2006年04月24日

最近気づいた大切な事

当たり前のようで気づいてなかった事。


先日、業務店のお客様のところでクレームを頂き
直ぐに現地で炊飯を行い、現状との比較をしてもらうということをしました。


当然私どもが丁寧に炊いたコメは
自分の予想通りのおいしいごはんに炊き上がる訳です。


その時にふと思いました。


どうしてこのクレームが起こったのか?


当然炊き方の問題点はありました。
しかしそれ以上の問題点に気づきました。


特に今回のケースは私どもの一番の罪だと思います。


その理由は提案するコメのチカラを最大限引き出した状態を
現地で責任を持ってご提案できていなかった点にありました。


売る側がそれを知っておくことは当たり前。


しかしそれ以上にそのコメを炊く人たちにこそ、それを体感し
このコメはこれぐらいのチカラがあるということをまず確認してもらうこと。


そうしなければ、いくら炊飯指導してテクニックを教えたり
マニュアルを作っても意味がなかったのです。


そのコメのチカラを理解しているから今日のご飯に問題があると気づくのです。
その状態と比較して硬いと感じるから水加減も増やす工夫をするのです。


ところが、そのコメの最大限のチカラを知らない方が
そのコメを炊いてもどこが問題なのかわからない訳です。


ある日お客様からおいしくないという声を聞いて
初めてその業務店は問題に気がつくのです。


お届けするその先でそのコメがもっている最大限のチカラを発揮することで
はじめて私どもの仕事が認められるということに改めて気づきました。

漬物付き

Posted by okomekuriya at 14:48│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL