2007年03月13日

企業の「求める人材像」調査の結果

企業の「求める人材像」調査の結果について〜社会人基礎力との関係〜

本件の概要 :

経済産業省では、企業が職場で求める能力(社会人基礎力)に関し、

昨年10月、企業人事部に対するアンケート調査を実施しましたので、

お知らせいたします。本調査結果では、

「主体性」等を中心に殆どの企業が採用や人材育成に

「社会人基礎力」を重視していることが明らかになるとともに、

職種別・企業別に重視する能力要素の特徴が明確になっています。

http://www.meti.go.jp/press/20070312001/20070312001.html

社員に求める能力「主体性」「発見力」…経産省アンケ
3月12日20時7分配信 読売新聞


 企業の人事担当者の約3分の2が、社員に求める能力として「主体性」や、現状の課題を明らかにする「課題発見力」を挙げたことが12日、経済産業省の発表したアンケート調査で分かった。

 ただ、若手社員にこうした能力が不足しているとする回答も4割を超え、企業が欲しい人材と、実際の戦力にギャップがある実情も浮かび上がった。

 人事担当者が社員に求める能力は「実行力」(70・8%)が最も多く、「主体性」(68・7%)、「課題発見力」(65・8%)と続いた。

 一方、29歳までの若手社員に不足していると思う能力は「主体性」(48・2%)「課題発見力」(44・4%)、「創造力」(44・2%)が上位を占めた。

最終更新:3月12日20時7分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070312-00000111-yom-bus_all

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)