2015年11月

2015年11月27日

おはよう〜、だ。ヽ(^。^)丿

今日は朝から気分いいで〜す。
昨日は低調でごめんなさい。
今朝のテンション高い理由は、去年までのダウンジャケットが袖や胸のあたりに余裕があったから。腕を動かしても突っ張らないし、前ポケットに手を入れてもお腹にあたらない。あぁ、嬉しい!!
体重は三キロくらい減ったけど、それ以上にむくみがなくなったおかげではないかと思ってます。
肩こりもほとんどなくなったので、以前は美容室でのマッサージが至福の時だったのに、最近はマッサージなくてもいいかなって感じ。膝もいつの間にか痛くないし、右腰の痛みも減ってきた。
これまで何千円か出してリフレクソロジーとか行ってたけど、やっぱり外部からほぐすよりも内部から変えた方が効果的なんだと実感してます。普段の生活で体のどこかが痛くないって、ほんとに幸せ!!

テンション下がるときも上がるときも些細なことでお恥ずかしい限りです。(^_^;

okirakumadam at 07:46|この記事のURL

2015年11月26日

おはよう〜、だ。

痒みとか目が乾くとか老眼とか五十肩とか腰が痛い膝が痛い・・・あぁ、食べるのに困らなくて住む家も確保してるなら、あとは健康な体があればいいよね。年取るほど実感する。そろそろ年賀状出せませんのハガキが届いてるけど、今年から親や祖父母ではなく兄弟姉妹が亡くなったという知らせが来てる。年が離れてると60代もありだから、そんな世代になったんだよね。
年取るってことにいい面も感じてることがあって、欲が薄くなっていく。見栄もはる必要ない。50過ぎのおばちゃんなんか誰も気にしてないもの。精神的には楽になれるけど、でもときどきどうしようもなくやる気が無くなって、消えてしまいたいことがあるんだ。どこかに行ってしまいたいじゃないの。それすらめんどくさい。跡形もなく消えたい。自分関連のものは全て処分してね。もしかして、これは空きの巣症候群 だろうか。今まではとりあえず何か家事とか雑多なことで必要とされてたから頑張ってたけど、もう大人なんだから自分でやれることはやりなさいと放り出しておきながら、残された自分のすべきことかわからなくて放心状態みたいな。
天気か悪いとテンション下がるね。寒いの嫌いだし。あぁ、何かごめん。

okirakumadam at 08:19|この記事のURL

2015年11月25日

おはよ〜。   byたー

目が乾く・・・へええ、ドライアイってやつか。あたしゃ、どっちかというと「身体が痒い」が来たわよ〜。最初はスネ、そして背中とか顔とか。んでもって、9ちゃんのおとうさんじゃないが、白い粉が靴下にたくさん付く。いやああん、老人だああ!・・・って確か去年も同じこと言ってた気が・・。あ、でもね、肌の乾燥が原因ってわかってから、保湿に気をつけるようになったら、若干マシな気がする。白い粉はやっぱり付くが、痒みがだいぶ減った。その代り、このところ膝が痛いのよぅ〜(><)。以前、テニスをやって膝ねじったとき以来だから、10年くらいは膝は大丈夫だったのに、久々に来たわ。しかも今回は原因が今一つわからない。特に膝に負担なことやった覚えないのになあ。冷え・・なのか・・。しかも、温湿布してたら、うっかり低温やけど起しちゃってさ。痒かったからてっきりかぶれたと思って、かぶれの薬塗っても一向に良くならないなあとボヤいたら、ハナコがすぐアイフォンで調べてくれて(便利!)、かぶれじゃなくて低温やけどだとわかったんである。そんで、やけどの薬にかえたら、サクサク良くなりました。ああでも、まだ膝は痛い。サポーターなるものを買ってはめたら若干はマシなのだが。いや、重々わかってるんです、体重落とさなきゃいけないってことはね。

