2008年01月

2008年01月25日

おじさん

おじさん、色色バタバタしてます。
おねえちゃんのガンが再発して、
治療法をめぐり、喧々囂々・・・
みんな価値観が違うし
難しいね、こういうのって。
本人が納得するのが一番いいと思うけど。
経済的にも援助したいと思うし、頑張らなくちゃ。
めそめそしていられねーです。

naonardo at 16:13|この記事のURL

2008年01月22日

今日から60日間 まる。

エスオーがいません!!!
(音声で盛大にパンパカパ〜ンて鳴らせないものか・・・)

ルーマニアという東ヨーロッパの寒い国へと出掛けて行きました。
日本食の店とかないのでずぅっとおコメが食べられないんだって。
日本人とかちょこっとしか住んでいなくて前に行っていたフィリピンの方がよほど環境はいいみたい。なんだか今回は気の毒でちょいと不憫に思えたりしましたが・・・とりあえず私は60日間を有意義に過ごすのだ。

おじさんの占いの話からの流れを読んでいて私も超シンプルな脳みそでいろいろ考えたりしたけどやはり文章にするほどもなくシンプルすぎてあれよあれよと日が過ぎてしまいました。

あんまり何にも考えないとやっぱまずいですかねぇ。

ケーさん、肩、お大事に。

サブプライムローンは私も無謀だと思いましたです。
100億の退職金も。。。すげぇなぁ。。。

okirakumadam at 10:00|この記事のURL

2008年01月21日

また       ケー

 いっぱい書きたいことあるのに また40肩になった。右手だけで 打つのはまどろっこしい。夫の方のじいちゃん 肺がんだ。忙しい。

okirakumadam at 22:00|この記事のURL

2008年01月14日

寒中おみまい申し上げます。 だみえ

寒中お見舞い申し上げます。
本格的な寒さを迎える折、皆様にはお障りございませんか。
喪中のため、年始のご挨拶を差し控え失礼しましたが
本年も昨年同様のお付き合いの程、どうぞよろしくお願い致します。

平成20年1月14日


マダムの皆様には寒中お見舞いのはがき出さずに
ブログでのご挨拶、ごめんなさい。

皆さんの話の流れをぶったぎってしまってしまった上に
それにすごく遅い挨拶になってしまいました



私は、大晦日に実家に戻り、紅白を見た後再び博多へ戻り
夜勤でした。

つまり、お正月を会社で迎えたって事ですね・・・
これはすくなくともあと2年は続きます・・・

なんと元旦の夜中中小倉から博多は初詣列車が1時間に2本もあるのよ。
夜行列車の一人旅もいいもんでした。(強がりじゃないのよ〜、ホント。いつも子どもにまとわりつかれている主婦にはわかるでしょ?)

博多についたのは、夜の2時過ぎ。
それから徒歩で呉服町で行く途中に櫛田神社に初詣にいって
今年一年仕事でトラブルが起きませんようにとお札をもらってきました。
お参り+お札をもらうまで小一時間かかったよ!
みなさん寒い中12時過ぎてすぐに初詣に繰り出すのね。すごい人でした。

それから3時過ぎから10時までシステム運用作業。
それが終わって小倉に戻ってやっとお正月です。


今年は、休みの日でもいつ呼び出しがあるかわからないポジションに
なりまして、福岡を数日離れるようなことができません・・・
トラブルが発生するとシステムが私のピッチに電話かけてくるの。

せっかくの勤続20周年のお祝いにもらえる有給休暇でディズニーランド
1週間滞在ぐらいと思ってたのにぃ・・・・




okirakumadam at 14:15|この記事のURL

おじ

だ・さん、コメントありがとう。
こないだは、朝方まで眠れない頭のナチュラルハイ状態で突っ走った書き込みをしてしまい後で反省・反省。

だけど、だ・さんが小学生の時に宇宙の話が好きだったっていうのを聞いてちょっと嬉しくなった。あ、そう言えばだみえちゃんも宇宙系好きだって言ってたなぁ。最近のプラネタリウムは星座の神話とかばかり話して科学的な話してくれないからつまらない、なんて言っていた。同感同感。

