お灸は東洋医学の華であると一般に考えられています。そうすると『西洋の灸』という題には、ちょっと奇妙な感を持たれるかも知れません。

 

 そもそもお灸の本質は、一瞬の熱刺戟によって内科疾患や整形外科疾患の治療を行なうものです。西洋では、古代ギリシャの昔から『焼灼(しようしやく)という治療法があた。は、鉄((らく)(てつ)皮膚押し皮膚か、てい皮膚す。こう内科疾患整形外科疾患治療ってす。

 

 このように見てくるとき、一瞬の熱刺戟という根本において、わが国のお灸も焼灼も同じ分類に入る治療法といえるでしょう。

 

  熱した鉄で傷の治療

 

 今回は、熱した鉄による焼灼によって傷の治療をしている絵を紹介しましょう。

 
  名称未設定 2
 

 これは、有名な『創傷外科の野外における手引書』という本の木版画による挿絵です。1517年の作と言われていますが、ドイツ人であるという以外、版画家の名前はわかっていません。

 

 なお、わが国のお灸も、傷口の治療によく用いられてきました。次回にこの話を続けたいと思います。

 
狭山養生鍼灸院 福西佐元
      [上記は地方紙に掲載されたものです]




 




   図のお灸器具(3000円)を用いて「熱くない、アトのつかない“八分灸”」のすえ方とツボの取り方をお教えします。肩や腰をはじめ全身に御自分で施灸できます。
 一度来院されるのが最善ですが、無理な方には電話またはLineの動画でお教えします。お気軽にご連絡ください。
      お灸器具jpg


                                     TEL  :   072-367-3792