温泉

2007年08月24日

九州縦断旅 湯平〜阿蘇〜鹿児島〜福岡〜(岡山)

湯平〜大分・湯平温泉〜
川のせせらぎを聞きながら素晴らしいペンションに泊まった。料理はおいしく湯も温泉も入り放題。
湯布院は高いところが多いけども少し離れてこの辺りだと比較的安め。

 

 

 

やまなみハイウェイ〜熊本・阿蘇〜
大分からやまなみハイウェイという道路を通って行ったけどもなかなかいい景色で走ってて爽快。
まさにドライブのための道ですな。

 


河口1そしてメインである阿蘇山火口へ。
ロープウェイに揺られて着いたそこはまさに煙がモクモク噴出す火口そのもの。
場合によっては警報出たりすると一切入れなくなるらしいけど、運良く火口は見られた。

 

火口2まさにすごいの一言。
これが自然の力かぁ〜。

 

 

火口3噴火した跡が物々しい景色となってる。
人間なんていちころだろうなぁ。

 


 

火口4

人口的に作られた道も風の影響で徐々に埋もれていってる。
火山灰(?)は感触は砂そのものでした。

 

 

 

 

愛子〜鹿児島〜
ひたすら走ってただけなので、熊本〜鹿児島は特に収穫はなし。
唯一泊まったホテルに何百種類も飾ってあった焼酎の瓶の中で「愛子」なる焼酎が。
うん、聞いたことはあるけど実際に見たことはなかった。
ってか飲みたかった。

 

 

 

 

ガンダム

福岡でラーメン2軒ほど周り一気に地元へ・・・・とは行かずに広島で降りて、さらに尾道ラーメン食べてそのまま岡山の津山の道の駅(久米の里)にあったガンダムを拝見。
これは実際に動くらしく(歩行のみか?)、大きさも実物大なのだとか?

 

 


 

ガンダム2横から。

 

 

 

 

 


ガンダム3

比較のため。

ってかわかんね〜(笑)











夏に貯めておいたボーナスの一部。全て吹っ飛びましたね。
また貧乏生活始まる・・・。



okusong at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年11月02日

【広島・呉】大和温泉物語

2005年10月21日に呉駅前(駅裏)にオープンしたばかりの大和温泉物語に行って来た。よく分からんけど、駅と陸橋で繋がってるみたいな感じだった。

ここの最大の売りは中四国最大級の広さを誇るとこだろうか。それと24時間営業というのもなかなか素晴らしい。

公式サイトによると、「約2,700平方メートルの広大なスペースに露天風呂をはじめとする22種類以上のお風呂と7種類のサウナ、3種類のストーンスパ(岩盤浴)、ご宿泊できる家族風呂を備えた、まさに「お風呂のテーマパーク」。マッサージやレストランなどの施設も完備し、24時間営業でいつでもお気軽にご利用いただけます。」とのこと。

この温泉は6階建てくらい?のビルの5階、6階にあり、ビル自体はRECRE(レクレ)っていう複合商業施設(と言ったらいいのかな?)みたいになってて、1階がフタバ図書、2階がユニクロとかドコモとか、3階がばり馬とか焼肉さかいとか五エ門などの飲食店、4階が医療施設だったと思う。

駐車場は完備で風呂に入れば3時間無料券がもらえる。

公式サイトはこちら

受付に行くと1100円のさっぱりコースと1600円のゆったりコースがあって、さっぱりコースを選んだ。

基本的にはどっちも同じだけど、1600円の方は館内着とタオルが付いてくるみたいだった。

そんなんいらねえよ、と思ったからさっぱりにしたけど、実はレストルームってのがあって、そこは館内着がないと入れないみたいだった。あんまり詳しく調べてなかったので知らなかったけど、後で確認するとどうやら中はゆったりできる椅子があって、テレビも1つ1つにつけられていて、ゆっくり休めたり寝たりできる空間といったところみたい。

ちなみに、坂にあるシーレも同じような感じのリラックスラウンジみたいなのがある。ただし、これを使うには2000円近くするコースを選ばないといけない。
後、シーレの1000くらいのコースは100分しかないのだが、ココは1100円で時間は無制限。これはうれしい。
ゆっくり風呂入る派の人にとっては100分ってのはかなり微妙な時間なんだよな。

