現場を活かす企業経営

名南経営コンサルティング 奥田康博 公式ブログ

私の家の近くに「核融合研究所」という研究施設があります。

「核」と名前がついていますが、実際には、
海水からエネルギーを作るための研究をしています。

実現すれば、日本のエネルギー政策に大きな貢献をすること
でしょう。


しかし、実際にエネルギーを作り出すことができるとしても
相当の年月がかかる基礎的研究のようです。

年に1回、視察会が催されており、数年前に私も見学に
行きました。
研究設備の機能はよくわかりませんが、大がかりな設備を
使って、高度な研究をしているということは感じることが
できました。


原発再稼働で論議されているエネルギー問題ですが、
抜本的かつ革命的な解決策が早確立されること望まれます。

コンビニ人間を読みました。

小説を読んで、久々に笑いました。

主人公の考え方や独特の言い回しに
昔人間の自分としては、まったく違う世界の
宇宙人のように感じてしまいます。


一方で、「本来あるべき人間像」ってあるんだろうか?
こういう考え方もありうるのかも知れない という気持ち
にもなります。



「多様性」という言葉が注目されて久しいですが、
多様な人々によって構成されている社会や会社で、
お互いの違いを認め合いながら、関係性を保っていく
ことが、これからも重要なことだと感じます。

10月に実施される、平成28年度の最低賃金の改定
に向けて、厚生労働省での審議が進んでいます。


安倍政権は一億総活躍プランなどに中期的に
「全国平均1,000円を目指す」との方針を掲げ、
大幅な最低賃金の引上げを目指しています。


最近厚生労働省が発表した、引上げ額の目安では
「平成28年度地域別最低賃金額改定の目安」では、
引上げ額の全国加重平均は24円となり、
目安額どおりに最低賃金が決定されれば、
最低賃金が時給で決まるようになった平成14年度以降で
最高額となる引上げとなるとのことです。


なかでも各都道府県別の引上げ額の目安では、
愛知県は、東京都と同じAランクの25円とされています。

愛知県の平成27年度の最低賃金は820円のため、
25円の引上げが決定されると、最低賃金は845円と
なります。


格差対策や経済対策面から引上げが推進されていますが、
企業経営にも大きな影響があるため、今後の動向が
気になるところです。

このページのトップヘ