ランキング

2005年11月16日

広島なんでもランキング

第2の故郷である広島についてまとめてみた。

俺が約5年半の間で気に入った場所、食べ物など。

 

まずは、「ラーメン屋

 

1位・・・「太華園」(竹原市)

言わずと知れた名店ですな。いや、ちょっとマニアックかな?
尾道ラーメンチックなんやけど、ちょっと尾道ラーメンとは違うみたい。
もちろん店主はそっち方向目指して作ってるんだと思うけど、尾道ラーメンで超有名な朱華園なんか足元にも及ばないくらい旨い、ってか結構味が濃い目。
麺も平打ち麺でよく魚介系のきいたスープに適度に絡んで、スープに浮いてる背脂を吸いすぎない。これが素晴らしい。
チャーシューは普通なんやけど、スープに絡むと何故か絶品。
やっぱスープがおいしすぎるってことか。

 

2位・・・「上海総本店」(本通り近く)

2回ほど行ったけど店内がめっちゃ臭い。ラーメン食べて出てきたら匂いつきまくり。焼肉とかの比じゃないくらい。
それくらい豚骨のダシが出ている。でも基本的にオーソドックスな広島風(?)豚骨しょうゆ。麺はまあまあ。ワンタン麺が意外とおいしい。 

 

3位・・・「ばりロ馬(ばりうま)」

チェーン店やけど、こういうジャンクフードチックな感じが好き。
基本的に、天下一品のような豚骨と野菜から出来てるドロドロとんこつスープ。
たま〜に食べたくなるんよな〜。

 

4位・・・「すずめ」(市内のどっかの川沿い)

一回行ったけどオーソドックスなとんこつ醤油で普通においしいって思えた。
他のつばめとか陽気とかはそれほどでもなかったかな。

 

5位・・・「我馬」(横川らへんのとこ)

広島のとんこつといえばやっぱこれかな。
赤うまよりもシンプルな白うまがよかった。
あと、ランチセットで食べたチャーハンもおいしかったかな。

 

6位・・・「でっち」(井口)

種類はいろいろあるんやけど、とんこつ醤油がうまかった。
黒なんとかって言うやつに興味があったけど結局食べれずじまい。

7位・・・「道元」(坂・ラーメンミュージアム)

スープが甘くてなかなかとっつきにくかったけど、食べれば食べるほどおいしく感じてくる。こういうのも有りなのかと思わせる。ぼっかけラーメンっていう、神戸ではすじ肉を入れるのをぼっかけっていうらしいんやけど、そのすじ肉がとろけておいしかった。

 

8位・・・「八音」(西条)


チャーシューに関しては並木ジャンクション近くの八丁ラーメンのチャーシューラーメンのチャーシューに並ぶくらいのおいしさ。ということはいままで食べた中では1、2を争うくらい素晴らしい。ただ、八音の場合は少し個性を主張しすぎか。
スープ自体はたいしたことないけど、ハマればハマる。サイドメニューがなかなかクオリティー高い。

 

番外編・・・「魁龍」(小倉)

超スーパーミラクルどろどろとんこつ。スープを最後まで飲み干すのははっきり言ってきつい。でも一度は食べてみる価値はあり。

 

次は、やっぱ広島といえば「お好み焼き

 

1位・・・尾和食堂(八本松)

ねぎたっぷりがおいしかった記憶がある。生地自体もよくだしがきいてて旨い。
ただ、いつも人多くて何度食べずに帰ったことか。

 

2位・・・風の街(八本松)

関西風なので自分で焼けるのがよい。
中でもすじ玉そば乗せが自分の中ではベストマッチ。
そばに激辛ソース塗って、焼いて最後にその上に甘口ソースを塗る。
これこだわり。
しょぼい関西風にありがちなたいしておいしくもない生地が、水分多くて広がってるようなこともこの店ではないからその店でも評価は高い。まあチェーン店なんやけど。

 

3位・・・「せっせ」(八本松)

伝説の(自分の中で)肉玉そば7玉にチャレンジは残念ながらラスト数分のとこで吐き気がして、残りほんの2口やそこらでがんばって口に押し込んでしまえばいけたのに、失敗に終わったという苦い経験があるにも関わらず、そんなことは忘れさってしまっておいしかったという記憶がある。

 

4位・・・「五エ門」(西条)

結構好き。行った回数はかなり多いと思う。
かわいい店員さん目当てで行ったこともあったっけ?(笑

 

5位・・・「食いしん坊」(西条)

