2006年09月

2006年09月30日

K2Cコンサート1日目

一昨日は5ミリのカールスモーキー石井しか見れなかったので友達から双眼鏡借りました。今日は米米を等身大で見てきます!今日の応援グッズは、ジャニーズのようなウチワでなく扇子です。一昨日はハンカチでした。もう、すっからかんです。お給料もらったばかりなのに(;_;)ホント商売上手。人の弱みにつけこんで!今年限りだもんだから。でも最高です!早く子供寝て振り付けを覚えなきゃと早くからちびを寝かしつけるために布団にはいったら、そのまま朝を迎えてしまった。どうしよう!あ〜私の楽しみも今日でおわっちゃう!!!旅でもそうだけど行くまでが楽しいよね。いっちゃうと、「あと何日(何時間)でおうちにかえらなきゃ・・・」と余計なことかんがえちゃうしね。



okirakumadam at 06:38|この記事のURL

2006年09月29日

休み      ケー  

 別になんてことないことで 疲れちゃうのは なんでだろう?

 ステンドの公民館での体験教室(第一回目)・・・こなした。何となく。

 親の所へ行ってきた・・・やっぱ落ち込んだ

 ステンド納入の期日・・・間に合った。ぎりぎりで

 子供がらみのお母さんとの関係・・・過保護は大概にしようとやんわり上手に意見できた。けど プンプン怒ってるらしい。もういいや。

 ピアノ・・・・どつぼにはまって、さあ大変。まるちゃん、ココロはあるんだけど技術が伴わない時は?やっぱ 練習?

 子供・・・あいかわらずうるさいが これはしょうがない。そういう生き物だから。

 ガラスの買出し・・・これもなんとなく こなした。

 家事・・・やっとらん。

 何の興味もないのに 参加してしまった集い・・・・何故私はあの場にいたのか本当にわからない。でも終わった。

 一個一個見れば大した事ないのにね〜〜〜〜一日でこなせることを こなすしかないわけだ。だみちゃん 東京タワー 読みたいと思いつつまだ読んでない。リリーフランキーの「こころがぼろぼろになった人へ」(多分こんな題)とかも読んでみたいよ。


 今日はお休み。最低限の家事だけして 休もう。

 話は変わるけど ティッシュが空になったので空き箱を捨てた。なんだかその時ピロピロっとゴミがくっついていたが そのまま捨てた。娘が帰ってきて「お母さんっ!しっぽつきティッシュが無いっ!!!」と、えらく血相変えて叫んでいた。

 あのピロピロはしっぽだったらしい。彼女が、自分が生まれてこの方、作ってきたこよりの中で 細さといい、長さといい、最高傑作のこよりをよりあげることができ、そして その素晴らしいこよりの 一番いい使い道がティッシュの箱にしっぽとしてくっつけてやることだったんだと くどくど くどくど 怒られちゃった。その素晴らしいティッシュの箱の価値も分からず、ゴミに出すとは・・・・

 お母さん まだまだ 修行が足りん。  

okirakumadam at 09:30|この記事のURL

2006年09月27日

なんもしょってまへん だみ

ケーさん、すごいや。がんばってるんだね。色んなケーさんをこなさなきゃいけない。大変だよね。 妻、母、娘、先生、友達・・・

私、前にも書いたけど「その日をこなすだけ」の生活しかしてないんです。ちょっと考えなさ過ぎ。だからなんもしょってないんです。重たくないから折れない。

子どもとの生活・・・確かに将来の不安はすごくあります。
遠い将来もそうですが、来月もどうなることやらハラハラしながら。。。
でも、今のところはなんとか生活費も滞りなく送ってくれているので助かってます。

母とも遠慮なく行き来できるし。3代親子が何の遠慮もなく生活できる「贅沢」はこんな状態じゃないとできないでしょうね。
前にも書いたけど「今が一番幸せだ」と話す母親を見ることができるだけでとてもうれしいんです。

「東京タワー」読んだ?

