テキトーにめいそう(迷走)

変なポケモンの型や調整考えてテキトーに記事を書いてます。

主にポケモンのことをテキトーに書いていくブログです。

とっぷらしきなにか

主にポケモンについて書きます


筆者兼管理人のアカウント 
→@okumuu_tekitoo

ブログの相互リンクなども募集中




【単体考察】鈍いZバトンブラッキー

ブラッキー@ノーマルZ
穏やか HB252
鈍い 眠る 黒い眼差し バトンタッチ

Zバトンタッチ:下がっている能力のリセット
Z黒い眼差し:特防1段階上昇


積み技+交代封じ+回復技にバトンをつけることでガン積みからの後続の全抜きを期待した型。鈍いのデメリットであるSダウンをZバトンによって克服した。また、Sダウンにより殆どのポケモンに対して後攻バトンが可能になるという副作用がある。更にSダウンのリセットと選択になってしまうがD上昇バトンも可能。前者は高速アタッカー、後者は先制技を持つエースが主なバトン先の候補だ。

 ちなみに黒い眼差しを使う相手にはステロマンムー(吠えるじわれのない)、ナットレイ、ポリ2などが挙げられる。他にもいそうだけど起点に出来るかは保証できない。

 この型のメリットは黒いまなざしによって追加効果や急所被弾以外の理由で事故死する事がない。バトンするまで体力管理だけすれば問題ないからだ。あと意表を突くというやつだ(正直この言葉にいい印象がない)。デメリットはバトンするだけなら他でも問題ないという点と役割を持てる相手がかなり狭い範囲であるという点だろう。


 使った感想としては、嵌れば強いの域を出ないかなぁという印象だった。そもそも妖タイプの多い環境のせいか選出が難しい場面が多かった。また選出出来てもガン積み出来るほど甘くはなかった(急所被弾にビビりながら)。だが嵌めた時はとても気持ち良く全抜きができた。興味があればお試しあれ。

とおせんぼうとかくろいまなざしとか

 ⑴起点に出来そうなポケモンが多いパーティに出します。
⑵くろいまなざし・とおせんぼうを使ってキャッチします。
⑶積み放題!相手は絶望し降参する!!

なんて糞ゲーが通れば楽ですが実際にやると面倒です。というのも
   攻撃技・拘束技・回復技・積み技
という構成にせざるを得ないので通りが悪ければ処理速度が鬼のように遅くなります。そして何より相手が降参しません。泥試合まっしぐら。以下実践した例。


カビゴン@タラプの実(厚い脂肪)
調整:H148 A12 B252 D92 S4 意地っ張り
実数値:254 145 117 × 142 51
恩返し とおせんぼう 鈍い 眠る

調整が適当な事もありまだまだ開拓の余地があったかもしれないが実際に潜ってみると霊鋼がわんさかいるのでノーマル技1つだと無理。ヘビーボンバーや噛み砕くなら通りがいいがカバやらカグヤには更に怪しくなる(というか無理)のでなんとも言えない。タラプの実は特殊方面に強く出るためにもたせたがくいしんぼう+1/2回復の方がです。リサイクルがなくても
  眠る→寝てる→起きてまた積み技
より
  被弾+1/2回復→鈍い→被弾→眠る→…
の方がダメージを抑えられるので。
仮にリサイクルを入れるなら眠るかとおせんぼうのどちらかを切らざるを得ないのですが、毒々をよく打たれたので眠るを切りにくいのでとおせんぼうを切りましょう(それ普通のカビゴンじゃん)。
また上から挑発されて終わりみたいな場面が多々あり動かしにくい環境だと感じました。他にも30ターンを余裕で越す試合もあり色々と疲れるポケモンでした。
ただ起点を作りにきたポケモン(吹き飛ばし等がない)を捕まえて3タテができる試合もあり活躍0ではなかったです。



 







NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
Twitter プロフィール