2004年02月28日

葛城市誕生!

 昨日27日から2月定例県議会が開会なりました。
 今回は例年の如く16年度の予算議会です。また財政が本当に厳しい中、国の性急な交付金、補助金削減が行われかなり厳しい予算になっています 今議会は例年にも増して激しい論戦が繰り広げられるでしょう。

 冒頭知事の提出議案の説明が40分行われ、その後今日のマスコミにも取り上げられているように、当麻町、新庄町が合併して「葛城市」になるべく議案が提出されましたので、即総務警察委員会に付託、委員会が休憩の間開催され採決が行われました。
 続いて本議会に諮られて、賛成多数で可決なりました。
 奈良県で香芝市についで11番目の市の誕生です。
 今年の秋には晴れて「葛城市」の誕生します。奈良県でも各地で合併問題取りざたされていますが、皆さんもご存知のようにほとんどがうまく行っておりません。今回のように2町合併の方が速やかに移行出来るようですね。どうしても地域エゴや議員エゴが出て、それが大きな障害になっているような感じでがします。もう一度我が香芝市はもちろんですが、本当に将来を見据えた新たな希望が持てる「ふるさとづくり」を考えなければならないのではないでしょうか・・・・・・。

 昨日こんな話題が出ていました。「市町村合併を議論しているが、30年後には奈良県も無くなって、どこかの府県と合併せざるをえないのではないかな?と」。

Posted by okuyamadaily at 12:19│Comments(0)