2015年09月

2015年09月29日

お帰り〜、けーちゃん、だ。

お疲れ様でした。
会社の寮には何年いたんだっけ? 一つ屋根の下に暮らしたってところが、ちょびっとうらやましいです。私ったら、さっさとこっちに帰ってしまったくせにねぇ。
同じ時間と場所を何年間かともにしたっていうのは、また不思議な感覚があるよね。私も学生生活のメインはサークルだったんだけど、それでも夏に学部のクラス同窓会のときには郷愁を感じてしまって胸が締め付けられたもの。おそらくクラスとは直接の関係ない思い出も溢れ出して来たからだと思うんだけど。
「懐かしいねぇ。また会おうねー!」って、学生の頃にサヨナラしたように別れたんだけど、生きてる間にあと何回会えるかな・・・。あれが卒業してから最初で最後の機会の人もいたかもねとか思う。

さらに、けーちゃん、育児と育自が一区切りついたことを自覚しちゃってしまう旅だったね。たった一年半前に一人暮らしを始めさせてホッとしたばつかりだつたのに、もういろいろ心配して何かやってあげるのも終わりだねぇ(除く:金銭面)
何もかも終わってみればあっという間だ!!

あぁ、終わったんだーって、ため息がつけるのは幸せなのかもね。




okirakumadam at 22:05|この記事のURL

やれやれ疲れた     9

 東京、神奈川2泊3日の旅、帰ってきました〜。会社の寮のみんなは全然変わってなくて、ほんとに楽しい1日が過ごせた。一番太ったのは私かもしれないな。体型も皆さん変わりなく、あれから30年近く経ったとは思えなかった。それでもそれぞれ子供も大きくなり、独身だった頃と比べて人生経験に深みがでてきたことは間違いないと思った。

 しかし、その頃の役割や立ち位置は変わっていなくて、しっかり者はしっかり者のままだし、私の様な呑気者は呑気者のままだったわ。そして一つ屋根の下に暮らしたもの特有の信頼感のようなもの、大変心強かった。

 それからQ太郎のお部屋探し、これはほんとに疲れた。そしてつくづく思った。もう、決して、Q太郎と私は一緒には暮らせない。口出しもすべきでない。たま〜に短い時間会うだけで Q太郎が元気に暮らしていることが分かるだけで十分。それがお互いの幸せだと思う。

 何を決めるにしても Q太郎一人で十分判断できる。本当はそれはよく考えれば分かっていたことだ。もう彼に私は必要がない。いやむしろ不要というよりも いろいろと考え合わせると邪魔なものだということ。

 もちろんQ太郎からそのようなことを言われたわけではない。帰りに夕ご飯代と言って1000円渡すと「おっ助かります」などと可愛いこともいってくれたし、部屋探ししてくれてありがとうとラインも来たし、本人が私を邪魔な存在だと思ってる様子は全く無かったんだけれど・・・・私にはちゃんと理解できた。そこを理解することが 私の親としての最後の役目かもしれない。

 頭ではちゃんと分かったけれど 心の方が寂しさ故にそれを認めたくない気持ちがあるなあ。しかしある意味、ほっとした。本当に終わったんだ。これは長患いだった母が亡くなった時の気持ちに若干似ている。それぞれの子供で 終わるタイミングは違うと思う。そしてもう、Q太郎の場合は終わっていたんだ。
 

 あとP子一人。あと2年。いつまでも成人した子供を生きがいにしてちゃいけないんだな。それが分かった、この2泊3日の旅だったわ。

 そしてこの2年が終わった後、自分はどうしていくんだろうな。もう何ひとつ子供のせいには できないんだものなあ。

okirakumadam at 16:47|この記事のURL

2015年09月26日

そっかあ・・。  byたー

やっぱり同じ女の子でもそんなに違うのね。長子というのは、親にとっても何もかもが初めてで子育てに余裕がないので、概ね慎重であまり大胆なことはしない感じに育ち、第二子以降は、親も慣れていろいろ適当になるので、のびのびと奔放に育つって誰かが言ってたけど、ウチの場合はこれに当てはまるのかなあ・・。その上に男女の違いが加わって、ほんま、タローとハナコは男女が逆転してればよかったのにと思うわ。でも、9ちゃんところやまるちゃんところは、タローくんたちどちらも社交的でチャレンジャーよね。やっぱ遺伝なのかな?

さて、明日はいよいよオットが出張から帰宅しやす(確か明日だったと思う)。掃除も料理もおもっきりラクしてたので、あとがキツイわあ(><)。 たー

okirakumadam at 19:09|この記事のURL

2015年09月25日

うちも、うちも、だ!

