我々の身体は約60兆個の細胞からできています。それら細胞に熱その他のストレス(刺激)を加えると、それに対抗して細胞の恒常性を維持するようになります。このことを、放送大学(2016年4月29日放送。跡見順子教授)の講義から引用します。それによると、今、我々の細胞を取り出しシャーレに入れて、37℃の体温から急に43℃に上げると、全ての細胞が死滅。しかし、一旦40℃に上げてからしばらく置き、それから43℃にすると半数以上の細胞が生存したとされています。これは、40℃で時間かせぎをしているうちに、ストレスタンパク質というものができて、その働きで、細胞内の小器官が高温に耐えられるようになるからだと言われています。

   名称未設定 5


            ストレスタンパクお灸で増加


 また、跡見氏によると、実験動物として線虫を用い、ストレスタンパク質を増やすようにしていると、寿命が1.7倍になったそうです。

 昔からお灸をすえ続けていると、ぼけずに、丈夫で、長生きすると言われています。お灸研究家の原志免太郎博士はお灸をすえ続け、108歳、男性長寿日本一になられました。(平成3年6月18日)。ストレスタンパク質が増えたからでしょう。

狭山養生鍼灸院 福西佐元
      [上記は地方紙に掲載されたものです]

 




   図のお灸器具(3000円)を用いて「熱くない、アトのつかない“八分灸”」のすえ方とツボの取り方をお教えします。肩や腰をはじめ全身に御自分で施灸できます。
 一度来院されるのが最善ですが、無理な方には電話またはLineの動画でお教えします。お気軽にご連絡ください。
      お灸器具jpg


                                     TEL  :   072-367-3792