ところで、週末にペンギンズの映画観に行ってきやした。オットとハナコと3人で。ほぼ、小さい子連れのファミリーばかりで、大人だけなんてウチくらいだった。んでもって感想は・・・吹き替えがイマイチ〜〜(><)。NHKであってたTVシリーズと、声優さんはほぼ同じなのに、日本語訳がイマイチなのと、監督のせいか声優さんの演技もTVシリーズとは少し違ってて・・。どうやら、映画とTVシリーズは別物ってことらしいのだが、あまりにもTVの吹き替えがカンペキだったゆえ、かなりの期待はずれだった。でも、映画自体はやはり最高です。DVD持ってるのに画質のためにブルーレイも買って、帰宅してもっぺん口直しに英語で観ました。この映画、NHK版でもっぺん吹き替えやり直してくれんかな。

思えば、刑事コロンボやポアロやジェシカおばさんなどなど、NHKの吹き替えは素晴らしいのがたくさんある。今回、同じ声優さんでも違うと感じたってことは翻訳者なのか、監督なのか、その両方なのかわからんけど、吹き替えの出来・不出来で、面白さも全然違ってくると思うので、そのへんちゃんとしてほしいわあ。

さて、昨日出だったため、今日は休みなんです〜。ウレシイ。天気は悪いけど、皆出払ってるので(タローも、ちょっとずつ研究室に復帰中)、自分時間〜〜♪外回りも済ませたし、ああでも、ハナコが確か2限だけで帰ってくるので、掃除済ませとこうっと。 たー

okirakumadam at 11:05|この記事のURL

2015年11月24日

ああ、目が乾く・・・         9

 最近やたらめったら目が乾くのだが・・・・皆様、いかがお過ごしですか?

 晩御飯の準備完了。あと30分の自由時間。

 あ、そうそう。たーちゃんの言う、「暖簾に腕押し」の人を含むランチ会でさ、私より5歳年上の人が「あのね、教えたげるわ。最初白髪が出るのよ。次に老眼が来たでしょ?その後さ、身体が痒くなるのよ〜。体の内側から湧き上がるような痒みが来るのよ〜。」って言うの。

 身体の痒みなんだってー。白髪と老眼の後は。私は目の乾きも入れてもらいたいので、白髪→老眼→目の乾き→痒みにしてもらいたい〜。いかがでしょう?

 さて、特に何も変わったことが起こらない毎日を過ごす私ですが、今日はステンドの教室で 生徒さんの作品の組み立て。パシっと!パシッと組み立てられて非常に満足です。お家で作品に取り組む時間のある人は 数多く作り出すことができるのだけど 一人でやる分、いろいろとミスが多い。今回の人も家で作業してはちょこちょこと間違い、私も一生懸命頭を捻ってなんとか組立にこぎつけた。それがパシっと決まったので 私は機嫌がいいわけです。ああ、良かった、本当に。何とかなって。

 そして明日は太極拳の忘年会。もう一年たったのか・・。昨年は私がお世話係だったから面倒だったけど 今年は気楽なもんです。昼間から飲んだろかなと思てますぅ。先生も長生きしてくださいね。私の足腰の為にも。

 ああ、目が乾く。目薬さそっと。

okirakumadam at 18:45|この記事のURL

2015年11月19日

おはよ〜〜。  byたー

週末クルマが故障して、初めてJAFを利用しました。ずーっと会費払い続けてきて、ここへきてようやくその恩恵を受けました。しかし、私がJAF呼ぼうと言わなければ、オットは故障したまま行きつけのガソリンスタンドまでなんとか乗っていったに違いないのだ。半年前にそれをやって、危うくエンジン駄目にするところだったのに。オット一人のときじゃなくてよかった。そして私一人のときじゃなくてもっとよかったよ。しかし、そろそろ買い替え時かなあ・・・。今回しっかり修理・点検してもらったはずだけど、次の車検までに探しといたほうがいいかもねえ・・・。・・・と言いながら先延ばしにしてしまいそうだ。