2回しか行ったことないけどかなりおいしかった記憶がある。
このときは普通に肉玉そばトリプルでも平気で頼んで食べてた、あ、そんな時期が僕にもありました。
しかもその後、普通にお腹減ったとか言ってた気がする。

その他・・・さかいとかこぼんとかもなかなかおいしかった。徳川普通。家庭以下。

 

 

続いて、「焼肉

1位・・・「味の一」(西条・吉行工業団地)

間違いなくこれがいちばん。
ここほどの焼肉屋にはそうめぐり会えない。
工業団地がそばにあるので一見あやしげな感じがするけどもそんなのはお構いなし。
味付けから、タレ、肉質どれを取っても最高。
俺の嫌いな食べ物といえば、レバーと牡蠣なんやけど、ここの生レバーはマジで食える。しかもおいしいと思える。拒否反応が出ない。
ロースなんかは店員さんが生でも食べられますよっていうくらいおいしい。
いつも両面で10秒くらい焼いて食べるんやけどそれがベストやと思う。
広島に遊びに行ったらぜひ行きたい店。
もちろんホルモンだって、ホルモン研究家のわたくしもお勧めでございます。
ただし、値段はそれ相応。
いちばん高いロースは1人前1000円(注文は2人前より)

 

2位・・・「牛炭亭」(八本松?)

前は3つのコースがあったみたいやけど、今はどうなんやろうか。
ここの特徴はなんと言っても2000円程度の値段で食べ放題であの肉のクオリティ。
マジで、採算合ってないんじゃないかと思うが、それとも肉が(ry
あと、豚汁旨すぎ。ご飯と豚汁だけで十分。
あれは、肉から豚汁に気をそらさせる作戦やから要注意。

 

3位・・・「牛角」(西条・3丁目タウン)

1回行ったけどまあまあうまかった。味付けがうまいかな?
でも上2店から考えると高すぎ。

 

4位・・・「大福」(西条・御園宇?)

スイーツがおいしかった。肉はそこそこ。

 

5位・・・「焼肉J」(西条・下見)

今は無き焼肉J。
食べ放題であの肉質は結構よかったんやけど、何故か客が前々入らず。
いまだに理由は分からない。場所だっていいし、あと考えられるのは・・・

 

6位・・・焼肉「さかい」

なんかいまいち。値段も高いし、かといって肉もそんなによくない。
たれもいまいち。ぼっ○○りですよ。

 

論外・・・すすめヴァイキング、フリーデン(つぶれた)

 

 

えーっと、次は「スイーツ」少ないけど。

1位・・・Noel(西条中央)

まあ言わずと知れた名店ですな。
あまり甘すぎないクリームが入ったシュークリームとここは焼き菓子がめっちゃおいしい。クッキーね。
すっかりノエラーですわ。

 

2位・・・ル・ション(西条中央)

基本的に甘いものには目がないからなんとも言えないけど、クリームが甘くて好みやった。後はなんでも食べれる。

 

3位・・・モーツァルト

上二つと比べるといまいち。ってかあまり知らん。

 

 

次は、これまた大好き「温泉」

1位・・・シーレ(坂)

総合的に素晴らしい。温泉だけではなくてくつろげる場所としてはかなりよい。
ただ、値段が高いのがなぁ。貧乏人にはつらいところ。
しかも坂って山越えするからマイカー(ミニカ)ではかなり厳しい。
銭湯行ってシャンプーしたらいつも頭パシパシになるんで持参も必要なことが多くあるけど、ここはデフォでいい。

 

2位・・・「やまとの湯」(海田)

値段的になかなか安くて、風呂としても種類多いし、お湯の質が結構好き。
人が多いのが難点。マツダから会社帰りの人がたくさん来るのかな?

 

3位・・・大和温泉物語(呉)

以前も書いたけど、結構いい施設。

 

4位・・・湯楽里(広)

よく行ったね。ほんとに。あんな遠いところまでほんとよく行った。
風呂自体は極普通のありがちなスーパー銭湯。
でも値段が安い!!