金曜日の夜、後半を嗚咽しながら鼻汁目汁たらしながら一気に読み上げて翌朝鏡で我が顔みたら、それはすごいことになっていた。

その本の主人公の母親が東京に来て暮らした7年間のときが私の今の状況だと思います。

今が幸せであると感謝しながら、「その日」がどうか来ませんようにと祈ってる。
そして、自分の「その日」が来ることでわが子たちが路頭に迷う事になりませんようにと祈ってる。


さて、明日と明々後日、米米コンサートです。
楽しんできます!

okirakumadam at 20:54|この記事のURL

2006年09月26日

疲れる 今日この頃      ケー

 なんだか いろんな用事が次から次へとやってきて 疲れちゃう今日この頃。今も両親の所に行ってきたんだけど とっても落ち込み疲れちゃう。

 ふうううううう。動きたくない。動きたくないのになあ。

 ステンドグラスのこと。教室や ガラスの仕入れ。注文品の期日(もう、ぎりぎりだ。パソコンの前に座ってないで早く作れよ!!!)請け負ってしまったという責任感。

 両親のこと。私の一挙一動に心配して心配して。留守電の声が暗かった気がするとか、そんなことを ずーっと考えているらしい。うっとうしいのでほっておくと もうもう 大変な心配なのです。だから忙しくても 行く。行って明るくしてるので 帰ってきて疲れてる。

 よその子供のお母さんとの人間関係。なんだかなんだか 一方的にものすごく好かれている。「私はあんたと気が合わない」と言えないのだ。

 これらは とても満ち足りた幸せな悩みです。いろんな理由で 何かしら私と接点を持つことを望んでる人がいる。贅沢な疲労感です。

 「お母さん見て お母さん見て」と子供が私に見て欲しがる。ほんの一時期のことです。今だけです。「はいはい」と言って私は見てやる。ソファの上で逆立ちみたいなことをしている娘を。「わああ すごいねええ」なんて言ってやる。・・・・疲れてるのに。

 金曜日は 休もう。とにかく。私はいっぱいいっぱいだ。入れ物が小さいので すぐいっぱいになっちゃうんだ。今日と明日 がんばろう。そして明後日は 休もう。一人で休もう。

 いったい、だみちゃんの精神はどうなってんだ?すごいもん背負ってるのに、ポキンと折れちゃわないのは・・・・・。

okirakumadam at 14:48|この記事のURL

2006年09月24日

久しぶりの夜中だ まる。

火曜日からエスオーが長期出張に出かけて留守。長期っていっても今回は三週間だけど。いつも寝太郎のくせに週末だし夜更かししてます。

だみえちゃんの辛かった一日の話はその日読んだけど返す言葉が見つからなくて現在に至っています。いまだに見つからないけどね。

私ならどうしただろうと考えたけどとても止めに入る度胸なんてないよ。だみえちゃん、すごい。

人前でそこまで切れるんだから家庭では日常茶飯事だよ。保育園の通報で子供が守れるといいけどね。

子供の心の痛みとか後の人生に与える影響とか考えたらたまらないね。

やっぱりこの件に関しては言葉が続きませんです。

だみえちゃん、郵便袋了解です。
米米クラブ、楽しんできてね!!!


okirakumadam at 02:06|この記事のURL

2006年09月22日

蟻の鼻糞です。

ありのはなくそ・・・・大笑いしました。

皆さんメッセージありがとうございます。保育園の園長先生、副園長からも「あのとき来てくださって助かった」と話してくださり、少し落ち着いています。


でも、あの光景が頭から離れません。

あの悪夢の日の翌朝、一番会いたくないあの男に保育園で一番最初に会ってしまい、母からアドバイスを受けたようにいつもと変わりなく「おはようございます」と挨拶をしました。・・・・むなしかった。

どうやらあの男(家庭?)の件は園を通じて児童センターに報告されたそうです。


反面教師とでもいいましょうか、
私も今回の件を機に自分の子どもに対しての行動を振り返り反省する事ができました。



次回は、もっと心がうきうきすることをご報告しますね。
そうそう、とりあえず来週末は米米コンサートです!


okirakumadam at 06:50|この記事のURL

2006年09月21日

ひどいな       ケー

 昨日 だみちゃんの書き込み読んで 頭がぼーっとしてしまった。ひどいな。ヒドイナ。非道いな。・・・・って頭の中でグルグル考えちゃった。

 まず だみちゃんは よく割って入ったと思う。人間はみんな大事。完全に一方的に痛めつけられるのはいけない。子供は力も弱いし、うまくしゃべれないし、養われてるし、そういうふうに一方的にこてんぱんに傷つけられやすい。だみちゃんは弱いものを本能的に守りたかったんだね。自分が産んだ子供とか他人の子供とか そういうレベルでなく 怒りを感じただみちゃんは大きな母性のある人と思った。

 私にはできなかったかもしれない。ずっと前おじさんが遊びでゲノムなんとかってのを教えてくれたけど たしか だみちゃんとまるちゃんが マザー(?)の因子ありじゃなかったっけ?
 
