれていたので、お言葉に甘え2Fへとのぼり、普段とは違う高い位置から夜の庭園を眺めさせて頂きました。
しかも、ほぼ貸しきり状態!!
みんなあんまり2Fには興味なかったのかな…???
P2130410


しばし、2Fからの景色を眺めながら、今度は夜の庭園を歩いてみました。
この日は残念ながら雨が降っていたので傘をさしながら…。
眩しいライトアップはなく、母屋からこぼれる光だけなので(晴れた日なら月明かりもありますよ)”真の夜の庭園”です。
P2130412


ここでちょっと昼間の庭園を見て頂けたら…。
2013年5月に訪れた時の写真です。
【関連日記】
初夏の京都 庭園めぐり④「無鄰菴」

長州藩士であった山縣有朋の別邸としてこの「無鄰菴」が造られました。
庭園は7代目小川治兵衛が東山を借景として琵琶湖疏水をひき、池泉回遊式庭園を造り、1951年(昭和26年)に国の名勝に指定されました。


以前、夏に訪れた時の
「無鄰菴」です。
緑の庭園がとってもきれいですよ。
P1200037
P1200021
P1200025
P1200027
P1200028
P1200029
P1200034
P1200032



昼と夜とでは全く姿が異なりますよね。
そのギャップがとてもいいんです。
P2130414


雨に打たれた芝ってより一掃緑が増してきれいですよね。
夜なのでなかなかその趣を味わうことはできませんが、もし、昼間の雨の中、この「無鄰菴」を訪れたら「残念…」って思うのではなくて「ラッキー」って思ってくださいね。
P2130415


さすがに夜の庭園は真っ暗なので奥まで行くのは怖くて断念しました…。
P2130417


普段見ることができない夜の庭園を散策できたのは貴重だし嬉しかったです。
「無鄰菴」では季節に応じて色々な企画を用意されているので、平安神宮や南禅寺を訪れた際にちょっと寄ってみてはいかがでしょうか…。
絶対に損はないですよ!!


桜が散ってしまっていた今年の京都。
さらに、途中から雨に打たれ冷たい春になりましたが、朝から夜まで岡崎エリアを大満喫できた1日でした。


「無鄰菴」←公式HP
京都市左京区南禅寺草川町31
TEL:075-771-3909
拝観時間:9:00~17:00
アクセス:地下鉄東西線「蹴上駅」下車徒歩約7分、市バス「京都会館美術館前」(平安神宮大鳥居下)下車徒歩約9分


◆okiraku散策ルート◆
JR「京都駅」→「金戒光明寺」→「真如堂」→「宗忠神社」→カフェ「ROKUJIAN」→「平安神宮」→カフェ「京都モダンテラス」→インクライン→「南禅寺」→「権太呂」→「無鄰菴」→地下鉄「蹴上駅」→JR「京都駅」







↑このページのトップヘ