サイケデリック農業

日々、農業と音楽と自分に正直に向き合い生きていきたいというヒューマンドラマ、なんちゃって。

ときめきメモリーズ

トイレに座って携帯電話を眺めながら、台所から聞こえてくる音をなんとなく耳がとらえると、実家にいるかのように錯覚する。

母親になるひとは台所から存分に音を出してほしい。

二十歳くらいのときに実家の中を歩き回って物音を録音してたときの音源を聞いた。
勝手口のドアを開く音を聞いてついつい、誰か来た、と思ってしまった。

なにか不思議な気持ちになる。

音に記憶する。

眠っている記憶や感覚、というか押さえ込まれてもぐっている記憶や感覚というのは自分の想像を越える。

色んなところにいったり、会ったり、食べたり、嗅いだり、触ったり、したほうがいい。

なにか理由はわからないけど、すごく、心地いい瞬間があったなら、それは過去の記憶とリンクしてるのかもしれない。

なんなら、前世の記憶までもぐっていったらいいとおもいます。


おはよう
こんにちは
おやすみ

旨味を味わう

b7a4aeed.jpg欲のために便利になってきた世の中。


便利になるというのは効率をよくするということ。


歩いて10分の距離を車で移動すると、その道中にあるヒトとの出会い、道ばたの花、におい、気温、いろんなものを感じることができない。


歳をとったせいか、震災の影響か、その感覚を大事にするヒトがまわりに増えたような気がする。


マラソンランナーがすごく増えたのも、思考が変わってきた証拠なのかも。


もちろん、便利を否定する話ではなくて、便利とは違うところに実は楽しいことや、人間力を感じてなにか充実感を得るという旨味が隠れていて、それを見つけ出してみんなで感じることができればなんかすごくいいなと思いました。


大きなことは言わず、それは家族から、友達からとかでみつけていけたら、そんな感じでいいんではないでしょうか。

きょうはね、とてもいい天気。
青空がとてもブルースカイ。


みんなで空でも散歩すりゃいいさ。

威厳

4935ddae.jpgうちには観葉植物の「クワズイモ」が置いてあります。


二本立ての160センチくらいのやつです。


そのうちの一本が倒れかけてしまっているのと鉢が小さかったので少し大きめの鉢に移し変えてあげました。


でもやはり、倒れてかかった一本を土で補強するのは難しく、一本と一本をクロスさせてヒモでくくりました。


これがうまくいき、おれやるやん、と農家としての威厳は保てました、だれに?


そんなわけで、「クワズイモ」を可愛がっていた嫁もかなりよろこんでくれておれも朝からマックスでした。


ヒモくくり農法も感心してもらえたので、


「人という字と同じで、支えあってるんや」と言うと、


気持ちわるって言われました。


画像は全く関係ないですが、なんとなく合うなと思って貼りました。

恋の物語

335ae4b7.jpg春草はやわらかく、かわいいものが多いです。


鳥のさえずりも草刈り機音もチェーンソウ音も山でよく聞こえてきます。



何年か前、地元の同級生が地元の同級生に恋をしました。


みんなでドライブにいったとき、あいつシャイだからその子とはあんましゃべんないんだ。


あいつと女の子は車が好きだったから二人でドライブにいったこともあったようで。


このCD、MDにダビングしてほしい、みたいな口実で会ったりもしてたあいつ。




あるとき、女の子のほうから、喫茶店で会おうということになった。


あいつは嬉しかったにちがいない。
向こうからの積極的なアプローチ。



行ってみたら地元の一歳上の女の子もいたそうだ。


そのひとつ上の女の子もかわいい、いや、まあまあかわいい感じです。


なんかもう、どう転んでもいいじゃんといろいろ妄想、期待してしまったぼく。



いっしょに連れてきたそのねえ様から聞かされた話が、ねずみ講的なやつだったそうな。


あいつはそれからその好きだった女の子とは話さなくなった。


いや、もとからそんなに話してなかったけど。


春の、恋の、物語でした。

育てること

de62e152.jpg「愛してるよ」とか女に言う男はほんとうにいるのかとふと思いました。


春です、あたたかくなってきました。


春草ものびはじめました。



いわゆる雑草とよばれる草たちは農業をするうえではほんとうに手強い。


踏んづけたなら負けまいと根を強く張ったり。


刈っても刈ってもすぐにのびてくる。


それを逆に、あえて踏んづけたり刈り込んだりすると強くなるという考え方。



ぼくはその行為が「愛」だと思っています。

イラット

7e639c79.jpg前になにかの二次会で東京仕込みの男がいたから酔った勢いで話しかけた。

「ぼく農業してんすよ」「農業はいいよね、マジこれからヤバイんじゃない?」みたいな意見をもらいつつ、なんか顔がイラっとくるわと思いながらそいつの仕事も気になったので聞いてみたら答えやがらない!


