Conserveira de Lisboa
リスボンのコメルシオ広場の近くにある、創業80年の老舗のお店、Conserveira de Lisboa。その名も、リスボンの缶詰屋。
本当に、缶詰めだけを売っている老舗の専門店です。最近ケ組のお土産の定番店でもあります。それでは行ってみよう!

リスボン缶詰め屋1
小さな店ですが缶詰屋と言うだけあり、本当に缶詰めだけが、壁一面に缶詰めが並んでおり、。地元の人がひっきりなしに訪れています。
また魚好きのポルトガル人だけに、バカリャウは勿論、ツナ、鯖、タコ等、色んな種類の魚や貝、さらにはトマト入り、ニンニク入り等もあり、本当に何種類もの缶詰が置いてあります。これだけ有ると、どの様に注文したら良いんだろう・・・。
と思いきや、そんな心配はいりません

リスボン缶詰め屋3
なんと!お姉さんが見本ケースを出してくれて、説明までしてくれました。この痒い所にも手が届く親切度、ポルトガルにはなかなかありませんゾ!一体いくつ入っているのだろう?と思える程大きな箱も置いていますが、1缶からも買えるので、友人へのお土産には勿論、自分用にも良いですね。日本に帰国してからも、この缶詰とヴィーニョ・ヴェルデを頂くと、気分だけはポルトガル!になる事請け合いです♪

リスボンの缶詰屋2
地元の客、観光客で大忙しの店内では、お姉さんとお母さんがテキパキと働いています。

リスボンの缶詰め屋4
可愛らしいパッケージへのスタンプと、一個一個の手作業での梱包は、おばあちゃまのお仕事ヨ。と言う事で、お店の奥のテーブルでは裸の缶詰めを並べて、それからスタンプ押し、梱包とテキパキこなしています。おばあちゃんの仕事も残してあげて、家族で頑張っているお店と言う感じが、なんか良いです。 (娘、お母さん、おばあちゃんの関係はケの想像なんですけどね

またお店には、昔の缶詰や包装紙のプリント原版みたいなのまで展示してあって楽しいですよ。
 相棒のブログ Bonito★ぽるとがる:す、す、す捨てられない・・・ポルトガルのエフェメラ

リスボン缶詰め屋
買い物終了。ちょっと重いけど、これで日本に帰ってからもしばらくは、ポルトガル気分が味わえます♪
また次も来るよ~。

ポルトガル土産:缶詰め2
ゲットした缶詰めの一部。猫が魚を見て舌なめずりをしているパッケージなんかは、それだけで美味しそうに思えてしまいますよね。

ポルトガル土産:缶詰め
バカリャウも美味しいのだ~。

最近はユーロ圏の財政問題の一環で、PIGSの一員としてポルトガルの名前やリスボンの街並みをニュースで見かける事が多いです。景気的にも厳しい中、この缶詰屋の様な、ケ組お気に入りの老舗の店等が潰れてしまわないか心配しています。ポルトガル伝統の金細工フィリグラーナ屋さん、手袋屋さん、蝋燭屋さん・・・。ケ御用達リスボン大衆食堂「オヤジの店」も潰れたみたいだし(こちらは時期的にはちょっとずれていますが本当に残念)。キャベツ型の陶器として有名なボルダロも危ないとか・・・。ケ組はポルトガル人の友人にバカリャウの置物を手に入れて貰いましたが、なかなか手に入らず、これが最終ロットかも?!と言っていました。余談ですが、このバカリャウ全長30cm程あり、次回ポルトガルから抱えて持って帰る予定。大変だ(笑)

    
Ola! Portugal                    → http://www.h3.dion.ne.jp/~porto4/
Ola! Portugal :Lisboa リスボン/与茂駄風景 →  http://www.h3.dion.ne.jp/~porto4/lisboa2.htm
Ola! Portugal :ポルトガルのお土産達    → http://www.h3.dion.ne.jp/~porto4/omiyage.htm

むいんと おぶりがーど  今日も訪問ありがとう。
← ポチッと、ひと押しお願いします。
  (人気ブログランキング:海外旅行)

  とっても励みになるそうぞなロシ。