読売新聞(平成24年6月17日)に次の記事がありました。


 抗不安薬や睡眠薬としてよく使われるベンゾジアゼピン系薬剤を長期使用すると、抑うつなどの副作用を招くのに加え、薬物依存に陥る可能性があるというのです。「そのため欧米では使用を4週間以内に抑えて依存を防ぐのが一般的だが、日本では長期処方が広く行われてきた。」と書かれています。また、「日本はベンゾジアゼピン系睡眠薬の使用量が極めて多く、人口1000人あたりの使用量は米国の約6倍にのぼる。」とも書かれています。


 薬物依存に陥った患者が、急に薬の量を減らしたりやめたりした時の離脱症状についての記事を枠で囲って示しました。また、薬の名前も新聞の通りです。


 離脱症状をいかに少なくするかについて新聞に書かれていますが、ここに抜けていることについて述べたいのです。
        名称未設定 1
  
               薬物離脱にお灸

 それは、苦しい離脱症状を緩和するのにお灸が大変効果的であるという事実です。実際、うつ病・自律神経失調症・心身症等の神経科領域の病名をもつ人が沢山お灸をすえています。お灸といっても、熱くない・アトのつかない“八分灸”ですから怖いものではありません。八分灸とは、もぐさが八分くらい燃えた時につまんで取り去るすえ方で、熱くなく、アトは全く残りません。若い女性も多くすえています。

 なお私自身、若い時に、当時の病名で神経衰弱(現在では、うつ病や心身症に該当)で大変苦しみました。結局、お灸と『森田療法』で克服しました。『森田療法』とは慈恵医大の森田正馬博士が始められた方法で、一種の行動療法です。大変すぐれた方法です。

狭山養生鍼灸院 福西佐元
      [上記は地方紙に掲載されたものです]

 




   図のお灸器具(3000円)を用いて「熱くない、アトのつかない“八分灸”」のすえ方とツボの取り方をお教えします。肩や腰をはじめ全身に御自分で施灸できます。
 一度来院されるのが最善ですが、無理な方には電話またはLineの動画でお教えします。お気軽にご連絡ください。
      お灸器具jpg


                                     TEL  :   072-367-3792