オーガニックベース 奥津典子blog

春は血を溶かして流そう

節分も過ぎ、立春を迎え、旧暦の新年も明けました。本当にお正月みたいだね〜と、そして偶然?その日に夫が障子を張り替えてくれて、なんだかとってもフレッシュ、よい気が流れて我が家は過ごすことができました。さてさて、猫3匹に、下の娘にいつまでもつやらニュー障子。(懸命に猫達に言い聞かせる夫。曰く「真剣に言えば通じるんだ」そうかなあ???)


ともあれ(?)気候の変化が本当にすごいですね。
雲仙では、雷がすさまじかったです。衝撃波で家が壊れるかと思う程の大迫力でした!「天の気」とはよく言ったもの、ほんとうに新年って「天・気が変わる」んだなあと思いました。
体の変化も大きく感じました。食事を自然の道理に合わせていくと嬉しいのは、季節や気候の変化に、勝手に体が適応してくれ、大きな不調を回避してくれたり、何が必要かすぐわかるのもその一つですね。

さて、そんなわけで、
冬の間、固まりがちで寒さに備えていた血を、春らしく溶かしてどんどん流しましょう。お肉や血を固めやすい物は今は特に減らしましょう。西洋も謝肉祭は、元々この数日は、お肉は断つ知恵だったそうなんですけれど。

冬に合せて固めた(濃度を高めた)血液を、体は春へと新しく着替えよう、開こうとします。うまく適応できないと、頭痛や発熱などで表れることもありますが、体が一生懸命適応してくれている証。
大きな不都合なく、適応できるよう、日常から食を調えていけるといいですね。


R0001050

苦味をとろう!

さて、春に合せて血を溶かし、どんどん流すのに役立つのが「苦味」。春の野草に代表されますが、(春の七草も、旧暦では節分付近です)ふきのとうとか、いろいろと苦味が出てきます。ごぼう、大根菜も役立ちます。
春は、赤紫の野菜が多くでてきますが、それも肝を刺激し、血流に役立ちます。全体は白緑でも、付け根がうっすらと赤紫をまとっていることも、種取り野菜や無農薬栽培のお野菜には多いんですよ。

合せて、二月に美味しい、大根、白菜やカリフラワーなど白く加熱すると甘くなる野菜も、季節の変化に合せて体を調えてくれます。

どうか、できるだけ無農薬など、自然農家さんの作品を是非召し上がってください。


R0010848

梅干しとワカメをとろう!

梅干しも古い冬の細胞を着替えるのに役立ちます。ご飯を炊くとき梅干しを入れて炊くのもいいですよ。

苦い野菜が不足すると、体は本能的に、ついついコーヒー・カカオなどの苦味に走りがちですが、喉や免疫を傷めたり、心肺、子宮、腸や肌などに、後で辛いことになりやすいです。人によっては熱代謝が悪くなって怒りっぽくなることも。嗜好品として、本当によい質のものを時々楽しみましょう。(私もコーヒーも大好きなので、節制しています)

わかめ(特に塩蔵やフレッシュなもの;乾燥でないもの)も一段と助けになりますし、発酵食品も、一層役立つシーズンです。

果物もすごく食べたくなる人が増えるかと思いますが、
一般の果物は、<陰性>が強く、お腹が緩むことも多いです。できるだけひきしまったもの、減農薬などを選ばれて、かつ、煮て本葛(馬鈴薯でんぷんは×)でとろみをつけるといいですよ。私は米飴や生甘酒で甘味をつけますが、冷やしても美味しいです。
葛は、整腸・発汗解熱作用や、緊張をゆるめたり、陰陽を調える作用もあってとてもありがたい食材です。


手料理をふやそう!

お肉などを控えると、酒やコーヒー、砂糖も減らしやすくなります。(これらをたっぷりとると、花粉の時期に辛いです)0にするのは難しいという方も、時々の贅沢品になさってはいかがでしょうか。

でも、何をおいても、まず添加物の多い加工品、出来合品を減らし、手作りの食を増やすだけで、うんと体調はよくなります。手料理が多いおうちは幸せです。


体調不良のとき、体も自然の一部なんだということを思い出してみてください。「身土不二」という言葉は有名ですが、単に、地元のものを食べるというだけではないのですね。
旬の食材、春夏秋冬に合った料理は、「忙しくて今日は一汁一菜」という簡素な食卓でも、とても豊かに美味しくしてくれます。どうぞ、台所から美味しく元気をつくられてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<新春のおすすめ まとめ>

・苦味のある野菜、緑の菜類
・春の野草
・ごぼう
・赤紫の野菜
・発酵食品
・薄めの味噌汁
・新鮮なわかめ
・大根や白菜など、加熱すると美味しい白い野菜
・豆腐(日常豆をとりすぎていない人)

・茹でる
・新鮮な良い油を少し使い、多くは使わない
・繊維に沿って切ること
・よく研げた包丁!

