雲仙は、今、むせるように新緑が美しいです
目にしみるほど

一歩一歩、動く度に、新しい景色が封切られるように現れます
車を走らせても、くねくね道、
ひとつ曲がるごとに、ページをめくるように違う美しさ、画面が登場します

空の蒼さと海の碧さが入れ替わり立ち代わり
緑の美しさは無数で、
美しすぎて人工的ですらあるくらい美しい

これは、雲仙の空気が可能にしているのでしょうか
不思議な光線をつくっているように見えます
2017 新緑


写真は相変わらず下手で恨めしい〜!!
さすがに悔しいです この季節は


◯筍と珈琲

先週までは、もっと初々しい緑でしたが
今週は一気に初夏仕様
そして、筍達も、うんともすんとも言ってなかったのに、
もういきなり全開
人間達も大慌てで、今年もいただけました
皆さんの地域はこれからかな?

筍を食べると、ほんとに春と夏の身体にいよいよ切り替わるなあと実感します
筍の効果。

陰がとても強い筍。少しの旬の恵みが、春夏の陽気に合う身体にし、<陰>食への強い欲求(甘味やアルコール、カフェイン他)を抑え、
その後の心身の安定に向けてくれます。
それまで、2週間程珈琲という病にかかっていましたが(笑)
おかげで卒業できそうです
苦味、珈琲の深炒り、それぞれ、役割もデメリットもあり
(春の苦味については過去記事の中で)

でも、丁寧に淹れられた珈琲はやはり贅沢な美味しさでたまにはいいかなと思います
本物はやはりなんとも美味しいですね
大好物なので、普段は月に二回まで、って自分に課してるんですけど、
ともかく丁寧に淹れられたものが好きです

コーヒー


こちらは、雲仙観光ホテルにて
カップもこれは大好き
最近は、娘もドリップしてくれますから、珈琲好きには大変です(笑)

食べものは血液をつくる
(嫌な言い方ですが)「質」が結局一番大事だと思います
ファッションオーガニックみたいなのは、すごく嫌ですけれど
丁寧にちゃんとつくられたものをいただきたい
プロセスの気持まで、血液と人生に反映される気がします



◯温泉蒸し

さて、雲仙では、筍は温泉蒸しという方法ができます
皮ごと放り込んで(という表現がぴったりのラフさ)
数時間すると、もうほっくほく。(外が黒くなります)
蒸気屋さんが、温泉釜を貸し出してくれます

今年は、昨年移ってらした陶芸家・野口悦士さんの魚料理も加わりました
超名人なのです ほれぼれの手さばき
全員集合!とはいかず、あちらこちらの友人が浮かびましたが
ともかく、集まれた仲間達といただきました
小さいですが、真ん中の黒い焼き締めが野口さんの器
2017 04 筍ぱ

蒸気屋さんにて

・・・・

食べきれなかった残りは、娘と料理
2017筍

娘といっても、2歳の方
初めての彼女とのクッキング!!
勿論つくるより中のひだひだをつまみ喰い係になる頼もしい助手さん
台所ていいなあとしみじみ思いました

今日は私の留守(仕事中)ネエネとクッキーをつくると張り切っていました
つくると食べるの意味が同じ? 2歳はきっと一番自由ですね
ほんとうに大変だけど、すごく面白い年頃です

・・・・


20170420


◯お弁当

これは、4/20のお弁当
娘がお友達と摘んできた野草の天ぷらがポイントです?
ご飯は、天洋丸さんの「自転車飯」と油揚げを混ぜた醤油味
白米なので、いりこを利かせた味がとても合います
ほんとうに、10年前よりは、魚やミネラル、たんぱく質や油脂が多く必要な時代になってるなあと思います
気象や食べものの質が全然違いますね

ネギ坊主はマリネに 厚揚げは玉ねぎと甘酸っぱく
今年は玉ねぎがなくなりませんように・・・

ザワークラウト(発酵キャベツ)と白菜漬けのストックがなくなってきて
端境期、なんでつくろうかな と思案中。


・・・


誰しも、

美味しく食べたい 楽しみたい
食への感謝
元気でいたい
忙しいとかお金とか都合

四面のそれぞれのバランスで「今日の食」を決めていると思うけど

情報が溢れた現代
軸と土台をつくるお手伝いは、大事なんだなと、思いました。
しっかり土台ができるとほんとに楽しく自由が大きくなります。
必要と状況に合わせて柔軟に適切に、のっていける <今>が楽しい


51
☆オンデマンド講座
「子育てのきほん」動画配信


 https://organicbase.net/kodomo


第3回、4回を撮影中です 
テーマはお豆腐とヒジキ。片手ですぐできる料理とアレンジです。
理想を目指しすぎないで、今ここで、できることで
子どもも大人も元気に
血液の状態がよくなれば、機嫌良く、楽しく暮らせます


☆オンデマンド講座
 「マクロビオティック季節のレクチャー」


 https://organicbase.net/maclec

五行説をもとに、今に合わせて食とからだを解説します 
上級者向けですが、初心者向けに、マクロイヤーという方にも向けて解説
こういうことに関心のある方は絶対面白いです!

「マクロビオティックはじめなきゃ」と構えるんじゃなくて
二度と無い今をいっぱいに楽しむ、台所論、いかがですか
今年の春の補講も録画中、来月配信します! お楽しみに〜



その他様々なご案内は、HPをご覧ください
「はじめるコース」は基本の基本、土台です。
サポートサイトも更新していますので、受講生・修了生の方、ご参照くださいね