壁蹴り、末っ子がやってもあんまりダメージ受けないけど、「あぁ、めんどくさい、またご機嫌ななめだ」って思うくらい。
次女はメソメソ泣いて、三女は声が低くなって部屋にこもるんだ。
でも長女が何かものにあたったりすると心臓バクバクなってどう対応したらいいかパニック。
何でかしら?
「ママは長女ちゃんにものすごく気を使ってるし、ちょっと優しくされたらすごく喜ぶ」って他の三人に言われるの。4歳で妹三人もできちゃったからあんまり構ってあげられなくて、いや全然抱っこもしてなくて、で、その頃はものすごく物わかりがよくて我慢してたんだと思うと今でも涙が滲んでくるから、甘々で対応してしまう。三歳の頃にもっと心を寄せてあげればよかったんだけど。


okirakumadam at 17:57|この記事のURL

おはよー。   byたー

繊細だけど、だからこそのユーモアと知性・・・いやあ、お世辞でもウレシイ(><)。知性なんて、人並みにすらなさそうだけど・・。でもせっかくだから真に受けて喜んでおこうっと。ありがと、9ちゃん。

HDをSSD・・・次やるならコレって言ってた。昨日は電源ボックスを容量の少し大きいのに、あとCPUを一つランク上のに入れ替え。あたしゃ、部品を持つという役目で手伝ったが、見てて気が遠くなりそうだった。おじさんはこういうのよくやってたよねえ。いやースゴイわ。あと、ベースのピックアップ入れ替えもやってた。ハンダをまともに使うのは初めてだったようだが、PCに比べればラクなもんだってさ。しかし今日は一転、ずっとゲームばっかりやっている。ベース弾けよぉ、せっかくピックアップ替えたのに。まあ、こっちが思うようには動いてくれんよな。

壁の穴・・・そうやってみんな、反抗期を経て自立していくんよねえ・・。ウチは、物にあたるということがあまりなかったので、そういう行動をされるとビビっちゃって。壁に穴はないけど、パソコンのキーボードが一つ犠牲に・・。こういうとき、ビビり過ぎずにド〜ンと構えられる強さが欲しい。同じことを言ったりやったりしても、ハナコなら大丈夫と思えるのに、タローだとなんでこんなに心配なんだろうって。いや〜ほんま、修行は続きますな。

さて、今日は結構な雨。この雨があがったら、本格的な秋かな。今年は秋が長いといいな。 たー

okirakumadam at 08:39|この記事のURL

2015年09月24日

あらぁ〜、だ。

うちには娘しかいないけど、末っ子のベッドの横の壁に蹴破った穴があいているわよ〜。
高校一年のとき、何もかも楽しいけど勉強はきついし、部活ではまだ手を抜くことができないし、眠くて眠くてたまらないのに、私に小言を言われてどうにもならなくて蹴ったみたい。記念にとってます。
そんな末っ子も家を出てからすっかり丸くなったと、三女としみじみしてますわ。

ところで、たーたろう、自分のパソコンをチヤチヤットいじるなんて素敵!
私のおっそ〜いダイナブックも、HDDをSSDに換装してほしい。意味はわからんけど、そうするとめっちゃ体感が早くなるらしい。
娘達のVAIOやMacエアに比べるとカメのように遅いのよ。まぁ、値段も半分以下だけど。やっぱり値段って出した分だけ違うわねぇ。


okirakumadam at 22:00|この記事のURL

シルバーウィーク終わり     9

 たーちゃん、シルバーウィークの帰省、お疲れ様でした。実家が遠いとやはりなんやかやと大変だね。一番親元に近いのは妹さんかな?

 たー太郎いよいよ秋季が始まって、うまいこといけばいいね。生まれつきの繊細さはあるのかもしれないけれど それだからこそのユーモアだとか知性だとかもすごく感じる。とにかく良かったのは たー太郎のお母さんがたーちゃんだったってこと。

 うちは3歳まで行動が滅茶苦茶すぎて 死なさないようにするだけでこっちが死にそうだった。中学高校で家に帰ってこないなんて話も聞くし、甥っ子らは思春期に自宅の壁を蹴って穴を開けてるしね。息子に胸倉つかまれてつるされた話も友達から聞いたよ。やっぱり男の子って 難しいと思う。難しいからこそまた なんだかものすごく大事なんだけど。

 一方 女の子の安心感といったら そりゃもう心強くて、そして親も過大な期待もせず、「そのうち結婚して子供産んでもらいたいなあ」くらいなもんです。しかし大人になって 結婚が叶わなかった時 親はあたふた、死ぬまで心配らしい。結婚さえすりゃ幸せでいっちょ上がりってわけでもなく、娘の 夫や姑などの悩みはそのまま母親である自分の悩みになるのかもしれないね。

