2011年10月

2011年10月31日

こんにちは    ケー

 ジーちゃん巡り 完了ですっ。

 ずっと前まるちゃんが「兄弟はいないと思った方がラク・・」的なことを書いてくれてたと思うんだけど その通り。ほんとに気の持ちよう一つだよねえ。

 妹にも助けてもらおう、大変さを分かち合ってもらいたい、なんとか分かってくれるように説得できるんじゃないか、などと思ってたのは 根本的に考え方が間違ってたと思う。

 肝すえちゃうと じーちゃん巡りだって、なんてことないのであった。ああ、アホらしいことを何年もしてたもんだ、自分。まあ、じーちゃんが弱ってきたし 妹も口出ししなくなったってのも大きいけど。

 兄弟がいようがいまいが 自分ができる事をするだけだもんね。自分の能力以上に父になんとか充実した生活をさせてあげたいっていう、私の煩悩みたいなものが私自身の首をしめていたんだと思うの。私ができるだけの事ことをして、それでも父には不足というなら それは父自身が耐えるべきものであって そこを妹に埋めて欲しいと思ってしまったのは、私が間違ってた。

 それに気づいたのは父や妹のお蔭と言えばお蔭です。まあ、妹もちょっとは父のことをしてもいいとは思うけど それはもう、父と妹の関係であって 私には関係ない。事務的な仕事はもう、兄弟はいないと思って私がやるから 妹は妹で自分にできるだけの事をやったらいいと思う。

 今回習得した考え方はいろんな所で応用できそうで すごく役に立つと思うわ。今頃になってこんな簡単なこと習得したって自慢にゃならんだろうけど。

 父や妹とのこざこざや母の病気は 私にいろんなことを考えさせてくれたなあとしみじみ思うよ。他の人なら最初っからわかっているようなことでも 私にはなかなか理解できなかったり 理解できてもあきらめきれなかったりしたもん。

 特に母の病気が大きかったかな。子どもの頃には母ってお嬢ちゃんっぽくて私には頼りない人に見えていたけど 病気になってからの母は身を持って私にいろんなことを教えてくれたね。母の病気は、本人は辛かったろうけど 私にはとても意味のあることだったと思う。

 そしてそのうち 今度は私が身を持って子供らに何かを教える時が来るかもです。「酒ばっかり飲んで 頼りない母だったけど 死ぬ前何年間か、身を持っていろんなことを考えさせてくれた」なんて思ってもらえる時が来るかもよ。辛いことでも子供らのお役に立てると思えば少し救われるというものです。


 まあ、これからもいろんなことがあるだろうけど その度に毒づいて、ググッとビール飲んで、なんとかやっていけますように。神様、よろぴくです。

 



 

okirakumadam at 16:25|この記事のURL

おはよー。  byたー

あっという間に月曜日。でも今週は木曜が休みだもんね。わーい。今月はも一回祝日あるけど、よりによって水曜日。めっちゃ損した気分。月曜ばっかりも困るけど、水曜はもっと困る。あと、土曜もね。土曜に重なったときは月曜が振替休日になるようにしてほしいなあ・・・。祝日を月曜に移動させるよりそっちがありがたい。成人の日なんかは、実家を離れて暮らしてる新成人たちが帰省しやすいようにって理由で月曜になったらしいけど、それなら日曜を成人の日にして月曜を休みにしないと、月曜に成人式やられたら結局その日に移動しないかんやんねえ・・・。なーんて、そんな単純な話じゃないのかな。まあ要は、もっと休みが増えてほしいだけなんだけど。

けーちゃん、けータローくんは、確かな信念を持って志望校決められそうだよね。親はただお金さえ準備すればいいはず。どこに行きたいか決められないよりずっとありがたいよ。三者面談は、必ずしも全員必要とは限らないだろうけど、とりあえず全員召集されるから面倒だね。