・甘い物を冬に取りすぎた人は、ひじき、小豆
・コーヒーを冬にとりすぎた人は、葛、新玉ねぎ、大根おろし入りお味噌汁
・動物性を冬にとりすぎた人は、きのこのだし、苦い青菜、豆腐、野草、わかめ、筍、良質のこんにゃく、金柑

・加工品を控えめにすること
・肉は一層控えめに 動物性は旬のお魚を少しなどがおすすめ(平飼いの卵も今が旬です) 
(マクロビオティックで普段はあまりすすめない新じゃがいもも、新春は、少し摂ると肉食で固まりやすくなった血液を流れやすくしてくれます)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インフルエンザが流行ってきているようです
「はじめるコース」 サポートサイトにレシピや、今期の変わった乾燥についてなど更新しています
受講生・修了生の方はご参考くださいね
また、夢も血液の状態で決まるので、食べものが大きく反映します
元気で血流が良いと、夢はほとんど見ません。
ところが、不適切な食べ方をして、残留すると、悪夢をみたりいろいろ。
夢も体臭や便臭と合せて、食の適切さのバロメーターになります

32


<コラム>
56.現代のインフルエンザ
57.小さな子どものタンパク質
58.乾いた空気と健康
59.食と夢

<レシピ>
45.レンコンのコンフィ風
46.イカのソテー

子どものタンパク質は、大事ですね
特に現代は、食材の質が薄まったり、質の劣化が進んでいますから、良質の植物性タンパクに加え、動物性タンパクを、どう選んでどう調理してあげるかは重要です。少しでいいですし、やみくもにあげればいいというものではありませんし。(小さな子は特に寝苦しがったり)

忙しいときは、夜も一汁一菜でいいと思います(我が家もそうしています または麺)
それに、誰かと食べることがやっぱり楽しい、幸せ
元気な食卓は、真面目な農家さん、職人さん、販売のおかげです
楽しい食卓を一日でも一度でも多くつくっていきましょうね!

明けましておめでとうございます

雲仙は元旦はあたたかく、変わって小寒の5日は冬らしく。みなさまの地域はいかがでしょうか。

我が家は今年は久しぶりにおせちは簡素化しました。ミニゴジラに調理時間は全て破壊されました、笑
2017


2017 date


下のはさすがに盛りつけ途中です。擬製伊達巻き。ベースは水切り豆腐。これは形は崩れていますが、とても美味しくどなたにも好評です。しかし途中で娘はひっぱりにくるわ、猫はとびかかってくるわ・・・もう本当に料理も写真もひまをつくれません。
いつか公開できるのか我が家のおせちレシピ。小さなお子さんがいたり子だくさんのカメラマンの皆様を本当に尊敬します。
でもまあ、諦めてしまうとそれはそれで、余裕がうまれ????よかったです!?

2016 dec


本当に、10年ぶりのもうすぐ2歳児に翻弄される日々です。ありがたいですが、この子は3人の中で一番やんちゃ。女の子なのに、男の子みたいに重いです。うちの子はみんな元気ではありましたが、夜には親はすっかりグロッキーの毎日。
でも、あと一年もすれば、ずいぶん落ち着くはず。(はず;笑)

この一年は、息子の高校最終学年、長女の小学最終学年と上の2人にも大事な一年です。本当に私たち夫婦は子育てが長く、親を頼らず、ときに介護もしながらよくがんばったとそれだけが、ちょっと誇らしいことかもしれません。沢山の方に支えられての子育てでした。(全然現在進行形)

そんなわけで、今年もまだまだ、仕事エンジンフル稼働とはいきませんが、去年よりぐぐっと踏み込むつもりです。


<クラス>
東京<間間>では、久しぶりに「はじめるコース」の生のフォローアップコースをやる予定です。詳細は近日発表します
今、気象と食べものが大きく変わっています。この時代に合わせて、陰陽の法則をしっかり変化させましょう。血を濃くする方法が必要です。
雲仙諫早でのコースもおかげさまで終了しました。福島や大阪含め、より多くの場所で何かやりたいですね

