2004年09月22日

大塔村崖崩れ現場。

20040919_1528_0000.jpg19日
世界遺産の式典のため、本宮へ行く.午後六時から和歌山県本宮町で式典が行われるため、親戚の法事を2時ごろ失礼して、十津川村を通過していく途中で。皆さんもテレビでご覧になった169号のがけ崩れの現場写真です。
テレビでは崩れる瞬間しか見れませんでしたが、ごらんのとおり大変な事になっています。
一年ぐらいで復旧できるかと思っていましたが、とんでもありません。
これから調査をして復旧に入る予定ですが、。2年はかかるのではないでしょうか。
幸いけが人もなくよかったのですが、対岸の旧169号を迂回道路として使っています。
通常より5分程度時間がかかるようです。

世界遺産の式典「森羅万唱」〜紀伊山地からの祈り〜は河村文部科学大臣を迎え、和歌山県、三重県の知事も列席(忙しいのか奈良県知事は代理)本宮大社の中庭で厳粛な中にも、悠々しい式典が始まりました。
今回の世界遺産登録は和歌山県が特に力を入れているように感じるのは、私だけでしょうか?。
とにかく香芝から約4時間かかるので、翌朝の行事も入っていたので式典終了後帰りました。



Posted by okuyamadaily at 11:19│Comments(0)