 お弁当作りはあと2年で終わるけど その後も親はなんだかんだであたふたしていくんだろうなあ。幸せかどうかは子供の有無に関わらず自分の生き方次第だと思うけど、子供がいると間違いなく一生騒々しい。それだけは言える。

okirakumadam at 08:11|この記事のURL

2015年09月23日

お久しぶりです〜。  byたー

シルバーウィークも最終日ですねえ。オットがまるっと出張だったのだが、あたしゃまた実家に帰っていたり、同じ日にタローとハナコは一泊でトーキョー行ってたりと、家のことは何もできずに終わりました。ダンシャリも一向にすすみません。9ちゃんの、「親ががんばらないと子供は無事育たない、がんばっても無事育たないことも」ってくだりに、心底同感。ウチのおぼっちゃまも頭痛のタネ続行中。カノジョの一人でもできると違うんだろうけどねえ・・。誰かゲーム好きで音楽好き、かつ、ハナコおすすめの「腐」な女子、タローをもらってくれんかのぅ・・・。

あ、そうそう、P子ちゃんの進路の件、ゲーム会社なら学部問わず応募可能なんじゃないかしらねえ。ええとどこだったけな、セガだったかな、前調べたときそうだったよ。理系の職業全部が数学脳必要としてるわけじゃないと思うけど、なにせ受験突破しなきゃいかんからねえ。悩ましいよねえ。数学の分を理科や英語でカバーできるならいけるかもしれんけど。しかし、ベンキョーしなくても国語と英語ができるとは、スバラシイじゃないの。国語はやっぱり基礎だし、英語はどの世界入ってもできるに越したことはないしねえ。数学なんて受験の時以外、ほぼ要らんもんねえ・・。

あ、タロー帰ってきた。自分のパソコンのCPU入れ替えるんだってさ。まあなんでも、やることがあったほうがいいからね。ハナコは昨日トーキョーから帰ってきたのに今日はもう朝からバイト。予定をギチギチにつめちゃうあたり、オットにそっくり。あたしゃ絶対翌日はあけとくもんなあ・・。 たー

okirakumadam at 15:58|この記事のURL

あったわよぅ       9

 そりゃ、いっぱい良い物があったわよぅ!!例の 絵の具チューブ型の筆入れ(キャップが鉛筆削りになってるとこがいいのよ!でも鉛筆は使わないけどね!)とか、猫草みたいなフェイクの草が植わってる鉛筆立て(2〜3本しか立てられない!)とか、バナナそっくりな小物入れ(老眼鏡を入れるのにいいわよ、でもふにゃふにゃだからメガネ折れるかもね)とか、耳の所が苺の形になってるイヤホンとか(耳の所は丸い方がおさまりいいって!)とか、スタンプ(これは使うかもしれない、いつか、どこかに押印するかも!)とかーーーーー。

 楽しかったよ。

 だやんもIKEA頑張ってー。旦那さんに運転してもらえばいいじゃん。だやんが誘えばきっと喜んで運転手してくれるよ。

 私は今週末からトーキョーに行って つつじが丘寮のOG会!楽しみです。ついでにQ太郎のアパートも探してくるよ。新子安あたりか、今住んでる近くのブルーライン沿線がいいのでは・・とか思ってるの。今の寮は羽田から京急で一本だからやっぱり便利なんだよ。

okirakumadam at 14:29|この記事のURL

2015年09月22日

あ〜、けーちゃん!!、だ。

買っちゃったんだねぇ。 何かましなものはあったかしら? 
フライングタイガーで雑貨を買う っていうのが目的だっただろうから、達成してよかったね!

私もソファーを買おうかと迷ってる。犬がいるから数年したら捨てても惜しくないのをさがしてる。無印のはもう買いたくないしナフコやニトリはいまいちたったから、イケアに行くかな〜と考えてるんぁけど、遠いわあ。30代だったら子ども4人ゾロゾロ連れて行く元気があったけど、今じゃ平日一人でも高速2つ分の距離が果てしなく遠いわ、気分的に。あと健康に生きていけるのも20年くらいかな〜とおもったら買わなくてもいいかぁとも思ってる。とにかく処分が面倒だからね。
さてさて、シルバーウィークが終わったら、また断捨離とダイエット(ヨガ)にはげむわよ! 先日ワンピース着たときに背中のファスナーに意外と簡単に手が届いたの。ちょっと効果がでてるのかしら?関節が柔らかいと痛いことが減るわね。がんばる!!

okirakumadam at 21:52|この記事のURL
Archives