福西式お灸・指圧blog

狭山養生鍼灸院

2014年03月

 睡眠薬や抗不安薬を多種類長期服用していると副作用が現われ、やめようとすると離脱症状が現われ、大変問題になっています。国も対策にのり出しています。

 実際、米国では、薬の使用は4週間以内に抑え、それの効果がなければ止めて、別の薬に切り換えられています。また、我国の睡眠薬使用量は米国にくらべ、人口1000人あたり6倍にのぼると言われています。

 折りも折り、東京女子医大では、全科の患者さんにパンフレットを配り、上記の弊害をくいとめようとの努力がなされていることを知りました。

 そこで、東京女子医大に手紙を送り、一部送って欲しい旨をお願いしました。すると早速送ってくれたのです。東京女子医大の親切に対し、心から感謝の意を表します。なお、このパンフレットは、平成24年度の厚生労働研究補助金によって作成されたことが明記されています。

 

名称未設定 2

 

薬を断つのにお灸が有効 

 

 このパンフレットによると睡眠薬・抗不安薬を2種類以上飲んでいる人、また薬を6ヶ月以上継続して飲んでいる人を対象にしています。これでも米国基準に較べると随分ゆるいものです。いろいろ注意事項がかいてあり、いかに薬を断つかの方法についても述べられています。

 

 ところで、睡眠薬・抗不安薬・うつ病薬等を断つのにお灸が大変有効な手段であるという事実が広く知られていないのは残念なことです。お灸といっても「熱くない、アトのつかない“八分灸”」ですから怖いものではありません。次回に具体例を示しましょう。


狭山養生鍼灸院 福西佐元
 【上記は地方紙に掲載されたものです】

 前回に続き、近松門左衛門の浄瑠璃『卯月紅葉(うつきのもみじ)』からお灸の話をします。

 心斎橋の小道具商笠屋の娘〝おかめ〟と婿養子の与兵衛の心中物語です。

主人長兵衛の正妻が死に、妾の〝ゐま〟が弟の伝三郎と組んで与兵衛を追い出し、伝三郎をおかめの入婿にして家督を乗っ取ろうと画策します。そのため、与兵衛と主人たる長兵衛の仲が悪くなり、ある時、与兵衛は蔵に身を隠すことになりました。それを知らない長兵衛が蔵の鍵をかけてしまいます。

 

 ◇                           

 

 与兵衛は蔵の窓より(かほ)出し「水にても湯にても。せめて煙草(たばこ)()みたやな、煙管(きせる)火縄(ひなわ)懐中(くはいちう)す。おかめ()たらば 火がほしや」と(のんど)(かは)かし()ちけるが。「(おも)ひ付いたり」と、水晶(すいしやう)根付(ねつけ)(たづ)ね出し (もぐさ)を少し押当(をしあ)てゝ。(いり)日の窓に差向(さしむ)かへば げに炎天(えんてん)極陽(ごくやう)()水晶(すいしやう)に火(うつ)りて (もぐさ)ふすぶり出でけるを 火縄(ひなわ)に移し。やすやすと。煙草(たばこ)()をぞ(やす)めける。

 

    ◇    ◇ 

    簡単に説明します。

 

 蔵に閉じ込められた与兵衛はたばこをすいたいと思いますが火がありません。そこで思いついたのが、たばこ入れの根付として付いている水晶をレンズにして用いることでした。水晶をレンズとして太陽光をもぐさに集中させて火をおこし、たばこをすっています。

 根付とは、たばこ入れや巾着(きんちゃく)等を帯にはさんで腰に下げる時、落ちないようにひもの端につける物をいいます。

 ここで大切なことは、もぐさが灸をすえるためでなく、火を起こす道具の一部になっていることです。昔の旅人はもぐさを携行し、火打石のマサツで熱くなった石の破片をもぐさの上に落とし、火を起こしていました。

               

狭山養生鍼灸院 福西佐元
 【上記は地方紙に掲載されたものです】続きを読む

近松門左衛門の浄瑠璃『卯月紅葉(うづきのもみじ)』からお灸の話をします。

 

心斎橋の小道具商笠屋の娘〝おかめ〟と婿養子の与兵衛の心中物語です。

主人長兵衛の正妻が死に、妾の〝ゐま〟が弟の伝三郎と組んで与兵衛を

追い出し、伝三郎をおかめの入婿にして家督を乗っ取ろうと画策します。

ゐまは与兵衛の悪口を言いふらし、与兵衛を家の内外で不人気者にした

ててゆきます。

            ◇   ◇


(与兵衛を)道楽者で のら者で、在所(ざいしょ)(もど)せ ()なせとて、

(ひたい)(かど)もいれた者。丁稚(でっち)小者を()ふごとく 内の手代や庭宝(にはだから)の。

悔者(あなづりもの)になし()てゝ。

あの女めが弟を内へ()れふといふ(たく)み。町内からも小柴垣(こしばがき) 

ゆひたつれ共世の中の。(くすり)(やいと)は身に熱く、(どく)な酒は甘ひとかや。

何を()ふても()に入らず ()()()ちる左縄(ひだりなは) 

ゆひ甲斐(かひ)もない身なれ共。(中略)

粉糠(こぬか)三合有るならば入婿すなといふことは 我が身の上の(たと)へかや・・・


            ◇   ◇


          『身体によいお灸』

 

 上記のように与兵衛が追いつめられてゆきます。傍線の部分で、薬の灸は

身に熱くとは、単に身体によいもの、理にあるものといった意味で漢方薬と

は関係ありません。世の中、道理が通らず無理が通るという意味です。

 

 江戸時代、漢方薬を全く扱わず、、もぐさ専門のお店でも、看板は『薬艾』

とするのが一般でした。

 

 ところで「粉糠三合有るならば入婿すな」とは現在でも使われています。

この言葉の出典としては、この浄瑠璃が最も有名です。

 

 この話、次回も続けます。ゐまと伝三郎の策謀により、主人でありしゅうと

の長兵衛の怒りをかった与兵衛は相愛のおかめと梅田の池で心中します。

 


狭山養生鍼灸院 福西佐元
 【上記は地方紙に掲載されたものです】


 開設以来24年の歴史があり、何千人も学ばれた素人向けの『お灸指圧教室』を
今年度前期も開きます。(4月~9月、月2回ずつ、2・4(水)の1時30分~3時30分。計10回)
   



            名称未設定 4 

 

 内容は、熱くない、アトのつかない〝八分灸〟と医学的指圧をやさしくお教えします。
しかも、自分で自分の全身にできるよう簡単な器具をいろいろつくってあります。つまり、背中や腰、足のうしろといったところも、自分でできるということです。図はそれらの一例を示しています。だから一人暮らしの人も安心です。
 名称未設定 1    名称未設定 5

                                 名称未設定 6


         
  開設当初は家族の間ですえ合ってもらうことを想定していました。しかし、間もなく、そんなことは不可能であることに気付きました。24年間の歴史は、お灸も指圧も、自分で全身にできる簡単で使いやすい器具を開発する歴史であったとも言えます。お灸の器具も指圧の器具も、ああでもない、こうでもない、と何度つくりかえたかしれません。


                           八分灸の効果大

 
 ところで、八分灸とは、もぐさが八分くらい燃えて、熱さをチクッと一瞬感じた時にヒフから取り去るすえ方です。器具を用いる場合には、もぐさを器具の先端につけ、柄の方をもって、トントンとリズミカルにヒフにつけたり離したりします。軽くたたきつけている感じです。これで大変よく効くのにアトは全く残りません。気持ちのよいものです。


 表に示したような疾患に大変大きな効果があります。副作用は全くありません。正しい八分灸をすえることほど大事なことはありません。案内書をお送りします。皆さんも効果に驚かれるでしょう。



   狭山養生鍼灸院 福西佐元
 【上記は地方紙に掲載されたものです】


このページのトップヘ