先延ばしと言えば、9ちゃんの例のお知り合い。ああああ、それはもはや、暖簾に腕押しというか糠に釘というか・・。烙印押されるのが怖くて先延ばしにしているだけなのか、ひょっとしたら、息子さん自らがそれを認めて、自分で動き出すのを辛抱強く待っている・・のかもしれんけど、いずれにしても、再び向こうから相談してきたら、とのときはハッキリ言えばよさそうだが、こちらから連絡したり水を向けても、きっと聞く耳持ってないだろうねえ・・。やれやれ、ほんと悩ましいねえ・・。

だやんのダンシャリ・・・いや、すごすぎる。私も、カードの明細はとりあえず引き落としが済むまではとっておき、その後捨てるタイミングを失ってたまってたりするが・・・。いやあ、うちも捨てようっと。ほんと、大して場所とってないからって手をつけてないのもたくさん。そして、ごっつ場所取ってるのに捨てるものもたくさん(−−;)。沢山あり過ぎて萎えそうになるけど、とりあえず大きくても小さくても、要らないものは捨てなきゃね!! たー

okirakumadam at 11:48|この記事のURL

2015年11月18日

4年分!     9

 クレジットカードの明細を4年分も!!保管していたの?すごい。それ用の保管場所を作ってたってこと?びっくりしたよぅ。しかも確認しながら捨てたですと?

 やっぱりちゃんとした主婦は クレジットの明細もしばらくとって置いて、きちんとミスなど無いか確認してから捨てるものなのか・・・。私なんか届いたその日にざっくり目を通して、フムフムこんなに使ったのかと思いつつビリビリ、ポイっと捨てちゃうが・・。いや、なんだかこれじゃいけないんじゃないかとかはちょっと思ったことはあるんだけどね。そう思いながら主婦を25年以上やって来たわね。

 だやん所は着々とダンシャリが進んで素晴らしいことです。私ね 古い通帳がなんとなく捨てられないのよね。たいして場所取るものでもないけど 絶対もう要らないなあと思うんだけどね。

 先日から書き込んでいた障害ギリギリの子のお母さんにメールしてみた。たまたまその人が 私が年末に相談に行く見える人の所に行きたい、相談したいと言っていたから。「どうなった?連絡取れた?最近ラインじゃないと連絡が届かないから 良かったら私が連絡してあげようか?」って。

 そのお母さんはもう7年前に一度その見える人に相談に行っていて、助言をもらったのだけど それでも決断つかず、もう7年もそのままにしていたのだけど この度 適性のある仕事が一つもないという判定が出て もう一度行く気になったらしい。

 私としてはそんな占いなんかで相談してる場合じゃないのでは・・と思ったけれど それがきっかけになって ちゃんと考えたり 私の意見もちょっとは聞いてもらうことができるかもと思ったのだ。

 そして私がそのお母さんに送ったメールは3日たってやっと返信が来た。「ありがとう、あの先生に相談したいことはたくさんある。いつか自分の気持ちが落ち着いたら また連絡をお願いすると思うので その時はよろしくお願いね」と返ってきた。

 私と違って 切羽詰まらない、アタフタしない人なのだけど そういう風にしてまた何年も決断を先延ばしするのだろう。障害についての相談は 私にだけしているんじゃないの。結構いろんな人にしているの。いつもいつも気になってはいるみたいなんだ。でも踏ん切りがつかない。

 実は仕事の適性検査の結果を聞きに行くのも 一ヶ月以上先延ばしにしていて、ある日私と出会った時にいつものように障害の話と この度の適性検査の話をして結果を聞いてないっていうので 私がその場で急がせて「とにかく今連絡を取って結果を聞きに行く日を決めるべきだ、ものすごく合う職業があったかもしれない、もしもあったのなら時間がもったいないから」と言って 「後で電話して予定を決める、電話番号も もうわからない」とそのお母さんが言うのに「いや、ダメダメ、今、ここで電話して日にちを決めないと!!」と言って電話番号を調べて やっと、やっと適正検査の結果を教えてもらう日を決めたの。ちょっと嫌な気持ちにさせたかもしれない。

 日にちが決まればそれをドタキャンするような人ではない。すべてに腰が重いのだ。私も重いが その比ではないほど重い。子供の将来に関することなら 私には最重要事項だもの。