<オンデマンドクラス>
今年は、「おかあさん塾」と「奥津家の食卓」という内容を創作中です。いよいよ料理配信にチャレンジ。料理動画の撮影は本当に難しいですね。繁延あづささんという名カメラマン、雲仙の古庄君という若きデザイナーの力を得て、良い物ができそうです。
もちろん、今までの「レクチャーコース」は次で最終回。現代で、一番弱りやすくなっていて、重要な<水>の講義2と総復習です。いろいろなトラブル・不調と関係していますので、役立ててくださいね。

通信講座修了テスト>
それから、テスト採点。300人の方がようやく終わり、冬休み中に次の20人の方へと書き進めました。現在新たに約70名の方がお待ちくださっています。
お産に伴い、本当にご迷惑おかけしました。2年経ち、ようやく調いそうです。
子ども達も私が仕事を辞めることは望んでおらず、一つ一つやっていきます。本当にすみません。出産・育児へのご理解に深く何よりも感謝しております。


<アトリエ間間>
今年は、今井ようこ先生の5日のグルテンフリークラスがクラスはじめ。
沢山の素敵なクラスでお待ちしております。岡本先生の、手作りクラスもとってもおすすめ。
1人ではなかなか出来ない方こそ、是非クラスをご活用ください


<福島 食堂ヒトト>
おかげさまで、どんどんいいお店になってきました!
まだたったの3ヶ月なんて・・・もう2年以上やっているような濃さです。
火曜定休・ラストオーダーは16時半
10〜17日は、特別休業をいただきます。
ふくしまの食堂ヒトト
ランチだけでなく、お菓子も充実してきていますので是非おたちよりください。


<ブログ>
Facebook、instagramともに、今年は「記録をピュアに愉しもう!」と思います。

ブログの過去記事でお役に立ちそうなのは、

何はなくとも味噌スープ
食事改善できなくても、いい味噌をゲット(死語)して、ちゃんとお味噌汁がつくって一日一杯飲めれば、それだけでかなり元気になります。あれこれできなくてもいいので。私がかつてすすめていた自然食メーカーの味噌も質が低下していますので手作り・よく吟味なさってください。

異常気象の時代の食事
本当に、完全ベジタリアンは合わない時代になりました。気脈・植生が変わりすぎて素材の力が弱り今までの方法では造血できないと思います。調理法も、濃く味つけることが必要になってきています。飽食の時代は終っているんですね。
でも、新しい時代がはじまることは、いいことでもありますね。今という環境と合ってこそ「身土不二」です。

マクロビオティックの危険性
人は弱く、なんでも、原理主義に陥ることって、ありますね。自分や人を信じられていないと、方法に必死になりすぎるかもしれません。でも、そこからスタートしてぐるっと、健全な自信を得られるのが人間の素晴らしさであり、食のあるべきところだと思います。

手段にふりまわされる話は、「道具だったはずのコンピューターに人類が滅ぼされる」のを王道に、映画小説枚挙にいとまがないですネ。
・・・・



雲仙の良さもいろいろ書きたいのですが・・・
そうそう、雲仙市は、第二子以降、保育園料を市が負担してくれます!(我が家は預けていませんが)

異常気象、農家のお話、岩崎さんの畑での勉強会。台所日記。いろいろ書きたいのですが・・・種市大学からたった一年なんて・・・

ともかくも、今年も「台所から美味しく元気を」のお役に立てますように
美味しいおうちごはんで、
体臭、便秘、低体温、偏頭痛、生理痛、脚がつる、肩こり、腰痛、異常に片付けられないetc 色々な悩みが解決したり軽減して、元気に自分らしく人生を送れるのは、本当にすばらしいことではないでしょうか。出産や子育ても本当に楽になるんですよ。(帝王切開など特別な方も、大変だった分自信をもってくださいね😊)
よい血液ができ、血流がよくなれば、大概のことは解決することを、多くの方に伝えたいです。