 園に迷惑になったんじゃないかとか 冷静な動き方があったんじゃないかとか そんなことは後で考えてしまうことで その場で感じた怒りは なんて言ったらいいのか人間の本髄の そうあるべきものだったと思うよ。

 その人その人で その場にいあわせたら、その子を抱きかかえて庇う人、他の子供たちにそれを見せないようにする人、だみちゃんみたいにその子と男の間に立ちはだかる人、その男をぶん殴る人、説得しようとする人、原因を探して今後サポートしていく人、 行動はいろいろだろうけど どの人も いいと思う。人間がたった一人でできる、何もかもにうまいやり方なんてないんだよ。

 私だってその場にいたら 見て見ぬふりだけは絶対したくない。

 だみちゃんが園に迷惑かけたかも・・って考えちゃう気持ちも分かるけど、そしてもしも迷惑をかけてたとしても それは、その男が園にかけた迷惑 子供の気持ちを考えると 蟻の鼻くそみたいなもんだ。

 それよりも そういう場面で飛び出してくれる大人がいたってこと その子が気づいてくれて 覚えててくれたらいいナと思う。

 それから その男の怒りの源泉、おおもとの根本的なところ、それも悲しいと思うし、その男の目を知ってるだみちゃんがその目が夫に現れるのを避けたかったというのも 悲しかった。

 その目が、踏みつけられてた男の子に遺伝しないようにお母さんや おばあちゃんや先生や近所の人が その子を守ってくれたらいいな。

 その子に接する大人だけじゃない。皆が守っていけたらいいな。いろんなところにいるだろうそんな子(もちろん自分の子も含む)を。

okirakumadam at 09:37|この記事のURL

2006年09月20日

おじ

だみちゃん、それは辛い!
無意識的に止めに入る気持ちわかるし、その勇気に拍手したいくらいです。
私なら遠くから見てワナワナしてるだけだろうな。その辺りが子供を持つ母親の強さなのかもしれないね。

しかし、そこまで切れるとは一体何をやらかしたんだろうね?
でも自分の子供でしょ?
先生に「あやまろうね」なんて言わせてしまうなんてまるで他人みたい。
あえて「男」と言いたくなる気持ちも分かるわー。

なんか、そういう時にスーパーマンみたいのが空から飛んできてスッコーンと男をどっかに放り投げちゃえばいいのにぃぃぃ。

怒りのエネルギーって恐ろしいね。
私も今たまたまくすぶっているモノがあって・・
怒りの渦渦の中にいるとなかなか出られないんだ。
どうしても自分の気の済むようにさせるまで気が済まないっていう以外に感情をコントロールできるようになりたいものです。



okirakumadam at 12:14|この記事のURL

とても辛い一日 だみえ

今日のあの忌まわしい、そして自分の冷静さを欠いた行動については
是非書き留めておかないといけない。。。
おじさん、けーさん、まるちゃん。
せっかく楽しいお話が続いていたのにごめんよぉ〜


あえてここに登場する父親のことは「おとうさん」と呼ばず
「男」と書きます。本当はもっとひどい言い方にしたいけれど
公の場所ですから少し控えましょう。


その悲惨な出来事は保育園の玄関先で起こっていました

いつもより少し遅れ気味で保育園に入ると
とてもおぞましい光景がありました。

玄関のたたきでわが子を足で踏みつけている男、そして双方をなだめるように
説得し続けている園長先生。。。

一瞬目を疑いました。私の見ている光景は何?
お腹を男に踏まれ続けて年長さんぐらいのその子はただなきじゃくるばかり。
「あやまらんか!」
「○○くん、じゃぁ起き上がってあやまろうか・・・」と園長先生。
「寝たままでも謝ることはできるだろうが!」

