狭山養生鍼灸院

福西式お灸・指圧blog

 釈迦(ガウタマ・シッダルータ)が、自らお灸をすえている絵がある、というと「え、おしゃかさんが本当にお灸をすえていたのですか」とよく問い返されます。ちょっと考えてみましょう。その前に、その絵とは江戸後期の絵師、葛飾北斎(1760~1849)の描いたものです。

 釈迦の生存年については諸説ありますが、大体、紀元前400年くらいと思われます。およそ同じ年代に中国では孟子が活躍しており、その著『孟子』の中に次の語があります。「七年の病に三年のもぐさを求む」。七年ごしの慢性病には三年も晒したよいもぐさでお灸をすえなければならないという意味です。もちろん、それよりもずっと前から中国にはお灸があったのです。だから、中国からインドへお灸が伝わり、おしゃかさんがすえていても年代的にはおかしくありません。しかし、そんな記録もないので、おしゃかさんが本当にお灸をすえることはなかったのでしょう。


               北斎自身がお灸に感謝?

        名称未設定 6
 
 しかるに北斎はこんな絵を残しました。これからは私の推測です。

 北斎自信89歳まで長生きしました。当時としては驚異的な長命です。きっと北斎自身お灸をすえていたから長命だったと思われます。(正確な記録はありませんが)

 また、この絵のおしゃかさんは、何とも柔和な表情をしておられます。厳しい仏像から想像されるインド人の顔ではなく、まさに日本人の顔です。線香をもっている右手も優美です。足にお灸をすえています。これからいえることは、北斎自身、お灸に対し、感謝の気持をもっていたものと思われます。同時に庶民の気持の代弁です。

狭山養生鍼灸院 福西佐元
      [上記は地方紙に掲載されたものです]

 




   図のお灸器具(3000円)を用いて「熱くない、アトのつかない“八分灸”」のすえ方とツボの取り方をお教えします。肩や腰をはじめ全身に御自分で施灸できます。
 一度来院されるのが最善ですが、無理な方には電話またはLineの動画でお教えします。お気軽にご連絡ください。
      お灸器具jpg


                                     TEL  :   072-367-3792

 我々の身体は約60兆個の細胞からできています。それら細胞に熱その他のストレス(刺激)を加えると、それに対抗して細胞の恒常性を維持するようになります。このことを、放送大学(2016年4月29日放送。跡見順子教授)の講義から引用します。それによると、今、我々の細胞を取り出しシャーレに入れて、37℃の体温から急に43℃に上げると、全ての細胞が死滅。しかし、一旦40℃に上げてからしばらく置き、それから43℃にすると半数以上の細胞が生存したとされています。これは、40℃で時間かせぎをしているうちに、ストレスタンパク質というものができて、その働きで、細胞内の小器官が高温に耐えられるようになるからだと言われています。

   名称未設定 5


            ストレスタンパクお灸で増加


 また、跡見氏によると、実験動物として線虫を用い、ストレスタンパク質を増やすようにしていると、寿命が1.7倍になったそうです。

 昔からお灸をすえ続けていると、ぼけずに、丈夫で、長生きすると言われています。お灸研究家の原志免太郎博士はお灸をすえ続け、108歳、男性長寿日本一になられました。(平成3年6月18日)。ストレスタンパク質が増えたからでしょう。

狭山養生鍼灸院 福西佐元
      [上記は地方紙に掲載されたものです]

 




   図のお灸器具(3000円)を用いて「熱くない、アトのつかない“八分灸”」のすえ方とツボの取り方をお教えします。肩や腰をはじめ全身に御自分で施灸できます。
 一度来院されるのが最善ですが、無理な方には電話またはLineの動画でお教えします。お気軽にご連絡ください。
      お灸器具jpg


                                     TEL  :   072-367-3792


 がんこな風邪、気管支炎、さらに肺炎にも八分灸は大変よく効きます。

 八分灸とは、もぐさが八分くらい燃えて、チクッとした熱さを一瞬感じたらハイッと合図をしてもらい、直ちにヒフからもぐさを取り去るすえ方で、アトは全く残りません。小学生も沢山すえています。それで効くのかと思われるかもしれませんが、ツボを点と考えず一定のひろがりをもった面と考え、そこに沢山の灸点をつけて、それぞれに施灸します。一つ一つの刺激はゆるくても、合計すると大きな刺激になりよく効くのです。

 すえるのは図の斜線部で、私の秘蔵のツボです。
      名称未設定 22
              お灸が免疫力アップ

 では何故効くのでしょうか。免疫力が大幅にアップするからです。

 関西鍼灸大学の東家一雄氏の研究を見てみましょう。(全日本鍼灸学会誌53巻5号)

 予備知識を一つ。免疫物質間の情報伝達タンパク質をサイトカインといいます。サイトカインの量が増えれば免疫が増大したことを示します。
       名称未設定 2
 
 研究ではラットを用い、人間の『三里』というツボに相当する所に半米粒大の施灸を3回ずつ毎日すえています。図を見ると、サイトカインの一種であるインターフェロンɤ(INT-ɤ)がふえてゆき、20日目には施灸していないラットに較べ2倍にもなっています。本当は日頃から足三里でも施灸するのがよく、私は30年間かぜをひいていません。

狭山養生鍼灸院 福西佐元
      [上記は地方紙に掲載されたものです]

 




   図のお灸器具(3000円)を用いて「熱くない、アトのつかない“八分灸”」のすえ方とツボの取り方をお教えします。肩や腰をはじめ全身に御自分で施灸できます。
 一度来院されるのが最善ですが、無理な方には電話またはLineの動画でお教えします。お気軽にご連絡ください。
      お灸器具jpg


                                     TEL  :   072-367-3792

このページのトップヘ