 

5位・・・ホッと賀茂(西条)

利点は近いということだけ。風呂は普通のスーパー銭湯以下。
露天風呂も人多いうえに一つしかない。
おまけにしょぼい割には高い。

偉そうに言ったけど、広島では実はこの5種類しか行ってなかった・・・。

 

やって来ました、次は「清酒

 

1位・・・藤井酒造「龍勢(黒ラベル)」(竹原市)

宝寿で有名な藤井が手がける龍勢。これまたなんと言うんだろうか。
とりあえず、旨い。旨い、に尽きる。
マジでこれは4合(720ml)で2800円出す価値は十分にある。
いや、むしろこのクラスでこの値段はかなりお手ごろといった感じさえする。
何がどう旨いとかもう言い表せないくらい旨い。
密度がとても濃くて、とてもいい状態でいい寝かせ方されてるんやろうなって思う。
変な酸味や変な渋みはそれほど感じられず、かなり上品な旨みだけが残る。
間違いなくこれが、酒の都広島で、いや、全国、いや日本で、いやそれどころか宇宙一おいしい清酒と言える。間〜違いない。

 

同率1位・・・賀茂鶴「双鶴」(西条)

これまた↑龍勢と同率1位になってしまうくらい旨い。
密度が濃くて、上品な味わい。深い、深すぎる。
言わずと知れた賀茂鶴の最高級酒「双鶴」やけど、定価は5250円くらいだったと思う。
これだったら龍勢の方が得じゃん、とお思いだろうがこれまたこれの良さがある。
5000円出しても価値があるだけの味をしている。
新潟の方の酒で、久○田とか越○寒梅とか有名どころの酒があるけど、あれらが値段が高いのとはわけが違う。
あんな水みたいな辛いだけの酒は酒ではない。
醸造酒としては失格である、と個人的には思う。
そんなわけで、いまや全国で買えるけども、広島にいればぜひ飲んでおきたい酒である。

 

3位・・・竹鶴「小笹屋竹鶴純米原酒(生酒)」(竹原)

竹鶴酒造といえば、NIKKAの創業者の竹鶴政考氏の生家があるところ、竹原の街並み保存地区で今でも作ってる。
何度か行ったけど、ほんとに小さな蔵(見た感じでは)なのにあんなにもクオリティ高い酒が作れるのはほんとに疑問だ。
杜氏の石川さんが書いてた記事などを読ませてもらったこともあるけど、やっぱほんとにこだわりを持ってるやってらっしゃる感じがする。
もちろんNIKKAの創業者の生家ってのもあり、かなり金持ちなんだとは思う。
ただ、頑固に自分の進む道を崩さず、あの味を目指していけるのはやっぱ杜氏の方がすごいからなんだと思う。
それはもちろん酒にも出てる気がする。
この酒は、かなり辛口なはずなんだけど、それを越えるフルーティーと旨みで見事に打ち消してる。
これまた生原酒っていうのもなかなかうまい。
これも同率1位にしたかったけど、でも上二つとはまた違った味わいなので、本当は順位つけるって感じではない。
ただ1500円そこそこっていう値段も考えて、総合的に言うとこれが1位かも。
隠れ1位やね。

 

4位・・・賀茂泉「山吹色の酒」

まさに中口で、飲みやすい、しかもおいしい酒の定番って感じ。
全くろ過してないので、適度に熟成させた酒本来の色である山吹色がそのまま出てるという感じ。
ちなみによくバイト時代に言われたんやけど、色の付いてるお酒=古い酒?
いやいや、違います。確かに色の付いてる酒は熟成させてるけど、もちろんその方が酒としては旨い、はず。真っ当な作り方されてるなら。
で、透明な酒は新しいかといえばそうとも限らない。
熟成させた酒を炭でろ過することによって透明になる。
透明になったら何がいいかというと単に見栄えがいいだけ。
見栄えが良くなった代償として、清酒本来の旨みと香りが全て吹き飛んでしまう。
まあ、話がそれたけど、賀茂泉は山吹の酒がおいしいってこと。ただ、それだけ。

 

5位・・・中尾醸造「誠鏡の頒布会のやつ」(竹原市)

どれか忘れたけど、頒布会の純米大吟生原酒の雄町だったか山田錦だったかがかなりおいしかった。
幻の白箱でそれほどたいしたことないってイメージ持ってたんやけど、これでかなり見直した。

 

後は、西条鶴(西条)(ゴールドはなんかいまいちやった。いつかは神髄を飲んでみたいけど・・・)、千福(呉)、華鳩(音戸)、瑞冠(三次)等・・・(挙げだしたらきりがない)もなかなかいい蔵達やね。


広島のような銘酒が奈良ではないのが寂しい。
いや、奈良も結構酒は結構いいみたいやねんけど、伏見も灘も。
でも広島のに慣れるともう他のとこのなんて飲めたもんじゃない。
広島マンセー。



okusong at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!