ちょうど保育園に預けるために玄関先が一番込む時間帯に
その惨劇は起こっていたのでした。

とても正視できた光景ではありませんでした。
すぐにその場を立ち去り子どもをクラスに預け、またその玄関に戻ったときも
まったくその状況は変わらなかったのです。あとで聞いたところによると
約30分近くその状態だったとか。。。(少なくとも10分はその状態です。)

靴を履いたもののなぜか気になって振り返った時、男の先生が
その男の足元の子どもを抱きかかえようとしていて、なにやらその男が怒鳴り
、男の先生の胸倉をつかんだのでした。


その瞬間、私は動いてしまいました。後先考えずにその男と先生の間に
入って大声で叫んでいました。
「やめてください!こんな場所で何をしているんですか!」

もっといろいろとその男に言った気がしますがあんまり記憶にありません。
玄関先でみんなが出入りするところで迷惑だとか、
もっと他のところに行ってやってくれだとか
言ったと思います。
その間、私の全身は震えていたというよりわなわなしていたのは
覚えています。アドレナリンが体中を駆け巡っていたような感じです。


「あんたは経緯を知らんのに関係ないやろ。」
「あんたいったい誰ね!」
「関係ないやつはどっか行って」

散々言われました。そんなものは何も感じませんでした。

その後一応玄関から少し脇にそれたところで先生に抱きしめられている子どもに
執拗に謝罪の言葉を言わせようと口に指を突っ込んだりの攻撃が始まりました。
「少しお互い落ち着いたらどうですか」
と興奮気味の私のアドバイスはあまり効果がありませんよね。
同じような悪態をつかれた後、他のお友達のおばあちゃまから「あとは先生にまかせようね」とたしなめられその場を後にしました。

あの時とっさに行動に出てしまったのは母性のなせる業でしょうか。本当に無意識でした。
しかし、その後自転車で会社に向かう間くやしいやら、自分のした行動の軽率さに腹が立ちました。

わが子をそんな風にする時の精神状態は決して尋常じゃなかったはず。
なのに火に油を注ぐようなマネをして、その子が、保育園が、園長先生がもっと悪い立場に立たされてしまったのではないか。
もっとその男のプライドを傷つけないようなうまいやり方があったんじゃなかったかと今日一日考えこんでしまいました。

あの子はどうしているんでしょうか。
いつも家でそんな風なんでしょうか。
毎日あの男を保育園で見かけたところをみると育児には参加していたようです。


もちろん私も人の事が言えたもんではありません。
虐待といわれてもおかしくない体罰もしたことがあります。
最近やっと大人になってきましたが・・・

あの男の目・・・昔見た記憶があります。母と父が夫婦喧嘩していたときの父親の目です。私の仲裁にも耳を貸さず母をののしって
取っ組み合いのけんかをしていたときの目。

男は怖いです。切れて尋常じゃなくなるところがとても怖い。。。
きっと旦那とうまくいかなかったのは、その怖い男の切れた部分を避け続けたゆえの結果かも知れません。


もう、あんな光景を見るのはごめんです。
どうか世の中のお父さん、お母さん(もちろん私も含めて)が自分の子どもを本当に
慈しんでいくことができますように。。。。


まるちゃん、住所の件だけど私の方から郵便局の500円封筒を送ります!
それに入れて送ってください。そういえばネットで格安のクラフトを見つけました。
もし、今回まるちゃんがくれたクラフトテープで上手に箱ができたらもっとがんばってみようと思います。


ごめんね、みんな。こんな辛いことを読ませてしまって。


okirakumadam at 01:21|この記事のURL

2006年09月19日

え〜ん まる。

頑張って書き込んだのにパソコンがフリーズしちゃってなくなっちゃったよ。同じこと書き込む気力が残っていないのでまた次回にします。

だみえちゃん、新住所教えて〜〜〜。なんかメルアドが会社のもののような気がして送信できないよ。

けーさん、ピアノは心で弾くんだって!ピアノシンガーがこないだラジオで言ってた。上手く弾こうなんて気合いれすぎちゃ駄目なんだって。
健闘を祈ります。

息子も来月エレクトーンコンクールで青春アミーゴのアンサンブルやります。うちの場合、毎回思うのは気合入れなさすぎ。。。とほほ。。。



okirakumadam at 16:45|この記事のURL
Archives