2007年02月20日

安倍内閣(あべないかく)は

安倍内閣(あべないかく)は、

第90代の内閣総理大臣に指名された安倍晋三が

2006年9月26日に発足させた内閣である。

自由民主党、公明党を与党とする連立内閣である。

組閣の経緯・命名
安部総理はこの内閣を「美しい国づくり内閣」と命名し、小泉前総理の構造改革を加速させ、補強していく方針を表明した。 この組閣に関しては、経済界からはおおむね肯定的な評価を得たが、メディアからは2006年の自民党総裁選で安倍を支持した議員を優遇したことから「論功行賞内閣」と評された(なお、論功行賞人事自体は過去の内閣でもたびたび行われてきたものである)。これに対して安倍総理は、「結果を出せる人を選んだ。」としている。[1]

閣僚経験がない塩崎恭久の起用には党内からの危惧もあったが、安倍は新人議員時代から政策集団で共に行動して来た塩崎を内閣官房長官に抜擢し、「拉致問題担当相」を兼任させ、安倍自身の支持の大きな要因である拉致問題の解決への積極的姿勢を打ち出した。また総裁選挙で対立候補となった麻生太郎は前内閣での外務大臣を留任させたが、もう1人の対立候補である谷垣禎一(前財務相)及び谷垣派からは入閣なしであった。また、連立を組む公明党からは前内閣と同じ国土交通大臣のポストに冬柴鐵三(党常任顧問)を起用。また首相官邸には若手を起用し、首相官邸機能を強化した。サプライズ人事と言われる斬新な人事を行なった前の小泉内閣と比較され、「オールドタイプの(古い)自民党の内閣」(『プレイボーイ』誌)とも評されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%86%85%E9%96%A3

閣僚、会話やめ一斉に起立=20日午前の閣議で
2月20日13時1分配信 時事通信


 自民党の中川秀直幹事長に閣議時の「マナーの悪さ」を指摘された安倍内閣の閣僚は20日午前の閣議に臨み、全員が一斉に起立して安倍晋三首相を迎え「おはようございます」と大きな声であいさつした。閣議前は数人が会話していたが、首相入室後も続ける閣僚はいなかった。
 この後の記者会見で、塩崎恭久官房長官は中川氏の指摘について「意味がよく分からない部分があった」としながらも、「内閣に頑張れというエールだと思う」と述べた。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070220-00000057-jij-pol

トラックバックURL

コメント一覧

事務所もプロフィールの詳細を明かさない程、柴咲は池袋で有名なイケイケギャル
柴咲本人は「昔は大人しくて暗くて…引きこもりで全然モテませんでした」
と言ってますが元カレや当時の友人から写真を流出されて明るいイケイケギャルだと判明

真っ暗の背景の中で移っている女性は、間違いなく柴咲コウ。
斜め45度から覗くその涼しいまなざしは、まさにあの瞳だ。
そして彼女が左手をかけている相手は、地黒でくっきりした顔立ちのイケメン。
しかも裸である。

ギャル男のカレの物をくわえながらカメラ目線の写メまでも…。

当時の元彼とハメ撮り【音量注意】
http://chic070219.cocolog-nifty.com/

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)