 その障害ギリギリの子のことに関しては 私はとっても歯がゆい。なんで?なんでちゃんと決めてあげないの?とお母さんの肩をつかんで揺さぶりたくなる。

 そんな時 私は妹の言葉を思い出すのだ。「お姉ちゃんはいつも上から目線で、なんでも自分が分かってるような態度で、偉そうに!そうなるって分かってても できない人もいるんだよ!」って言って泣いていた。思い出して、私もちょっと泣きそうになる。ああ・・エラそうだったのか、上から目線だったのか、私はそんな風な態度を取っていたのか、妹はそうしたくても出来なかったのか・・・・って。

 したくても出来ない人に そんな言い方をして 私が本当に悪かったと思う。分かってても出来ない事って たくさんある。今やっとけばいいのに後回しにして自分が苦労するとかね・・・大なり小なり誰にでもあって それでもこれだけはやっとかなきゃいけない、苦しくてもこっちをえらばなきゃいけないと思うラインは 人それぞれだから。

 結局、私は妹から「どうしよう?」と相談されたことに正直に答えては 妹をただ泣かせるだけで 妹は相談はするけど私の意見など何も取り入れず、結局自分の希望とは違う人生を歩んでる。それでいいらしい。そっちの道を選ぶとこんなことになるよ、と言った私の言葉は大概が現実になった。妹の当初の希望とは真反対の人生だ。でも それでいいらしい。そして「それでいいんだよ」と言ってもらいたい、ただ、それだけなんだと思う。何を言われても 今、自分がやりたいようにしかやらない人なら。

 そうして考えると 私以外の友達が言った慰めだけの言葉はあのお母さんにとっては正解だったのかと思う。なんか虚しくて、自分が馬鹿だなあと思うけど もう一回くらいはあのお母さんに私の考えを伝えてみようかと思ってる。妹のことと違って、今回のことは子供の人生のことだから。お母さんだって、当事者じゃないと言う点では私と一緒だもん。

 はあああ。けど、もう1回しか、言わない。

  

okirakumadam at 12:05|この記事のURL

2015年11月17日

おはよう〜、だ。

何かうちのコロチャンが「フグググクゥ〜・・・」って寝言いながら爆睡してます。今日は雨で散歩行けないんで、ラッキーなんだけど、また時間になったらソワソワしだすんだろうなぁ。あぁ、行かなきゃ行かないでめんどくさいです。

P_20151117_080306_LL


先日から4年分のクレジットカードの明細を断捨離してるんだけど、チェックし終わってシュレッダーにかけるときの快感ヽ(^。^)丿
長女、次女が家をでたときにかかった費用とか、家族で食事に行った日とかわかって面白い。
思ったんだけど、断捨離って雑多なモノが片付いて行くのが気持ちいいんだよねぇ。最初からモノのない家に住んでたら何かツマラナソウ。断捨離が終わったら空きの巣症候群みたいになっちゃったりして。断捨離終わるにはまだ数年かかりそうだけど。その間にそれぞれの実家が二軒あるしね。住まなくなった実家の片付けって今静かに問題になってるよね。本も出てるし。うちも私の方の山・畑付き実家をどうしたらいいのか途方にくれている。まだ30代の頃はもしかして何かがあって実家に出戻ったり、子どもの誰かが名字だけでも継いでくれるかもしれないと微かに密かに思ってたんだけど、還暦が遠くに見えてきたこの頃になるともうそれもないなと思って。私も帰ることはないだろう。田舎は代わらないようでいて、私のいたころと違う田舎だもんね。

okirakumadam at 08:19|この記事のURL

2015年11月14日

おはよ〜。   byたー

また週末だけ雨(−−;)。もうイヤン。

シベリア抑留経験者って、一体おいくつなのかしら?そういう人と一緒に活動(?)してるなんて、いや〜信じられないというか不思議な感じというか。無事帰国し、長生きできてよかったよねえ。やっぱり、太極拳を継続して健康を心掛けてるからお元気なんだろうねえ。まあでも考えたら、戦後まだ70年しか経ってないわけだけどね。

