975A7095b


こんにちは 奥津典子です

この数ヶ月、「子育てのきほん」オンデマンド動画の制作を続けています。
この4月から配信開始。全24回、1年間の動画配信です。

 ーーーーーー
 オーガニックベース オンデマンド
 「奥津典子の台所 子育てのきほん」
 https://organicbase.net/kodomo
 ーーーーーー

紹介動画です。


奥津典子の台所 子育てのきほん(紹介動画) from ORGANIC BASE on Vimeo.



子育てのきほん(予告編) from ORGANIC BASE
 撮影|繁延あづさ
 音楽|青木隼人
 編集|古庄悠泰(景色デザイン室)




▼忙しいお母さんへのエール

マクロビオティック研究者×働く母親としての私 として優先したいこと。
基本なんて、おこがましいんですけれど・・・子育てって人生そのものだから。

だけど、シンプルな等身大で、という意図をこめて
「きほん」です。
そして、私達からみなさんへの子育てエールです。

料理は、すごく簡単なものばかり。
といってもただの簡単ではなく、必要を踏まえての簡単。
忙しくてもできる、私が、子どもを片手に抱きながら、片手で作ってきた料理。
その分、しっかりアレンジで、お父さんや大きくなった子ども達に向けて。

薬膳もご紹介します。
特に兄弟が多いと1人のために病院に連れて行くのもなかなか大変。
薬以外にしてあげられることがあるのはほんとうに助かります。
うちの子ども達は発病も少なく、よほどの高熱や怪我等以外は
ほとんど病院不要で大きくなれて、感謝です。
小さな子には食べさせないほうがよいものなどもまとめます。

でも、一番大事なのは、子どものこころの手を振り払わないことですよね。

こどもと向き合うためにも
体温を下げず
血液の状態をよく
血糖値を安定させたほうがいいです。
疲れにくく元気になりますしね。
元気になると、愛情が愛情としてちゃんと湧き出てくるんだなっていうのが
私が食で体質が変わって、一番嬉しかったことかもしれません。

そうして、手料理で子どもの「元気」を守れ
よい個性に育ってくれているな、という喜びは、かけがえがありません。

健康情報が溢れた現代だからこそ、
俯瞰の中で優先すべき軸を。

完璧じゃないからこそ、元気の軸に立ち返り、
あとは何やったっていいさ、くらいに。


kodomo_prof


▼今やっとわかること

子育ては、スケールが大きいのが魅力です。
私は長男が高校3年生、
長女が小6、次女はやっと2歳。

子育て17年でわかることもありますし、
17年じゃまだまだわからないこともあります。

ただ、少なくとも12年たたないと、その子のことはわからない。
特に8〜11歳くらいは、欠点のほうが目立ちやすい。でもそれは、完成形が見えない故に欠点に見えてしまうだけ。

小学校が、12歳、6年生で終わるってよくできています。
昔の人は、十三詣りといって、数えの13歳で、再びお宮参りしたことも。
干支が12年で一周な事も。
12年でやっと一通り完成するんだって昔の人は自然に知っていたんだと思います。

この動画ではそんな東洋の目線にのっとって、子育てを考え、方法をシェアします。

考える(頭)をオフにして、感じること
芯をしっかりつくり、あとは委ねること
少なくとも、母親は子どもの目線に立つこと。

いつもいつも、私を導いてくれた台所と子ども達は、

添い寝や、子ども目線で「おとうさん」「おかあさん」て呼び合う文化
ただ子どもを抱き続けることや、子守唄、丁寧なお味噌汁
そんなことが、すごく道理にかなっており、重要だと教えてくれました。

誰もが出来ることの中に、答えと救いがあるのです
人生はいつも自分次第。



975A7165b


▼家事も育児も途方にくれた若い頃

でも、20代で母になったときは、家事もへたくそだし、体力もないし、食事改善もめちゃくちゃだし。(それでも心臓の異常と子宮内膜症が治り安産に、花粉症や便秘や冷え性他治ったのだからすごい)

今思うとたった1人の子どもなのに
初めての子育ての大変さにびっくり仰天でした。

何より若い時は、自信がもてませんでした。

自然食の世界にも一般食?の世界にも、どっちにもそまりきれないのです。
どっちもそれぞれ、正しいとも思うんだけど、「なんか、何かが違う」と感じてしまい、かといって、自分が正しいとも全然思えない・・・

途方に暮れながら、右往左往。
でも、いつもいつも、出会った人達や、子どもがいない若者たちが助けてくれました。
そして、繰り返しになってしまうけど
台所と子ども達が、私には一番の先生でした。

歳をとるのはいいもので、
今、理想を追うのではなく、完璧な自分では全然ないのに、
静かな自信を持って育児の大変さを楽しめています。
共感するところと疑問の両方に溢れていたマクロビオティックや自然食も、
何がおかしくて、どうしたらいいのか、かなりわかるようになりました。

今、若いときの私と同じように(失礼かな)
頼れる親戚もなく、子どもが大事なんだけど、でもうまくいかない
これでいいのか不安
というようなお母さん達に、小さな応援ができたらなって思っています。

 ・玄米の良さと白米の良さと食べさせ方
 ・負担になる玄米食パターン
 ・何がなくてもお味噌汁
 ・変わってしまった味噌や大豆製品
 ・5分でできるおかず
 ・簡単おやつ
 ・様々な薬膳
 ・子どもが喜んで食べるコツ
 ・動物性食品の食べさせ方 などなど


世間で言う「マクロビオティック」ではない講座です。
(私の思うマクロビオティックなんですが)

がちがちの玄米菜食ではありません。
菜食なら何でもいいわけではありません。

例えば、アボガドとかね、避けましょう。小さな子には、蜂蜜も蕎麦も、ピーナッツも、控えた方がいいです。気象変動、食材の変化は激しく、6、7年前と環境も違うし、私たちにとっての必要なことも全然違う。完全菜食を何年もは、合わない気候と食材になっていると思います。(かといって、やみくもに肉食や動物性たんぱくがいいわけでもない)

血液を調え、消化よく、ほてらせず・・・。「元気」を保てるために食があります。
これまでは、食の基本を伝えてきましたが(元気のためだったけど)、それだと受け取る方が、食が目的になりがち。これからは、もう一度「元気」に焦点を合わせ直し、そのためにこうなんだけど、これができなければ、これもあり、というような表現をやっていきたいです。


▼子供もお母さんも元気になるために

お母さん達も、ほんの少しの手間をかけることで、逆に子育てがラクになります。
かけた時間はかえってきます。必ず。何倍にもなって。

なにより、お母さん・大人も疲れにくくなると、子どもたちと向き合いやすくなる。
子どもにイライラしてしまうと悩んでいるお母さん。大丈夫ですよ。元気を創れれば、もっと笑顔で接しやすくなります。

子ども達は、親が大好き。

親がどんなに未熟でも、許し愛してくれるのは子ども達です。
そして、必ず、親でない、かけがえのない大人を見つけるんですよね。


これまでお世話になった全ての人達への感謝と、子ども達の笑顔と幸福を願って、私自身が未熟なのは百も承知でつくります。

どうぞ、楽しく、ご覧いただけますように。

51
オーガニックベース オンデマンド
「奥津典子の台所 子育てのきほん」
 https://organicbase.net/kodomo