91607cf2.jpgアメリカの大好きな サクセスストーリ 家賃も払えず 公衆便所(障害者用)で一夜を明かすほどの貧しい男が、大事な息子と共に けなげに明るく生き抜き、資産運用家として成功!投資顧問会社を設立するまでの成功物語。いいね〜
苦しい時代の部分が長すぎて辛かったから 成功してからの画面が欲しかったけど はぐらかされちゃった。嫌味が無くてよかったかもしれないけどね。
投資顧問会社というのは絶対安定と言うわけではないので、会社の運営費と個人の将来基金は別けときなさいよ。とか 良いタイミングで ハッピーリタイヤしてしまいなさいよ。とか・・・心配だけど、私的には 女親に息子を預けて養育費が払えるようにがんばった方が速かった?とか思うのよ。(笑い)