「ちょっとヤバイ仕事なんで」


なんか言い方と顔にイラっときたぼくはしつこく聞くがいっこうに「ヤバい仕事なんで」


とにかく顔にイライラしてきたので強引に聞き出したのだ。


「芸能関係なんだよね」


おい、かくすならもっとこっそり話さんかい!


なんか余計にイラっときました、顔が。


別にいいやん最初から言うとけやウソでもほんとでもどっちでもいいわ、顔がなんかイラットするわと思いながら話も顔もおもしろくなかったので席を離れました。


トータルで印象悪いと顔もいやな顔に見えてくるなーと思った夜でした。

音にもたれる

b08e6b38.jpgミニマルなテクノを流していると、1歳になった娘がラジカセに近づいていき体を揺らしながらラジカセにつかまっていた。


最近は気に入った幼児むけの音楽になら体を動かしたり頭をふったりするようになってた。カワユス


ぼくは田中フミヤが好きで思い出したときにたまにピュッと聞くんですが、それに娘(プリティ)が反応してるのになんだかこうふんしました。


無駄なものを省いた音にまだまだ知識の入ってない無垢に近い感覚が反応しやすかったのか。


ある意味で分かりやすい音楽なのでまだまだフィルターのない頭にスルッと入ったのか。


わからんけども、可愛いと言っておこう。

大人

子供は親のマネをして育つ、これは子供ができてから間違いないと確信しました。


当たり前なんですが、生まれてから一番近くにいるのはお母さん、次にお父さん。環境にもよりますが。


同じ遺伝子を持ったヒトの近くでそのヒトと同じ生活環境にいたら似てくるのは当たり前。


だから根本的にヒトっていうのは昔からかわってないよに思います。


落ち着きのない小学生。


コヤクザな少年少女。


こんな話をほんとによく聞きます。


これは子供はぜんぜん悪くなくて。


親であったりその親であったり学校であったりもするかもしれんし。


手でピコピコっと情報を操作する時代のせいかもしれんし。


何が悪いと決めつける話ではないよな気がしますし。


便利を追求した膿が子供からジワジワにじみ出ているように感じます。


ぼくは子供にいいと思うなら、崖から落としたとしても後悔しないくらいでいきたいと思います。


いや、崖からは落とさんよ、痛いしね、そんな意気込みってこと。


例えば、、、キャベツの千切りがパッケージングされて売られてるのを見て、うーん、なにか違うなと子供に千切りをさせて食卓に並べる、みたいな親がめちゃんこ増えれば世の中はめちゃんこ変わるなとなんとなく思いました。例えばですよ。


あ、これは崖から落とすほにゃららとはちょっと違いますけどね。


でもなんというか、こんなときだからアナログだなと思ってます。


78d0e6ba.jpg服を脱ごう。


靴を脱ごう。


財布を捨てよう。


髪を捨てよう。


顔を捨てよう。


おっきいそれも捨ててみよう。


あ、君は小さいね、貧相だね。


全部を捨てたら、それがほんとの自分。



離乳食ください

104e16fa.jpg娘が産まれて9ヶ月になります。


でも受精卵から数えると19ヶ月くらいですかね。


これ大事なとこ。


妊娠した段階でお父さんやしお母さんなんです。


女性は体が母体モードになってくるので母としての心と体の準備はできていく。と思っている。けど。男だからわからん。



男はアホやけん想像力に欠けるヒトは父としての準備ができにくい。


もちろん、ぼくも完璧ではなく、いろいろ気付かされることが多かったです。


男はきっちり働いてきてプラスできるサポートをしっかりして、そして合間を見計らってたまに遊ぶ、だな。


この「遊ぶ」はけっこう大事。


いや、これはきっちり全部こなした上で、奥さんの理解もあった上で、豪快に遊ぶ。


そして遊んで得た気を家の中にばらまくのです!


そんなイメージ。



とかいうてますが、結局はそれぞれの夫婦関係によるのでしょうが。




昨日初めてつかまり立ちしました、ぼくです。


うそです、娘がです。


いやいや、娘のほうが成長早いです。


ぼくなんか父親としてはまだまだ離乳食も食べれない、おっぱいだけが大好きな時期くらいですかね。



とにかく大好きなんですね。



いろいろがんばります。
QRコード
QRコード
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