【続き】

2007年だったかなぁ?

事務所を辞め、倖田はフリーの道を歩む

 

ピンク映画に2005年から出始めて…最初は二度とやらない!
そぅ思っていたのに、やるにつれて『アイツまた出てるよ』と言われたくて、

沢山の作品に出たい!!


b7194ced34fef31eb8785490a7e2c21d[1]

 

そう思うようになる

 

監督や助監督などの繋がりで、直接オファーが来るようになっていって…

でも倖田は事務所に所属していたので、オファーを事務所に連絡するという

ちなみに入り時間やロケ場所などの報告もしていた

 

二度手間みたい!?な事を何年か続けた

 

もう自分で動いた方がいいな

自分に合ってるなと思い

 

社長に『セルフマネジメントをさせて欲しい』と言うと

社長は『どうせダメだって言っても、やるんだろ!?』

と言って快諾してくれました

 

とりあえず…事務所からの仕事はスケジュールさえ合えば、
フリーとして、今まで通り受ける…

 

その代わり『倖田李梨』という名前は使わせてもらうという条件で

 

自分で付けたから、どうしても変えたくなかったんですよ

 

今まで

いろんなものは手放したりもしたけど

唯一、手放してないのは、『倖田李梨』という名前と『隙間産業』という言葉!?
肩書き!?かもしれない(笑

結果…ここ数年間、事務所からは、年間1本とかいうレベルでしか仕事をしていない

 

今はゼロ(笑

 

 

これは私がセルフマネジメントしたい…フリーになりたいって言った言葉を
事務所が、ちゃんと理解してくれたからだと思う

 

多分…

 

 

事務所…社長には本当に感謝してますm(_ _)m

 

よく

『フリーっていいですね』とか言われりしたけど

 

フリーになるのは簡単なんです。

だって、なっちゃえばいいんだもん

 

そんなもんですよ(笑

 

やるか、やらないか…

それだけの事!

 

 

ただ…やりつづけるのは大変だと思う

 

これは、どんな事でも言える事だけど…何事も続けるって事は大変!!

 

 

フリーになるという事は…

全てが自己責任!

 

寝坊しようが何しようが病気になろうが事務所がフォローしてくれるワケぢゃない

 

営業やスケジュール管理も自分だし

勿論、ギャラの話や入金確認だってしなきゃいけない

 

 

それが苦じゃなければ、誰だって出来る

 

 

ただ…持論だけど

『女』体質はフリーには向いてないと思う

『男』体質の方がフリー向きだと思う

 

 

 

フリーは自由に活動できるし、いいと思うんだけど

『自由』って気ままだからいいように見えるけど

 

事務所という船から

海に何も持たず、飛び込んだようなモンですからね(笑

 

ハッキリ言って、倖田はフリーになってから、まともに営業してないんです…実は

 

だって分からないから(笑

 

 

 

ぶっちゃけた話…

ファンの方の声で決まった仕事もある

 

監督や助監督、脚本家…役者などの繋がりだったり

dc5c43118ee8c518872b67bbd36e81c8[1]432c522c40fdfce25b356c445bceb903[1]
dfa6c1d632f41514e75ebf4624a760c8[1]


 

それだけで生きてる

つうか皆さんに生かされてるんです

 

 

 

目立って売れているワケでも知名度があるワケでもないけど、
この崖っぷちを歩いているような世界で生きていけてるのはラッキーだと思う

 

全ては周りの方々のおかげだけど…

本当に有難いです

 

浮き具を持たずに海に飛び込んだ倖田に、浮き輪やらを与えてくれてるんです(笑

 

 

未だに繋がりだけで、いろいろなピンク映画やVシネ、

9a8708b23d39e1fd1cbafb957e17c440[1]4addc774f7b5acd84469b61e6e6b3926[1]0bc5a78e86fd40900cf672fb6f7d251f[2]

a9b1e9812d2a502b7c22bdeba1e0cdb5[1]8fd941f5895ad5df4141d8e6bdf1d2e7[1]e89b0a8330367bad5f66dfe8a20671fd[1]





自主制作作品に出させてもらってます

 

繋がりぢゃなく、Twitterのダイレクトメールでのオファーもあったけど(笑

 

 

そして

2012年現在

AV女優としての肩書きを捨てた

 

女優…表現者の道を選んだ


74b0ab281b3c83dca5ee9aa030fd8293[1]

 

 

何かを捨てなければ、新しい何かは手に入らない

そう思うから…

 

 

手にいっぱいの物を持ってたら、新しい物って持てないでしょ




6f7a07e20bde6b6188346352f0b91703[1]
 

そーゆう事です

 

 

これからも少しずつかもしれないけど、一歩一歩進んで行きたいと思います


36e5c82b9990a67b3ed5fda4745ecf3d[1]
 

宜しくお願いしますm(_ _)m

 

 



倖田李梨ブログ エロ屋発☆隙間産業女優・倖田李梨blog~†BL@CK‡KiSS†~  http://blog.livedoor.jp/ririkouda/


倖田李梨 ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%96%E7%94%B0%E6%9D%8E%E6%
A2%A8