後期に入ってタローの授業が2時限目からとか午後からとかが増えて、私の一人時間が侵食されつつある。いるから特に邪魔ってほどでもないけど(誰かさんと違って)、でもすっかり自分ひとりのつもりが、いきなり洗面所から音がしたりしてビックリすることもしばしば。「うわあ、まだいたんだ」って。今朝もやっと出て行ったと思ったら、体操服忘れたっ戻ってきた。あーもう、2時間目も間に合わんやん。ったく、いいかげんしっかりしてくれよぉ。

おっといかんいかん、買い物行かなきゃ。今夜のメニューも決まってないし・・・。なんかラクで豪華に見えるやつないかなあ・・・。 たー

okirakumadam at 09:55|この記事のURL

2011年10月29日

お疲れ〜     ケー

 高校の2年進級時のクラス替えの説明を受けてきた。お疲れでした〜私。

 タローの進路は・・・・もうタローが自分で決めたらええわ。私立の大学に行くなら じーちゃんがお金出してくれるって言ったもーん(ほんとかな?)。説明聞いてもよく分かんないし、面倒だしね。親が理解したからって 親の思ってる道には行かんやろー。先生よろぴく。

 お金のことは都合がつきそうだし(じーちゃん、ほんとにほんと?一抹の不安・・まあ、なんとかなるやろ。たぶん)あとは自分がガンバレ タロー。

 一週間後くらいに塾の3者面談があるが・・・塾ももうやめたらいいんでは???なんかもう・・・・メンドイ。

 PTAの説明会とか3者懇談だとか そういうのがある度に 自分のことでもないのになんでこんなこと聞かないかんのか、とアホらしくなって、投げやりになっちゃう私です。

 今日は焼肉を食べに行きます。そしてまたいっぱいビールを飲むことでしょう。はああああ、疲れたわ。アホらし。

okirakumadam at 15:17|この記事のURL

2011年10月28日

おはよ〜。 byたー

けーちゃん、ほんと腹たつよねえ。タローくんが忘れていったことよりも、「お昼に自分で食べればいいやん」なんて軽々しくのたまうご主人のほうにね。弁当いらんなら、あと20分は長く寝られるんだよ、こっちは。その20分は2時間くらいの価値があるんだよっ。

やれやれようやく金曜日。今日がんばれば明日休み〜♪・・・のはずだけど、娘が模試で弁当だ。あーあ、せっかく仕事入ってないのに。模試は平日にやってほしいなあ。全国模試だとそうはいかんのやろうけどさ、義務教育じゃないんだからなんとかならんのかな。母は寝坊したいぞよ。

さてと、掃除して買い物行くか・・。 たー

okirakumadam at 09:31|この記事のURL

お弁当!!!      ケー

 キーッ!!!タローがお弁当忘れていきやがった!!

 夫が「いいやん、お昼に自分で食べたら」とか言うのが余計に腹がたつ。違うのっ。そういうことじゃないのよっ。お弁当を早朝作るってことがどういうことか 死ぬまで分からないのよ、作ってもらう側は。

 お昼に食べたらいいだなんて!!言語道断。第一、お昼に家でこんな不味い冷えたお弁当なんか食べたくないしっ。そんな勇気ないしっ!!私は毎日お昼はホカホカのものを食べることにしてるのっ。

 まったくぅ。おかずの段だけ冷蔵庫に入れといて 明日そのまま持たせたろかっ!!さらに不味いよ。ふんっ。

okirakumadam at 08:05|この記事のURL

2011年10月27日

そのとおり。    ケー

 おじさん、その通りです。そのアニメのお母さんと私 おんなじ気持ちですよ。私の場合はアニメじゃないから やらないけど。(我慢してる)。

 中1の時 お弁当を忘れて出てるから 急いでお弁当をつかみ 息子の後ろ姿に「タロちゃーん、タロちゃーん ほらぁお弁当!!」って叫んだら「もう・・・・タロちゃんって呼ばんで!」と怒られたことを思い出します。・・・・・・だって、ずうううっと「タロちゃん」だったのにぃ。「あの頃の私たちにはもう戻れない」・・・確かにそのとおりだねえ。