自分では、今年が仕事元年な気がしています2017年。
長い長い助走していたような。支えてくださった皆様に感謝。仕事で返していきます。

どうぞみなさま、元気で素敵な一年に! 今年もよろしくお願いします 沢山の方とお会いできるのを楽しみにしています!
unzen 2017 jan

【雲仙市の種どり野菜と日々の食卓 第4回】
福島・東京出張、カフェにクラスに通信講座テストにオンデマンドに、そして保育園なし給食なし育児に毎日大騒ぎの奥津家ですが(おかげさまです😊)、雲仙でも、週末は一年に一度の収穫祭など、大事な<種と畑>の活動が続いています。
遅くなりましたが告知です。ひまわりテレビさんと、雲仙市との共催で、私が料理を担当する<雲仙市の種どり野菜と日々の食卓> 第四回が放映中です

第四回は雲仙市の<吾妻味噌>と雲仙市で30年以上、80種もの種取りを続けて来た驚異の岩崎政利さんの野菜は<冬野菜をいろいろ>に欲張りました。多様性が見事で、その美しさ、魅力を見てください。味噌は、麹の室(むろ)に感激しました。今時ちゃんと、木箱で麹を育ててらして、そちらもなんとも美しいです。
味噌と種取り野菜


・赤長かぶ
・黒田五寸人参
・ケール
・アートグリーン
・しま大根
・日の菜かぶ
・赤水菜
・九条ネギ

日時:12月16日(金)17時
再放送:12月16日(金)19時、22時
    12月17日(土)7時、10時、12時、23時     
    12月18日(日)11時、23時
もう今夜しかなくてすみません!タハハ。
“デイリーひまわりTIMES” という60分番組の中での紹介です。
メイン料理は、<味噌ドレッシングと種どり野菜の温サラダ>
*胡麻味噌ペースト
*変わりネギ味噌 も簡単に紹介されます。
料理いろいろ

(写真:共にひまわりテレビ溝田さん)

島原半島、熊本県の一部でご覧いただけます
よろしくお願いします
あの岩崎さんですら「30年やってきて今が一番厳しい」と言う自然農や職人達の世界。いったい、私たちはこれら宝物を、空気や水や景観や健康他様々を支えて来た、<社会の土台>とも呼べる宝を次世代に残せるのでしょうか。
どうか、普通に、種取り野菜や無添加のお味噌が食卓にのぼる長崎県に、日本になりますように。

食事を変えるメリットの一つ。それは、体臭がなくなること。

今日はそのことについて。


◯体臭は内蔵からのサイン

書いたら問題かもしれませんが、
子供達の友人達が遊びに来てくれると、ときどき彼らの洗剤の匂いがすごく心配になります。

食べものと違って、匂いの粒子は直接、鼻から脳にいきます。
それを役立てているのがアロマテラピーですね。(ゆえに良質のものでないと恐ろしい)

我が家は、基本、無香料。
せいぜい自然な花の香り、草の香り。

ですが、時々一般社会(ヘンな人 全開の書き方ですね)に触れると
こんなに洗剤や香料を吸って大丈夫だろうか? と、本当に心配になります。
心身のトラブルの大きな原因の一つではないでしょうか。

そういえば、私たち夫婦の友人達は、世間的な<マクロビオティック>ではありませんが、洗剤臭が気になったことがほとんどありません。

体臭や汗や分泌物が臭う。
臭いがとれない、こびりつく。
胃腸や内臓の調子が悪いサインです。

根本解決しないで、匂い消しや強い洗剤を用いるを繰り返すことで、害の拡大がちょっと心配。


◯家庭排水のツケは・・・

我が家は、台所でも、手袋を用いません。
それは現代ではレアだそうです!
手袋を用いないといけないくらい強い洗剤が必要な汚れ。
を生み出す料理を食べ続ける。
そして家庭排水で流し続ける。

確かに一見きれいになるのでしょうが、
できるだけ減らしたほうがいいと思うのです。
現代はすでに、生活による環境汚染のツケが十二分に現れつつありますが、今からでも個人の生活は変えられ、勝手ですが個人的メリットは充分に受けられます。


◯強烈に残る洗剤の匂い

柔軟剤やその他の威力は本当にすごいんだなあと思うのは、
子供達の友人達が帰った後、数時間、
家中開け放さなければならないほど、洗剤の匂いが家中充満すること。
すわった椅子もずっと洗剤臭。
その臭いで頭痛がします。

