XR−mミニモトST(土曜)、昨日終わりました。チームの皆さんと無事に4時間走りきり、予選63位、決勝46位でした♪僕は遅いタイムでしたが、そこはチームプレーのよいところ。全員の頑張りで楽しく終わることができました。誘っていただいたチームの方々に感謝です♪

金曜の特スポ、久しぶりの鈴鹿本コース、ほぼ初めて乗る車両XR100M。4本ある走行枠のうち3枠目を30分走らせてもらったら・・・3分45秒がやっと(泣)チームの方々は3分30秒前半で走られてるなか、これではちょっとシンドイです。コースにあわせたギア選択とアクセルのオンオフなどの確認で終わった感じ。コーナー手前で減速しすぎて、立ち上がり後のスピードを落としてしまいます。

減速しすぎるのは、どれくらいのスピードで進入すれば曲がり切れるのかが分からないから。あいかわらずタイヤの感覚がわからないコトが悩ましいです。以前、エイ、ヤっとバンクさせたらコケたコトを思い出しちゃってダメですね。他の車両を見てると「もっとイケる」というのはアタマではわかるんですが、カラダで再現できません。車両はイイんですが、スリムなタンクでうまく車体を安定させられず、バンクもさせられず、スピード落ちるって感じの悪循環でした。センス無いなぁ〜。

いろいろお聞きして車両に跨ったりイメトレしたりします。悩ましいんですが、チームの皆さんがエー感じの方々で、現場は楽しいフンイキ。宿に入って皆さんと呑んでリラックス♪

走行とはいえ、やっぱり本戦は心配、不安なキモチを持って翌日へ。予選後の30分走行枠、15分で4周くらい走らせてもらいます。あれこれ自分なりの対策を考えてたんですがやっぱりよくて41秒。一つのコトを考えてると他を忘れてしまいます。鳥ですね(笑)

それでもレースはドンドン進行していって4耐スタート。1時間交代で第4走者、アンカーです。理由は名簿の年齢順、あ、一番下(意外!)でした。

皆さん順調にラップ重ねて順位が上がっていってます。で、15時頃交代していざ出走。走る前、緊張してるトコに441さん来てくれて和ましてくれました(笑)ありがたいです♪キチンと車両をホールドしてタイヤを信じてなるべく減速させずに走ろうと思っていざ出発。

アウトラップで車両のホールドがイメージしてたのと合いました。自分なりにふくらはぎとモモ裏、お尻の座る場所を固めたらいい感じ。そうしたらタイヤのグリップを前よりずっと感じられるようになりました。

装備車両はよく走るし、他チームは一巡してエースライダーが多くて、メチャクチャうまくて速い方々ばかり。抜かれるけど皆さんキレイに走られてて、あんなラインや乗り方で走るんやと感心。すぐ離れちゃうけど、少しでも付いていこうと頑張ってたら少しタイムが上がります。なんとか36秒台が数回でました。

少しよい循環になるとスピードや回転を確認する余裕も出てきます。ギア選択も多少試したり、コーナー毎の進入ポイントや速度、アクセルオフなど自分なりの工夫も少しできるようになりました。楽しくなりながら残時間30分過ぎ、体力的には問題ないなか少しノドの乾きを覚えつつ残り15分。

KSR最速チーム、ライムパパさんがライドするT−craft号にも抜かれました。そのキレイかつ速いコーナリング、魅せてもらいました。

残り4分、最終周回も楽しく回るコトができました。チェッカー後のクールダウン、全車車両保管。保管場で、あぁ〜、エイプ買って練習せなイカンかなぁ〜なんて考えてました(笑) KSRもイイんで、飽きたとか浮気心で乗り換えとかじゃなくて、どちらも楽しいからもっと乗りたいなぁってのが本心ですね。

記念撮影いつもどおり自己チューな参戦報告ですが、楽しく走られたのはチームの皆さんや周りのトモダチのおかげです。

ありがとうございました!

Special Thanks to 四国モータープランニング・監督、ボスの姐さん、タニグチさん、カタキさん、Kさん、そして、おじさん(&加藤あいの笑顔)
いつも参戦を応援してくれる、はっぴぃえんど社長様&三味・ばにばにさん&MSさん、flatさん、#441さん、ALTECさん、T−craftの皆さん。