 後ろでインコちゃんが「ヨイショ ヨイショ アア、ヨイショヨイショ」って言ってます。時々「オリコー」って言ってる気もする。たまに「フッハッハッハ」って笑い声みたいなのも混ざる時もあるような・・・・。ほったらかしてる時ほど ごちょごちょと人間っぽい声を出すのよ。

 さてー 今日も頑張りましょう。晩御飯はたぶんカレー。

okirakumadam at 08:18|この記事のURL

2011年10月26日

おじさん  

今日、君と僕とかいう、高校生の男の子の学園生活のアニメを見てたら、まさにケーさん・たーさんらはこんな心境なのね的なシーンがあって大笑いしました。

風邪引いて寝込んでる息子を友達数人が見舞いに来て、お母さんがジュースを人数分+1持って部屋にやってくるんだ。で「一人分多いけど・・」と誰かがいうと、「それは私の分よ」とお母さん。

息子「ここで飲む気かよ!」
母 「だって、〇〇ちゃんとゆっくり話す機会なんかないもの。最近は手も繋いでくれなくなっちゃったし」
息子「何年もやっていない事を言うときに「最近」とは言わない・・」
母 「前は、あんなに、スキスキ言ってくれたじゃないの、もうスキじゃないの?もうあの頃の私たちには戻れないのー? おーーーいおいおい(泣)・・・」

息子(頭を抱える)

母 「あ! お母さん、買い物行かなくちゃだったワ。じゃ!」

みたいな・・・(笑)こういう心境なのをひたすら心の奥にしまって日々生活しているのだよね?? あー、息子よぉぉぉ。

たーさんタローの一言は、「来て欲しくない」というよりは「来たとしたって、勤まらんよ」くらいな感じの余裕な発言に聞こえたよ。「あなたの想像してるより遥かにキツイ仕事ですよ」的な・・。なーんか大っっ人ぁ〜〜。かっこええな、たータロー。

ケーさんのお父さんの白髪の話。。切ないぜぇぇ!! 妻が亡くなり、一人髪を染めるも肩が上がらず後ろが染められない・・・それだけでも切ないのに、そこで娘が「お父さん、今度私が染めてあげる!」ってちょっとウルって来る所に・・・ばーちゃんそりゃないぜよぉぉぉ!! 可笑しいけど、可笑しいけど、、あぁぁぁ、おとーーーーーーーさんっ!!  ばーちゃん、ひーーーどすーーぎーーるぅぅぅぅ(笑)、本人大真面目にのたまった所がまた・・・後ろだけ白い毛の苦笑いお父さん。。あー切なっ。おもろいね、旦那さんのばーちゃん。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
酷いと言えば・・・今週の銀さんも酷すぎた。いや、おもろかったけど。なんか、もうとんでもない事になってたもの。キライじゃないけど、笑ったけどぉぉぉー。

来週からは、連続で桂とエリザベスの話だわん。でも放送まであと5日って所でダメ出し食らって戻されて、下ネタじゃないのにダメ出しだなんて、と監督嘆いていた。一体どんな話なんだ? こないだみたいに結局放送出来ずに急遽作り替えとかだったら嫌だぞーー。なんとかピー音、モザイクで切り抜けてくだされー。桂の話見たいぞーー!!

okirakumadam at 23:07|この記事のURL

アハハ〜〜♪  byたー

「つい最近まで(20年くらい前まで)」に大笑い。いやほんと、最近つくづくそう思うよ。ついこないだまで「まま〜、ウンチ出た〜、拭いて〜」だったよ、ウチも。

けーちゃん、タローは私の身体を気遣ってくれたんじゃなくて、「今止めとかんとマジで来そうでコワイ」だったと思うよ。だって、タローの時給の話オットにしたら「へー、よかやんか。かーちゃんもタローと一緒にそこにしたら?」「そうよねえ、ほんと。そしたら雨でもクルマで行けるしさ。一緒に行って一緒に帰ってくればいいやねえ?(はぁと)」「そうさ」。こんな具合だから、タローがこの親ならほんとに来かねないと本気でビビっても不思議じゃないのである。