断っておきますが、その子達はいい子達です。私も大好き。
遊びに来てくれるのは嬉しいです。
でも心配です。
そして、集団活動に我が子を向かわせるとき、懸念するのは、化学香料の問題は大きいですね。

たとえば、そういう柔軟剤や洗剤を使用した洗濯物を、うっかり我が家の洗濯機で洗うと、
他のうちの洗濯物に匂いがうつる。
それをとるのに3回くらい洗い直さなければいけません。。。。

こんなにも強烈な香料を吸い続けて、子供達も大人もどうなってしまうのでしょうか?
特に、現代食では、血液・体液が粘性化して、鼻の中もねばねばしています。
埃やら花粉やら吸着しやすくなってしまう状態に、この香料の粒子。

いろんなストレスや不調の潜在要因になっていそうですね。

他にも、歯磨き粉や様々な洗浄剤。
駅弁、清涼飲料水、市販のスナック菓子などの香料ももちろん摂取し続けることになるのでしょうから・・・

個人も、そして排水として流される地球もどうなってしまうのでしょうか。



◯奥津家の台所洗剤

我が家は、台所洗剤は、オーガニックショップの無香料のものに、好きなオーガニックアロマ。
でもこれはポイント使い。きっと、多くの方と同じように、ほとんど、重曹スプレー、クエン酸スプレー。でことすませています。

それと「びわこ」というお湯で汚れがほとんどとれる布。
油汚れはもちろん、できるだけ拭き取ってもやします。
それと、みかんの皮を活用したりしています。

そもそも、食べる物がすっきりしているから、そんなに汚れません。

クエン酸

娘がラベルを書いてくれます。こどもの字が好きです。


その他の場所の掃除も、これらのスプレー&<ふく>、箒、で十二分にきれいになると感じています。
古い家なので、お風呂が一番悩みの種ですが、それでも、特に長女が、よくクエン酸スプレーでピカピカに磨き上げてくれます。
いつか改装したいですが、それまではやっぱり、磨くことが大事なんだなって教えられます。


◯奥津家の洗濯洗剤と全身せっけん

家庭用洗剤は、バジャンというエコ洗剤と重曹を組み合わせて使っています。
洗濯機も汚れないから大助かり。

体も、オーガニックショップのそれで全身洗う。sonettというのを使っていますが、香りがよくて、家族みんなお気に入りです。
sonett


でも、身体自体は、普段はしっかりお湯であったまって、たわしでこすっています。体がネバネバしないから、それで充分。乾布摩擦代わりになって、体温アップ免疫力アップの嬉しいおまけつき。
雲仙は温泉の薬効もありそうですが・・・。

で、香りがよいsonettは、高価なので、体には時々、楽しむ。
髪も洗えるので、それを使って、我が家の女達だけ、オーガニックリンスを別途つけています。男性陣はそのままで平気みたい。
無農薬の柑橘が手に入ると、煮出し汁をお風呂に入れたりして、それも楽しいし、柑橘の成分で油汚れが落ちます。

オレンジオイル

我が家のラベルデザイナーさんに、そろそろ張り替えてもらわないといけません。

というわけで、我が家に余計な匂いのストレスがないのは、
心身が楽なのに相当役立っている気がします。



◯食べもので体臭はなくなる

IN≒OUT
とりいれるもの≒でていくもの。

食を変えると、体がにおわない。
大便小便もにおわない。汗もにおわない。
トイレ掃除も楽ですが、
強い洗剤が要らなくなるんです。

外食もすると、すぐ排泄物の臭いが変わるので、適切だったか不適切だったか、バロメーターになります。

赤ちゃんのおむつの世話も楽。きっと将来の介護も楽。
姑も、良くなる過程ですごく体臭口臭がなくなりました。

ちなみに、猫も同じです。
我が家にやってきたときは、臭かったり、耳あかや鼻水、掻いたり、うんちも臭いがひどかったのですが、うちは猫もマクロビオティック。

もちろん、「玄米菜食」ではなく、「猫にとって何が自然か、必要か、を考えた食」というマクロビオティック本来の意味です。市販の添加物いっぱいのキャットフードなどは食べさせず、手作り&購入品も、適正をよく考えて。(いつか書きます)

そうしたら、
匂いや鼻水、耳あかなど、どんどんなくなり、毛艶つやつやです。
しかも、猫アレルギーのお客さんも多いのですが、うちの猫はわりと平気でよく驚きあいます。
人間の食費はすごく低いのに、猫に食費がかかっています(涙目)