うっ・・・まーた、めっちゃ言いたい事が湧いて来て困った困った(>_<)
やめよ、また止まらなくなる! やっぱり宇宙ってでかくて不思議でロマンチックだぁ〜

ところで、ところでいつも思うんだけど、だ・さんて、カッコいいよね。読んでるもんとか、やってる事とかが。4児の母に失礼だけれど、これ、とっても褒めてるつもりなので気に障ったらごめんね。脳が男性的なのじゃないかって思うんだよね。それもこう落ち着いてインテリジェントな紳士っていう感じがするんだけれど。だ・さんて外見ほらとっても色気があって女性らしいんだけれど、昔から中身が女女してなかったもんねー。なんかサバっとして、カッコよかった。だ・さんが読んでいる雑誌、一流のビジネスマンが読むような奴ばかりだもん!仕事持っている女性が男性と話題を共有できるように読むように心がけていますっていうじゃなくて純粋に好きで読んでるわけでしょう? そんな本を喫茶店でお茶しながら読んでいるんだなー、やっぱりカッコええ〜。そりゃ話し相手はなかなか居ないだろうね。悶々とするのも分かる。

ねーねー男性脳・女性脳とかの心理テストとかした事なーい?私は「男性として標準です」って出るんだよー。

新年もあっという間に2週間もたってしまったけれど、私もやっぱりダイエットを毎年恒例の目標として掲げています。
お金を稼ぐ事とダイエットはもう毎年の常連さんです。
今年は欲張りにもそれプラス4つの願望というか目標があって、ベースが上手になる事と占いの勉強を本格的に頑張る事と家をキレイで素敵にする事と、かっちょいい彼氏をゲットする事(←コダワるでしょ?笑 何かが私に取り憑いているのです。きっと)
手帳の先頭ページに6個の目標を書いて出来るだけ眺めるようにしています。

しかし、たわけた目標ばかりだなぁ。なんか44才・既婚者の目標とは思えないね。いいんだ、いんだ。人生楽しくなくちゃ。せめて願い事くらい。夢なんて見てるうちが一番楽しいのだから。


naonardo at 02:12|この記事のURL

2008年01月12日

おばさんの知恵 おじ

おばあちゃんの知恵で思い出した。
最近、亡くなったおばさんの知恵なんだけど、
野菜の保存法の話し。

野菜ってどうやって保存してる?
野菜によっていろいろだろうけれど、そのおばさんは使い易く切ってタッパに入れて野菜室に保存してたみたいなの。おばさんが亡くなってからもおじさんはそのやり方を忠実に守っているらしいのを母が聞いてきて、マネしてみた所、やたらと野菜が持つらしんだ。

で、私もマネしてやってみた。
レタスっぽい葉っぱのものは根っこが腐りやすいから、切ってしまってタッパに入れておくといいんだらしい。椎茸とか、ティッシュを敷いて、パッチンって密閉できるタッパにいれとくとものすごーいいつまでも白いままなんだよー。びっっくり。

中でも一番驚いたのは大根。
私はよく大根を傷めちゃうんだけど、1回に使う分、4cm位づつにバンバン輪切りにしてタッパに入れて野菜室に入れておくと、いつまでもいつまでもシャキシャキなんだよーー!!大根てすぐに酢が入ったり、シナ〜ってなってしまうじゃない??それがもうシャッキシャキで水水しいんだよーーー。4週間近く、その状態だった感じだった。そしてなぜか切り口も痛まない。
なぜだろう??大きいままだと成長しようとしたりするからかな?
だからしなびちゃうのかな?たぶん。
輪切りのタッパ保存、使いやすいし、持つし超・お奨めだよー。
やってみてー

naonardo at 18:07|この記事のURL

咳 おじ

生が湯、見つけられないんだー。
と思っているうちに随分よくなってきたけれど、
自分で作ってはダメなのかな?
ショウガと何が混ざっているんだろう。

まるちゃんて、おばあちゃんの知恵っぽい民間療法的なものに詳しいよねー。(失礼!(笑))

naonardo at 17:49|この記事のURL

頭が止まらない・・・  おじ

人の記憶から消えたとたんに、無なのではないか・・


すごい、不思議な感覚だよね。
その考え。
物体としても人間の意識を伴わなければ無なのではないのか?っていう意味でしょう?
ケーんさんは人が居なくなっても素晴らしいんだ!っていったけれど、だ・さん流に言えばたぶん、その「素晴らしいんだ!」って思う人の記憶・意識がないから、無なんだって言いたいのだろうね、たぶん。

