福西式お灸・指圧blog

狭山養生鍼灸院

2014年04月

 不眠症には、ズバリ、指圧が大変よく効きます。しかも自分で実施できるのです。

多くの方が睡眠薬から解放されたと喜んでおられます。

 

 指圧といっても単に指で押すだけでは効果が出ません。私が考案した図の簡単な器具を用いるのです。

名称未設定 1

指圧をする場所は頭頂部(頭のてっぺん)で、この広い範囲を全部、あます所無く指圧します。私はよく塗り絵を塗りつぶすようにと表現しています。図のように器具を頭に強く押しつけながら、頭頂部のややうしろから前へと、頭皮をひっかくようにします。ひたいのすぐ上方で髪の生え際までひっかくようにします。

名称未設定 5

 このように指導しますと、次の二つの質問が出てきます。一番目は頭皮が傷つかないかということです。心配ありません。髪の毛で滑るので頭皮は大丈夫です。二番目は、はげるのではないかということです。これも心配ありません。逆に毛根を刺激して髪にはよい影響を与えます。

 

指圧が〝 痛い 〟


 さて、不眠症の人とよく眠れる人の違いについて述べましょう。不眠症の人は少し指圧するだけで大変痛がります。よく眠れる人は強く押しても痛くありません。そのコントラストは鮮明です。

 

 不眠症の人も痛いのを少ししんぼうして指圧(1日5分)していると、1ヶ月もすると痛みがとれ、薬なしでもぐっすり眠れるようになります。まだ眠れないという人は、やり方がゆるすぎるのです。副作用はありません。


狭山養生鍼灸院 福西佐元
 【上記は地方紙に掲載されたものです】

 不眠症に悩む方が沢山私の所へ来られます。

 不眠症には図の簡単な器具を用いた指圧が大変よく効きます。自分で実行できます。

また、睡眠薬を多くの人が長期間服用しておられるのにも驚きます。

 

 名称未設定 1

指圧に副作用なし

 

 最近、佐藤健太郎さんの『医薬品クライシス』(新潮社)という本を読みました。佐藤さんは大手医薬品メーカーで薬の開発の最前線に立っておられた若手の研究者です。少し佐藤さんの見解を述べましょう。

 

 我々の一つの細胞の中に、数万種類、数にして数億個のタンパク質がある。病気はタンパク質の異常といえる。そこで、「医薬とは、病気に関わっているタンパク質に結合し、その働きを調節することで症状を和らげる物質なのだ。」ところがタンパク質は数万種もあるのだから、似たようなものは沢山ある。だから、薬は目的以外の余計なタンパク質に作用することは普通に起りうる。これが副作用の根源である。結論として「副作用のない医薬が出来ればベストだが、残念ながらそれは実現し得ない」ということです。

 

 ならば、副作用が全く無く、よく効く方法があればそれにこしたことはありません。それが指圧なのです。Tさん(53歳、女性)の体験を自筆で書いてもらいました。こういう例は沢山あります。

 

名称未設定 2

 図の指圧器具をおゆずりし、ご自分で出来るよう指導しています。

 次回は、どこにどのように指圧するのかについて述べましょう。


狭山養生鍼灸院 福西佐元
 【上記は地方紙に掲載されたものです】

 東京女子医大病院では、全診療科の患者にパンフレットを配っています。内容は、睡眠薬・抗不安薬を①2種類以上服用している人、②6ヶ月以上服用している人、を対象として、減薬につとめ最後は薬をやめるようにうながしています。また、その方法についても示されていますので、引用しました。このパンフレットを送ってくれた女子医大の親切に感謝する次第です。

 名称未設定 1

 以上の減薬や断薬は医師の指導の下で行われるのが当然ですが(パンフレットにもそう書かれている)、現実は違うようです。一例をあげましょう。

 

 読売新聞(2013年8月21日)付の『医学ルネサンス』を引用しましょう。高知在住の渡辺瑠海さん(48歳女性)が睡眠薬・抗不安薬の副作用に苦しみ、主治医に相談したところ、薬の影響を否定され、逆に薬の増量を勧められました。そこで、独力で減薬をしてゆく決意を固め、大変な離脱症状に苦しみながら、断薬に成功し、元気な元の生活に戻ったというのです。

 

減薬・断薬に“八分灸”

 

 ここで知ってほしいのは、これらの減薬・断薬をするのに、八分灸が大変有効だという事実です。“八分灸”とは、もぐさが八分くらい燃えた時につまんで取り去る方法で、熱くなく、アトは全くつきません。だから若い女性や小学生でも沢山すえているのです。

 

 すえる場所の第一は肝臓のツボです。ここに強い圧痛を認める(東洋医学的には肝臓の働きが弱っていることを示す)のが普通です。八分灸をすえると肝臓の働きが活発になり、元気が出てきます。

 第二は頭への施灸です。禿げることは絶対にありません。むしろ良い毛が生えてきます。


狭山養生鍼灸院 福西佐元
 【上記は地方紙に掲載されたものです】

このページのトップヘ