けーちゃんのお姑さん、さすが豪快やねえ。こりゃ笑えるわ。実際自分の白髪がどうとか、他人はそんなの大して見てないんだもんねえ。気にしてるのは自分だけ。だから前だけきれいならばそれで十分。その通りやねえ、アハハ。しかし、こういうことをポンポン言える人って、なんでも本音で裏表がなさそうだから、最初はびっくりするだろうけど慣れると案外やりやすいかもねえ。私は自信ないけど。

さてと、もうお昼かあ。外回り行ったらあっという間だなあ。 たー


okirakumadam at 12:02|この記事のURL

なんだかきゅーん    ケー

 たーちゃん、私も息子に「やめときゃあ、死ぬよ」なんて言われてみたい。なんだか きゅーん。

 「ママ見て、ママやって」って言ってたのが みるみるうちに身長も腕力も自分を追い越し 過酷な労働は母には無理だとたしなめてくれる息子!きゃっはーん!こういう所が男の子のたまらん所と思います。

 息子が結婚したらヨメが憎たらしいのもうなづけるよ。だってこないだまで子供だった可愛い息子に あれせえこれせえ言うんだもんねえ。「うちの子はつい最近まで(20年くらい前)暗い部屋で寝たら怖い夢みるかもって、暗いのが怖かった子なのに なんですか○子さん、暗い夜道に一人で買い物に行かせるなんて!」とかさ。口には出さねど 心で毒づきそうだよ、あたしゃ。


 あ、それと全然関係ないけど 聞いて。じーちゃんの所へばーちゃんを連れて行くときばーちゃんがベラベラ話しているのを聞いてて思い出したことがあるの。

 あのねー 私の母が亡くなって 父と夫の両親と一緒に会食したことがあるんよ。その時父が白髪を染めてきてね「妻が生きてる時は 髪を染めようっていう気も起らなかったけど 昨日思い立って 久しぶりに髪を染めてみた。けど肩が痛いので後ろは自分では染められなかった」って言ったの。で、私が「今度私が後ろも染めてあげるよ」とかって言ってたらさ、ばーちゃんが 「よかじゃなかですか、後ろは。自分で鏡見て ひとりでいい気分になっとれば」って言い放ったのよ。

 私ら 爆笑やったよ。父も苦笑い。ばーちゃんだけなんでみんなが笑ってるか分からず、平然とご飯食べてた。すっかり忘れてたけど 思い出すと可笑しくてたまらないのよ〜。「ひとりでいい気分になっとれば」って・・・すごくない?

okirakumadam at 08:23|この記事のURL

2011年10月25日

ああ、よく働いたよ〜     ケー

 オリーブ よく植わってるよ。強いし、大き目の鉢に植えてても実が着いたって。うちは例によって地植えだから一度も水なんかやったことないのに、実までつけて・・・・エライエライ、オリーブ。

 さて、私は今日よく働いて ほんとにお利口だったね。・・・まだ夕食関係がまるっと残ってるんだけど。

 そして たーちゃん、私も あれだけお世話になったのだからお姉さんも今こそ恩返ししたらいいんでは・・とかちらっと思うよ。じーちゃんがどれだけ物質的にも精神的にも身を粉にして孫たちのために頑張ってきたかと思うとさ。じーちゃんは見返りを求めてつくしてきたわけじゃないだろうけど。

 そして根拠はないけど 育児で親に世話になった人は 世話になりっぱなしで 介護はしないんじゃないかという気もするね。

 まあ、結局、人は人だもんね。それぞれが自分にできる事をできる時にできる範囲でやるだけでんす。

 
  

 

okirakumadam at 17:13|この記事のURL
Archives