「 水銀にガンマ線を照射すると、金に変わる 」という

北海道大学の先生の話が


成美堂出版
「 鉱物の不思議がわかる本 」
監修 松原聡(2006当時・国立科学博物館地学研究部部長)

に載っていました。



001_File0006

 

内容を紹介してみます。



「 水銀を金にかえる錬金術 」

鉄、銅、鉛などの卑金属を、
金や銀などの貴金属に変えようとする
技術のことを錬金術という。

長年不可能だとされてきた錬金術だが、
現在では科学的な研究により、
他の金属を金に変えることが可能とされている。



「 金と原子番号が1つちがいの水銀 」


金と原子番号が1つちがいの
水銀原子番号80の水銀に
ガンマ線を照射し、


原子核の中の陽子をはじき出すと、
原子番号が1つ下の金に変わる
という理論に基づく。

(原子番号:原子核中の陽子の数)


しかし、多量の金を求めるには
膨大な時間と資金を要するため、
金銭的な価値を得ることは不可能だという。

元素の周期表
http://www.gadgety.net/shin/trivia/ptable/




水銀を金に変えられる?!


原子番号80の水銀と原子番号79の金は、
陽子の数が1つ異なるだけである。


北海道大学の松本高明助教授の研究では、
水銀に電子ビームを打ち込んで
ガンマ線を発生させ陽子をはじき出すと、
金に変えることができるという。

重さ1.34トンの水銀に
50MeVのガンマ線を70日間当てると、
およそ74kgの金と副産物の白金180kgが
できると考えられている。


しかし、ガンマ線を作り出す電気代だけでも
150億円も必要になると考えられている。

∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽

などと記載してありました。
まさに、水銀を金にかえる錬金術ですね。



∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽

ところで

砂金採りで、アマルガムに出会うことがありますが、
てっきり、「金」と「水銀」は原子番号が隣同士なので
アマルガムになるのかな?なんて思っていましたが

水銀は「銀・銅・亜鉛・鉛など」の
融点が低い金属を取り込んでアマルガムになる、
ということだったんですね・・・

ブログ:東大寺の大仏は金めっきされていた
http://d.hatena.ne.jp/samakita/20130517/p3


東大寺大仏の金めっきには
金約9トン
水銀約50トン
とてつもない数字で、びっくりです