税理士事務所の活躍の場を広げたい!

名南経営コンサルティング 大河内裕太佳 公式ブログ



中国の最大の連休である「春節」(休み期間:2/15~2/21)がおわり
当社で運営している、中国の会計処理センターもようやく、落ち着きつつあります

春節期間の前後は、
ご利用いただいている皆様には、大変ご迷惑をおかけすることとなり
誠に申し訳ございませんでした
心よりお詫び申し上げます

この時期は、私どもも毎日不安と緊張を抱えながら過ごしております
2月のピーク時と他の時期では、1日の処理量が、倍近く違ってくる日もあります
中国の入力センターは、全員正社員で運営しており、
入社してすぐに戦力になるわけではありませんので、
季節変動への対応が、難しい体制でもあります
そして、最もご依頼をいたける時期と春節の時期が重なっており、
この時期の処理能力向上を、一層難しいものとしております

一方、継続してご利用いただいております事務所様は、
平準化をはかるなどの、ご協力をいただいたおります
依頼のピークになる前に、早めの依頼をすすめていただき、
その分、資料回収も前倒して活動いただき、
依頼できるものから、出していただいております
このような、ご協力がなければ、とても運営できない状況におちいっていると思います
当社の事情をご理解いただき、ご協力をいただける事に対して
心から感謝しております。ありがとうございます

今後も、皆様のご要望にお応えできる努めてまいります
よろしくお願い申し上げます


画像パソコン


2004年 上海にて 税理士事務所向け会計ソフトへの入力代行事業をはじめました
もともとは、グループ内の税理士法人の入力業務を請負う事が主たる目的でしたが、
安定稼動させるためには、一事務所のボリュームだけでは少なく、
他の事務所からも依頼を受ける事により、一定の量を確保する狙いがありました。

その後、依頼は増え続け、
処理能力を上回るご依頼をいただくようになりました
処理できない依頼はお受けする事ができず、
多くの事務所様にご迷惑をかけした時もありました
上海のほかに、常州市にも入力センターをつくり、処理能力を高めました

私たちは、この事業をはじめ、痛感している事は、
ご依頼いただいている税理士事務所に迷惑をかける形では、この事業をやめられない
という思いです。
現在は、ご依頼いただく処理量もゆるやかに増え、品質含め
安定的な運営ができていると感じております。

税理士事務所から、入力業務を無くし、
生産性を高めたいと考えてはじめた取組みですが、
2004年当時は、
自計化がすすみ、入力代行ニーズは、すぐに無くなる
と言われておりました

ところが、ここ最近、少し形は違いますが、
新たな入力代行事業者がいくつか出てきております
恐らく、まだまだニーズがあるからだろうと思われます
税理士事務所の生産性向上の為にも、
品質の高い入力代行事業者が安定的にサービス提供し続けることを
祈っております

大河内





税理士事務所の生産性向上は、
他の業界同様かそれ以上に最重要課題の一つとなっております

様々な改善の方向性があるものの、
「現状把握」は必須であると考えております。
労働集約型の税理士事務所にとっては、
どのお客様に対して、どのような業務で、どれだけの時間を費やしたか?
これは、原価管理であり、当然管理されているべきですが、
事務所によっては、まだまだ把握されていないケースも、見受けられます。

MyKomonグループウェアーでは、
極力手間なく工数管理ができるよう、
「スケジュール」や「To-Do」として登録した情報を、
そのまま日報作成情報として利用し、
その情報をそのまま、工数分析に活用しております。
要は、スケジュール登録さえすれば、ほぼ工数登録が完了するという仕組みです。

そのMyKomonグループウェアーが、今回バージョンアップし、
手間をかけずに2期比較できるようになりました。
お客様ごとの投入工数や、時間当たり報酬が、簡単に比較できます。
以前から、待ち望まれていた機能ですが、ようやく改良が実現しました。
ぜひ、分析にお役立ていただければありがたいです。

工数二期比較




このページのトップヘ