人が死んでレベルでその建造物が素晴らしいんだぁって思う魂があれば、素晴らしいし、残るのかもしれないしね。

ちょっと話は違うかもだけど掃除をまっっっっっったくしない家でちらかし放題やりたい放題な家でも、人が住まなくなった家と比べて確実に「生きている感」があるもんね。潰れてしまって使われなくなった店舗とかって1ヶ月も経たないうちに、もう本当に廃墟になるもんね?「無」にはならなくても、でも家とかモノとかでも魂というか、人の意識とか「生気」みたいなものが伴って初めて存在してるみたいな感じはありそうな気がする。植物とかじゃない建物や墓石とかは人に思ってもらう事がひつようなのかもね。トランプでさえ人の願望を覚えたりするんだし。


だから遺跡とかは人類が居なくなって誰も見てくれなくなれば、やっぱりとんでもなくボロボロになるんだろうな。風化する以前にこう・・生気を失って・・。でも数万年たってまた新しい人類に発見されて、手を掛けられれば・・復活する気がするな。
たぶん、だ・さんが言う「無」とはちょっと違うのだろうけど。

でも、こんな話を思い出した。

量子力学って分子だの電子なのなんだの、細かい世界の科学なんだだけれど、なんかちょっとオカルトチックで、詳しくはよく覚えてないんだけど、ある電子だか、分子だかは、観察するとそこに現れるけど、観察していない時には、居ないんだって。観察していない時になぜそれが分かるんだーっていうのは難しくて理解不能だったんだけど、とにかくそうらしんだ。「見てない時は無い」のに「見ると有る」みたいな事で・・。厳密には違うかもしれないけれど、、とにかくこんなおかしな理屈なんだ。
これは仮説ではなくて、こういうものなんだって。本当に。

それでこんな思考実験があってね。
ボタンを押すと毒ガスが出る箱の中に閉じこめられた猫は、1時間後に生きているか否か。っていう思考実験。

開ければもちろん答えは分かる。どっちかの確率は50%だけど、ここで問題にしているのは、結果じゃなくて、量子力学的に説明すると、フタを明ける前までは、「生きている」と「死んでいる」の両方の結果が折り重なって存在してるっていう事になるらしいんだよ。2匹居るとかじゃないよ、もちろん。生きている運命のルートと死んでいる運命のルートの2本が折り重なって存在していて、まだ見ていないから、結果は決定していないっていう事になるのだそうな。量子力学的に考えるとそういう答えになるんだって。

だから、人間が「観る」事で始めてそこで答えが存在して、誰も観なければ、答えはまだ決まっていない、答えは無いっていう、ちょっとだ・さんの人の記憶があって初めてモノが存在するみたいな考えと通じる所があるなぁなんて思ってこの話しを思いだしたのでした。

ついでに、ここから発展して、占いの話しになっちゃうんだけれどもー、この思考実験を応用して、占いを研究してる人に言わせると、実際にフタを開ける以前のまだ「生きているし、死んでいる」の両方の状態が折り重なって存在している時点で、箱を開ける未来を占ってみると、その開けた結果は、95%の確率で実際に開けた時の結果と一致する。これは過去の実績から言ってそうなる。あるいは未来予知出来る超能力者を読んで予知させてもいいけれど。

猫は死ぬと予知されたとして・・・

だけども、理論的にはまだ生きている猫の運命が消えたわけじゃない。「開ける時」はまだ来ていないからそれは量子力学的に存在する。

まだ箱を開けていない今、「生きている猫」のルートがまだ存在していううちに、このままだと死ぬ運命ルートが決定してしまうので、生きるルートを残す確率を高めてやるような何かをすれば、フタを開けた時に「生きている猫」の結果を導き出せる。

箱の中だけが特殊空間なのではなくて、死んだ猫と遭遇する我々の運命と、生きている猫と遭遇する我々の運命をも折り重なって時空上に存在するっていう事らしい。

というのが、運命と運命変更の理屈みたいです。もちろんまだ確立されたわけじゃないし、私がした説明だけが全てじゃないので、こうなのだ!ていうんじゃないんだけど、こんな感じで科学的に分析研究されているっていうお話し。

頭こんがらがるよね。時間て何?空間て何?って話しになるよね。この世のしくみはだから5次元でないと説明できないみたいよ。

量子力学って難しい。私、何度か今まで挑戦したけど、私レベルの人間が理解できるように優しく解説されている本ってなかなかないんだ。今のところ、こんな程度が精一杯。これはまだ分かりやすい例なんだけれど、もう、全然ついていけない説とか出てくると楽しめないから悔しいんだーー。

ものすごーーい、小難しい話しになってごめん。
私ってやっぱり、オタッキーだ。


naonardo at 07:50|この記事のURL

おもしろーーー   おじ

だ・さん、けーさん、イヤイヤ楽しいなぁ〜。
みんな感じ方、考え方それぞれで面白いなー。
なんか、いいねぇ、こういうの。

だ・さんの無に帰る論もなんか四次元チックな感じで面白いわぁ〜。
ケーさんの意見も、とてもケーさんらしくてなんか読んでいて嬉しくなりました。

私も占いって単なる統計学だと思ってた。占いの先生の中でにもそう言う人も多いから。でも、今は違うって思うようになった。占いって宇宙物理の法則に乗っ取った、古代から研究された検査法だって今は思うようになったです。
私は東洋医学というものをそれなりに信用していて、もちろん名医も藪も居るけれど、それなりの理屈がちゃんとある。機械で見えない検査できなくても、考え方と法則みたいなモノがちゃんとある。だから信用してた。

そしたら、占いってやつも、その同じ法則を使っていたりするんだもん。それで結果を伴うのであれば・・何かしらそこにはやっぱり科学的にはまだ証明されてないけど何かしらの法則があるんだろうっては思うようになった。
陰陽五行ってやつ。奥が深いでぇ〜。

「無くしてしまった携帯電話は出てきますか?」っていう占いで「東南の方向の道路かどこかで落として、何月何日に見つかるでしょう」っていう占い結果が出て、××という街に行った時(東南の街)タクシーに忘れた事を思い出して、言われたその日に見つかりました。みたいな結果は、統計とかじゃどうにもならないと思うんだよね。

「夫婦の事で・・」って占えば、アナタは今ダンナさんとは口論が多いです。あなたは別の密会君とつき合っていますが、官鬼の所に妻財が隠れて現れているので、ダンナさんにも密会嬢が居ます。世爻に玄武が来ているので、あなたが淫乱なのが元々の事の始まりでしょう。夫婦の縁が強いのでしばらくは別れられませんが、エネルギーの増す寅の月には別れられるでしょう。判断通りでした。

みたいなのなんだものーーー
ねーねー、面白くない?ねーねー。

まー、信じる信じないは、別にいいのだけれど、私がこれにハマってる理由は、これが科学的に証明されようと研究されている材料だからなんだ。


だ・さんの言うように、Aという運命があってそれをBに変更した場合、元々のAが変わったのだという事を実験して証明してみせる事は不可能なのはその通りなんだけど、でも、「実験で証明不可能だから、AがBに変わったとは言い切れない」と言う意見が出るのは、占いっていうものが、「なぜ、そういう答えが出るのか?」ていう所で理論的に解明されていないから。。。だと思うわけよ。

最近、そういう事が科学で解明されようとしてるんだよね。高い確率の実験結果と、辻褄の合う理論(方程式)が構築されて再現性を伴えば、AからBに変わる運命の変更は実験のやりようがなくても、理論的に受け入れられる事はあり得ると思う。

