ソフトバンク情報
ソフトバンク情報



トップページソフトバンクモバイルソフトバンクモバイル社「フェムトセル」実験を公開!


ソフトバンクモバイル


ソフトバンクモバイル社「フェムトセル」実験を公開!

フェムトセルとはわずかなエリアをカバーする小型基地局という意味で、家庭内やオフィス内の固定網に接続して室内をカバーするということです。


ソフトバンクモバイル社が行なうフェムトセルの実験では、宅内のADSLや光ファイバーにフェムトセルを接続し、そのフェムトセル経由で携帯電話から音声通話やテレビ電話、データ通信などを行ないつつさまざまなアプリケーションを試したとの事です。


実際にはフェムトセルと携帯電話のコアネットワークの間は、インターネットを経由することになるそうですよ。


そしてフェムトセルを導入する目的とはズバリ「エリアの充実」です。


ソフトバンクモバイルの基地局数は2007年7月現在42,000局になっています。


実際、1年間に2万局の設置は手こずったそうですが、それでエリアカバーが完成したとはまだまだ言えません。ユーザーにとっては携帯電話は常に繋がって当たり前ですからね。


さて今回の実験には、ip.access、モトローラ、Ubiquisys、日本アルカテル・ルーセント、日本エリクソン、サムスン電子、日本ソナス・ネットワークス、NECが協力企業として名を連ねています。


そして将来的にはこれらの企業からフェムトセルおよびフェムトセル向けサーバーシステムが供給されると見られています。


実際、フェムトセルを家庭内家庭室内に設置するには、端末価格が気になりますよね。、


それに対し、ソフトバンクモバイル社は「我々からユーザーにお願いして置いてもらえませんか、とお願いすることになるだろう」と答えています。


従って、フェムトセルは基本的に無料という形にしていきたいと述べておりフェムトセル1台の価格を安価にすることで、ユーザーに配布できる形になりそうです。


なんだかんだ言ってもやっぱり無料が嬉しいですよね。