人間にハナシを戻して、体臭0、強い洗剤が不要になるのに、そんなに特別なことはいりません。

食事は、できるだけ添加物を避け、手作りにする。
ビジネスとしての、大量生産の食材加工品を避けるだけで、ずいぶん変わります。

そして、どうせつくるなら、
オススメしたいこと

 ・消化の良いササニシキなどを中心に、消化よく炊いた玄米ごはん
  (時々白米やいいおうどん他)

 ・わかめやいいお野菜の入ったお味噌汁
 
 ・季節の種取り野菜や自然栽培野菜(素材の質はとても大切です)

 ・海藻や、消化の良い豆類やお麩

 ・発酵食品(漬物や納豆、最近はエタリの塩辛も人気)

 ・ごま塩などのコンディメント(重要)

 ・良い調味料

 ・時々、しめ方や調理のよいお魚や平飼いの卵
  (食べ合わせや調理法、体質年齢に合せて。男性は女性より多めなど)


肥料過剰でなく、のびのび育てられた野菜や素材たちは元気で、香りもよく、この香りはいっぱい吸うとどんどん元気になりそうです。調理中の音もきれい。目からも、いきいきした姿を見続けた蓄積が、無意識の判断にすごく役立っている気がします。

15451148_1107885642664480_283577381_n

久しぶりの、岩崎政利さんの畑。見事な種取り野菜達。味も多彩、奥行き、濃厚さ、繊細さ・・・素晴らしいです。すごい。(写真は、ひまわりテレビの溝田さん)
今年の悪天候は本当にひどかった。有機農家とつながりましょう。


◯私たちの外食

外食は、マクロビオティックと表しているところは、あまり私たちの思うマクロビオティックではないことが多く・・・

個人店の好きなイタリアン、ホテル、天ぷら屋さんだとか、に、楽しく時々足を運んでいます。シーフードベジタリアン風な食べ方をしています。この辺でしたら、子ども達が大好きなのが北御門さん。(うなぎ割烹他:諌早市)本当に真面目なお店です。雲仙観光ホテル(上杉料理長 とても美味しいです)、PACKさんのこだわりのお菓子(雲仙市小浜)、楽水さんのいけす料理はおすすめです。
お酒やコーヒーや、パン、素敵なお菓子などの嗜好品は、回数を減らし、手作りにしたり、尊敬している名人たちの素晴らしい作品を、時々、ありがたく楽しんでいます。

そんな楽しい食卓にするだけで、どんどん体臭なくなります。子ども達も、頻度は少なく、時々のそんな素敵な外食・中食のせいか、香料が入った安価な市販品・外食は食べたがりません。
生理も楽になります。赤ちゃんも皮膚かぶれや汗疹もないし、涙かぶれも勿論0。
鼻づまりやねばねば、痰、目のシパシパなどもなくなりますよ。

無理なく、経費毒が減らせますし、家庭排水もクリーンになる。疲れにくいし丈夫になるしいいことづくし。

ちなみに夫は月に何度か出張で外食づくしになると、いくらいいところでも、動物性食(魚介類)が毎食になるためか、帰ってくると加齢臭がします。本人もよくわかっていて、しかし、帰ってきて1日か2日ですぐ、なくなります。福島にヒトトがうつって、そこで食べる機会が増えてからは、出張の臭いがほとんどなくなりました。やっぱり、植物性と動物性の割合を気をつけることも大切だなと改めて。


長くなりましたが、あっという間に師走。
大掃除もありますし、内から外から、
負担が減らせたらいいですね!

どうぞ佳いお日を。



*************************

☆☆☆
12月16日に東京でトークをします。
よかったら、どうぞ。楽しい会になりますように。
 
 01|奥津典子「お母さんを楽しもう」
 02|奥津典子「おくつ家の台所 2017年にむけて」 

  詳細&お申込


☆☆☆
ずっと役立つ、台所の基本・マクロビオティックの基本
通信講座で楽しく学ぼう 「はじめるコース」
合言葉は「できることから少しずつ」
よその完璧でなく、自分の今日を楽しむマクロビオティックを


☆☆☆

12カ月の食べ方、食卓、料理のこと。
陰陽五行入門の講義をオンデマンドで配信しています。

  奥津典子のオンデマンドレクチャー

このページのトップヘ