で、温泉のほうはというと、入ると内湯がなかなか広いが、少し天井が低いせいかあんまり広さは感じない。
というのも、そこは5階で、上には露天風呂と家族風呂があるため。

内湯の種類の方はシーレと比較するとすごく盛りだくさんって感じでもない。
ただ、そのあたりのスーパー銭湯よりは種類は多い。

電気風呂とかエステ風呂とか一通りの種類の風呂はありつつ、内湯では珍しいごろりん湯っていう、底が足首ほどの風呂もあった。

サウナは塩サウナと普通の高温サウナ。

 

そして、露天風呂なんだけど、これは全部最上階の6階にあって内湯から階段を上って行かなければならなかった。
滑り止めはあるけど、下は石だし、少し怖かった。

特に俺なんかは結構露天とサウナを行き来するので、しょっちゅうこの階段を上下しなければならず、しかも距離が意外とあるので大変だった。

種類としては、記憶がただしければ、源泉かけ流しと薬湯と歩行風呂と釜風呂と蒸し風呂と寝湯と座湯。

露天風呂としては結構広くてしかも種類も多かった。

特に歩行風呂とかいう感じの風呂。
これがまた、歩いて周れるように真ん中に手すりが付いてるって感じの風呂で、無駄に広くてしかも結構地味。
ほとんど無意味な気がする。誰が考えたんやろ?

座湯はシーレにもある、背中の部分を壁につけて、そこをお湯が流れるってやつ。
ただ、これ今の時期はまだいいけど、これからの時期ちょっと外やし寒いんじゃないかと思う。お湯の温度が結構熱めだったのは○。

寝湯はそのまま寝るための湯。寝るって言っても寝転ぶって意味だと思うけど。
これもシーレにあるけど、こっちは今日はちょっと温度が低かった。
おまけに、ちょっと浅い(体上半分が出るくらい?)気がしたので若干寒かった。

釜風呂は普通の1人用釜風呂。露天風呂全体で考えると結構和風を押し出してて、木造を中心としたすごい凝った造りだと思うんだけど、釜風呂は普通やった。
なんかココだけ残念。

薬湯はなんか臭かった。あんまり好きな薬草ではなかった。

源泉かけ流しは普通によかった。お湯の色が赤っぽい色で変わった感じ。

蒸し風呂はかなりいい。温泉行ったら絶対入るのが蒸し風呂とかスチームサウナで、低温(40度くらい?)に設定されてるから長く入れる。中は水蒸気で充満してるので喉にもやさしいしかなり好き。いつも寝転んでる。
ただ、残念なのが明るい。シーレなんかはほとんど明かりなんてなくて、暗いのでほんとにゆったりできる。軽く洞窟にいるみたい。
そんな雰囲気がほしかったな。明らかに個人的な意見なんだけど。

露天風呂全体としてのいいところは呉港周辺の景色が見えるところ。

さすが6階なだけあって左手にはゆめタウンが見えるし、中央には呉港が見える。
少し乗り出せば呉市街(?)の夜景が見える。う〜ん、絶景!!!

と言いたいところなんだけど、それほど景色はよくない。場所が悪いのか向きが悪いのか。たいして明かりは無いし呉ってこんな田舎だったっけって思ってしまうほど。
これを売りにするほどの景色ではなかったな、少なくとも。
まあ珍しいとは思うけど。

 

ってことで総合的にはまあまあかな。

近くにあったら間違いなく結構な頻度で行くけど、60分〜80分くらいかけて行くとなると、ちょっと考えるかな。
この辺りのスーパー銭湯では個人的に最高と思ってるシーレと比較すると風呂自体の出来はやっぱ少し落ちる。
まあシーレが素晴らしすぎて天国みたいってだけな感じはするけど。

後、ココオープンしてまだ10日ほどなんだけど、人少なすぎ。
大丈夫なんかな?なんかやばそう。平日とはいえ明日は祭日やし。

まあシーレも結構少ないんやけど、どうしても湯楽里とかホッと賀茂とか海田のやまとの湯のイメージからしたらかなり少ない。

心配しつつも、もちろん人は少ないほうがいい。蒸し風呂で寝られなくなるから。



okusong at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!