狭山養生鍼灸院

福西式お灸・指圧blog

 江戸時代の笑話に出てくるお灸の話をしましょう。安永六年に出版された

(あぜ)落穂(おちほ)』という本に出てくる『名灸』という話です。この本の作者は不詳ですが、出版元は遠州屋久次郎です。

 

名灸

 

 「貧乏を直す名灸、此方にてすへ置し申候」と看板

「さて/\世にはいろ/\の灸も有ものか」とすっとはいって、

「ちと御頼申ます。わたくし到って貧者(ひんじや)で御座りますが、どふ御療治(ごりようじ)で直りませふか」。息子が出て、

「親どもは今日は他行(たぎよう)(注①)で御座るが、拙者がすへて進ぜませふ」と、すへている最中(さいちゆう)親仁(おやじ)帰って、

「ヲゝよふ御座った、どれどれ」顔色を見て、

「ハアゝ貴様は余程強い困窮じやの」

「ハイ」

「そして何処をすへる」

息子が、「まづ七(注②)をすへて、根をたちませふと存じます」

「イヤ/\(それ)ではいくまい、章門(しようもん)(注③)を焼てしまへ」

                                   名称未設定 1

ツボの名前でかけことば

 

 右の文中、①の他行とは外出のこと、②の七とは、7番目の胸椎の両横で背筋のうえを示します。つまり背骨と肩甲骨との中間の場所を示し、今でも年配の人はよく使います。③の章門とは、脇腹で肋骨の一番下端にある肝臓に関する重要なツボの名前です。この場合、借金の“証文”とかけて使われています。

 

 以上を踏まえて、簡単に説明しましょう。

 

 貧乏をなおす名灸をすえるという所へ、すえて欲しいという人が来たので、外出中の主人に替って息子がすえる場面です。帰ってきた主人の質問に対し、息子が背中の“シチ”の部位に灸をすえて根本治療をしようとしている旨をこたえると、主人は「それでは手ぬるい。借金の証文を焼いてしまえ」と答えたという話です。江戸の庶民はツボの名をよく知っていたのです。

狭山養生鍼灸院 福西佐元
      [上記は地方紙に掲載されたものです]



 




   図のお灸器具(3000円)を用いて「熱くない、アトのつかない“八分灸”」のすえ方とツボの取り方をお教えします。肩や腰をはじめ全身に御自分で施灸できます。
 一度来院されるのが最善ですが、無理な方には電話またはLineの動画でお教えします。お気軽にご連絡ください。
      お灸器具jpg


                                     TEL  :   072-367-3792


 

 

 スポーツの問題について数回にわたってお話をしてきましたが、今回は“肥満”とスポーツの関係について考えてみましょう。

 糖尿病を始めとするいろいろな成人病の予防や治療には、肥満の解消が重要であると考えられています。そして世間の常識として、肥満解消にはスポーツがよいとされ、奨励されています。しかし、この常識は果して正しいでしょうか?そんなことはありません。問題点がたくさんあります。それについて述べましょう。

           スポーツでやせるのは無理

 まず、次の単純な事実を確認しておきましょう。

 ▶入ってくるカロリー ー 出てゆくカロリー = 体重の増減
 
①スポーツで体重を減らそうとするのは、前記の『出てゆくカロリー』を増大させようとすることですが、事実はこのようにはゆきません。3kmや4kmぐらいを早足で歩いても、消費するカロリーは非常に少ないものです。

②次に、スポーツをすることが食欲の増進を招き、食べすぎて逆に体重増加になりがちです。

③肥満している人が続けてスポーツをすると、多くの場合、膝の痛みや坐骨神経痛、腰痛を誘発します。鍼灸院を訪れる人の中に、このような例があまりに多いことに、私は常々驚かされています。

 成人病のような内科的疾患の治療にのみ関心を奪われ、整形外科的な疾患を誘発する可能性に注意が払われないために、こうなるのです。「木を見て森を見ず」とは、まさにこのことを言うのでしょう。

 人間を分解して、一部分のみに注意を奪われるという西洋医学的発想の問題点があらわれています。東洋医学にあっては、人間を全体としてとらえる考え方が濃厚です。

 では、肥満の解消にはどうしたらよいのでしょうか。

 以上見てきたように、スポーツをして出してゆくカロリーを増やそうとしてもダメなら、入ってくるカロリー、つまり食べる量を減らす以外に方法がないことになります。そのための具体策については、別の稿で詳しく述べましょう。

狭山養生鍼灸院 福西佐元
      [上記は地方紙に掲載されたものです]



 




   図のお灸器具(3000円)を用いて「熱くない、アトのつかない“八分灸”」のすえ方とツボの取り方をお教えします。肩や腰をはじめ全身に御自分で施灸できます。
 一度来院されるのが最善ですが、無理な方には電話またはLineの動画でお教えします。お気軽にご連絡ください。
      お灸器具jpg


                                     TEL  :   072-367-3792
 


 スポーツ・ブームが子供にまで及び、子供向けの各種スポーツクラブが盛況です。少年野球・少年サッカー・水泳教室・・・。これは結構なことですが、問題も少なくありません。それについて考えてみましょう。

             ◇     ◇

 子供のスポーツは、本来次のような目的をもっています。
 ① 体位の向上
 ② 精神力の養成
 ③ 社会性の養成
 まず、①の『体位の向上』について考えてみましょう。

 先日、少年野球のピッチャーが、肘が痛いといって訪ねてきました。診ると、肘の関節を、正常な子供の半分しか曲げることができません。一見して、関節に異常が認められました。また、別の少年は肩の骨に変形をきたし、ちょうど五十肩のような状態になっていました。このような子供たちが、完全に治ることはありません。変形したまま一生を過ごすことになり、言わば障害者となったのです。このような例は実に多いのです。

           変形しやすい子供の身体

 レントゲン写真で見ると一目瞭然ですが、本来、子供の関節は大人とはずいぶん違っています。未発達な関節に強い力を連続して加えると、変形しやすいのです。体位の向上を目指して障害者になるとは、矛盾もよいところです。

 この原因は、大人の介入による管理のしすぎにあると思われます。

 元来、子供たちを自由にしておけば、疲れたならば、その時点でスポーツをやめてしまいます。ところが、大人が介入して“精神力でやり抜け”などと強制するとこういうことになるのです。精神力を強調することは、短期的には有効でも、長期的には有害無益であると思われます。

 ③の『社会性の養成』とは(a)ルールを守ること、(b)礼儀作法を身につけること、(c)団体競技にみられるように、個人の働きを全体との調和の中に見出すこと――以上を会得することだと思われます。
 
 スポーツの長所と短所を、今一度考え直すべきでしょう。

狭山養生鍼灸院 福西佐元
      [上記は地方紙に掲載されたものです]



 




   図のお灸器具(3000円)を用いて「熱くない、アトのつかない“八分灸”」のすえ方とツボの取り方をお教えします。肩や腰をはじめ全身に御自分で施灸できます。
 一度来院されるのが最善ですが、無理な方には電話またはLineの動画でお教えします。お気軽にご連絡ください。
      お灸器具jpg


                                     TEL  :   072-367-3792

このページのトップヘ