さて、雨だけど洗濯は2回はやらなきゃいかんしねえ。オットのバスタオルが洗っても洗っても、すぐ臭う(−−;)。変なタイミングで風呂入るので、お風呂場もすぐカビるし、ほんとヤだ。 たー

okirakumadam at 09:25|この記事のURL

2015年11月13日

おはよ      9

 そんなにいるのか・・・障害が疑われるような子が。いろんな個性で済まされる範囲ならいいけど 親亡きあと 自立できるスキルか環境かをてに入れて欲しい。それは障害のあるなしに関わらず、子供が自分よりも長生きして欲しいという究極の願いとセットになった 子育ての究極の目標。

 いろいろと書き足りない所はあるけど この度のその障害ギリギリラインの子は たーちゃんが私の書き込みを検索してまで読んでくれた 同じ人です。

 そして遺伝のこと。やはりたーちゃんもそういうことを感じていたのか・・。私が人格的に尊敬もし、書道師範の腕前も持った 素晴らしい長所にあふれるお母さんにも たまに?????って思う事もあって(友達なのでこんなことを書くのは気がひける) なんかそんなことを感じてしまう自分に罪悪感のようなものもある。

 まあね、そのうちまたここでご報告することもあるかもしれないです。


 それとは全然話は変わるんだけど 今週の太極拳で 新たな情報が・・・。太極拳メンバーの一人の男性が、シベリア抑留経験者だったっていう・・・・。あたしゃ たまげた〜〜〜〜!!!

okirakumadam at 10:12|この記事のURL

2015年11月11日

ああ・・・。  byたー

私、9ちゃんが最後に書いていることと同じことを思ってたんだよ。職場でもね、統計的にあるというか・・・。遺伝っぽい感じが。だからって、人より劣っているとかでは全然なくて、9ちゃんが言うように人は誰でもいびつだから、それが人よりちょっと極端なだけで、でもその分人よりすごく優れているところも確実にあるわけで。昔から天才と言われている人はきっと現代では発達障害と診断されるって話も有名だしね。

でもそんなこと、その人の前ではなんの慰めにもならないだろうし、今現在、親としてどうすべきか、なんだもんね。一昨日のランチが9ちゃんと二人じゃなかったこと、他の3人がそういう返しをしたために、9ちゃんが本心を言えなかったのは、きっと、今は言うタイミングではなかったってことなんだろうな。息子さんの反応からして、相当慎重にする必要があるしね。近いうち、またその人に様子を聞く機会が訪れるかもしれない。そのときのために、どういう風に切りだして、どう話を進めるのがいいのか、心の準備をしておくといいよね。

いやーほんま、いろいろ考えさせられる・・。学童の子供たちにも、今は6%なんてもんじゃない、1割くらいになるんじゃないかな、この子はひょっとしたら、っていう子が。その中で、しっかり診断してもらってお母さんもちゃんと把握し、対策をとっているところは、本当に少ない。そしてそういう子は、ちゃんと相応の対応を周りが心得ているせいか大して問題もなく、結局親御さんがそれを認めようとしない、もしくは気づいていないケースのほうがずっとずっと大変なのである。でも、こちらからは言えない。真剣に相談されれば、きっと専門家を紹介するとかできるんだろうけど、相談すらされない模様。きっと、69点で確実に生きるより、70点で苦労しても、あわよくばなんとかなるほうに淡い期待を抱いているのだと思う。それか、自分も同じだから全く気づいていないか・・・。以前は、そういう気になる子は、学校の先生から保護者に話があったようだが、今はそれもあまりないらしい。でも、「お願い、ガッコの先生からなんとか言ってあげてェ〜!」ってのがホンネです。ほんと9ちゃんが言うように、その69点の結果を伝えた専門家の先生、結果だけ伝えて気休め言うんじゃなくて、時々電話して様子聞くとか、ちゃんとその後のフォローをしてくれたらいいのに。 たー

okirakumadam at 19:56|この記事のURL
Archives