だってアインシュタインの相対性理論なんか光の速さで旅行したら歳を取るのが遅くなるとか、ブラックホールの入り口周辺では時間が止まっているとか、そんな実験不可能な事ばかりだもの。でも理論的には正しいって事になってる。

彼が実際に実験で証明して見せたのは、太陽の向こう側にある、本来は角度的に見えないはずの星が、日食の時に見えてしまう事で、重力による空間がの曲がりを証明してみせたっていうのだと思ったけど。。その同じ理論でブラックホールだのなんだの、実験不可能な事も全て理論的には説明可能であるという事になってるわけなので。

この占いを知らないと、その研究の途中の話しについていけないんだ。それらを色々考えて突き詰めていくと・・

【恐らく運命の波動は横波でなく縦波で、有限である時間の未来の壁から跳ね返った波動と、過去のビッグバンからの波が重なりあうその波動が、決まった運命を作り出していて、過去からの波動は変更しようがないが、未来か飛んでくる波形は変更可能なので、その波を揺らしてやる事により未来を変更出来る。】

みたいな理論が展開されたりするんだよ。正直、結構ついていくのが難しい。
それと、物理学の最先端である量子力学とかが絡んできて、面白いけど、ほんとに理解するのが難しい。


だけど、だけど、めっちゃ楽しみなんだよねー。こういうのが解き明かされる時が来るのが。。たぶんそんな遠くない未来に地動説に匹敵する位のびっくりな事が科学的に分かる時が来そうな感じなんだもん。

んな事になっらたあなた、反論も拒否反応も、半端じゃないと思うのよね。もの凄い事になりそうだ。ガリレオみたいに犯罪人にまではさすがにされなくても、でもやっぱりキチガイ呼ばわりされるだろうし、今もたぶん、されている、人も居る。
いわゆる・トンデモ科学っていう分類にされて・・。
だけど、科学者なんてみな頭おかしいもんね。
そんな事やってどーすんの?みたいな馬鹿な実験を100回も1000回も繰り返して、みんなが考えもしなかった事を発見するのが仕事・・っていうか興味なんだろうけれど。。好奇心のパワーって凄いなぁって思うなぁ。


というワケで、私の話は、情緒もクソもないなぁ。だ・さん、ケーサンの書き込みみたいに、ちっともこう心に優しくないっていうか、、気持ちの良い感覚をぶち壊すようだったら、ごめんねー。ごめんねー。
私にとっては血湧き、肉躍る感覚なんだけどねぇ〜。


そうだ!
よく言われている、「想いは実現する」みたいなの。
この占い研究してる人は色んな実験しててさー、この実験が面白しかったんだ。
トランプで「ダイヤよ出ろ!」という願望がどれくらい実現するか、色々条件を変えて実験すると、本来25%であるはずの確率を90%を超える確率まで高める事ができたんだよ。ダイヤを出ろ!と念じたトランプは、そのトランプを他の部屋で違う人間がやっても、ダイヤが出やすいトランプに育っているっていう面白い結果になったの。

真新しいトランプを何個も使って、何回も何回も実験してた結果だから信憑性ある。

ちなみに、「ダイヤよ出るな!」という願望も同じ位の確率で「ダイヤが出てしまう」トランプに育ってしまう結果が出て、実験者も驚いていた。

だから嫌な事が起こりませんように、起こりませんように、ってやってると、起こってしまう。。っていう・・
怖いよねぇ〜。

だから、願い事をいつも思って紙に書いて置いておくっていうのは、本当に力があるんだと思うよね。やらないと損だー。


naonardo at 06:05|この記事のURL

2008年01月10日

やっちゃった  ず

新年の挨拶で、ダイエット目標5キロ減を掲げていたのは私です。
新年早々、マヌケなことしちゃいました。

みんなが人間的な成長を目標にしている中、十年一日のごとく、私の目標はダイエット……なんだかねー。(;^_^A


okirakumadam at 12:37|この記事のURL
Archives