ポルトガル旅行の楽しみの一つは食事!素材を生かしたシンプルな味付けや、魚料理や米料理も沢山食べるので日本人の口にも不思議とよく合います。またポルトガル人は食べるのが大好きで、体格は日本人とそんなに変わらないのですが、「これ本当に一人分?!」「たしか半分の量で、とお願いしたんだけれど?!」と思う程の量が出て来ます。それでも美味しいので、食べてしまうんですよね。胃袋が2つ有って、交換可能だったら・・・なんて思う事も。最近は相棒と二人旅ですので、一度の食事に2種類の料理を味わえるのはムイント・ボンですね♪まぁ、時にはお目当ての料理がダブル事も有るのですが。そんな時は・・・(ノーコメント)。

今回訪れたのは、ポルトガルの北部、Chaves シャヴェスと言う町を訪れました。シャヴェス旧市街の町並みは、ローマ時代のマイルストーンの有る橋や、ベランダの有る家、狭いながら活気のある町並み等、歩いていて面白かったです。

ここで泊まった星型要塞ホテルでの夕飯です
ポルトガルではSopa ソッパ(スープ)が美味しいです。ですからケ組の食卓にはソッパは欠かせません。

<Caldo Verde カルド・ヴェルデ>
Caldo Verde カルド・ヴェルデ
カルド・ヴェルデは、元々はポルトガル北部の料理だったそうですが、今では全国で食べれる人気メニュー。ケ組もポ旅行中一度は食べないと、ポルトガルに来た気がしません。ポテトスープに千切りのポルトガル・キャベツを煮込んだもの。仕上げにチョーリッソを一切れ、オリーブオイルを垂らしています。ここシャヴェスの町は、Presunto プレズント(生ハム)が有名ですが、ソッパに入っていた、このチョーリッソも美味しかった!
が、肝心のカルド・ヴェルデのお味がイマイチ。なんか味がしない。芋の味がしないのか、塩味が足りないのか。
今回のポ旅で、他にも同じ様な印象を持った事が。こんな事ポルトガルでは珍しいんですけどね。もしかしたら、猛暑の影響でジャガイモの生育や味が悪かったのかも・・・なんて話をしていました。

<Creme de Castanha クレーメ・デ・カスターニャ>
Creme de Castanha クレーメ・デ・カスターニャ
ここはホテルだけ有って、ソッパのメニューも充実していました。ローカル食堂では大抵、今日のスープ(大体Sopa de Legumes:野菜スープ)とせいぜい、もう一品ある程度です。
このCreme de Castanha:栗のクリームスープは珍しいので(栗も好きですし)注文しました。味は栗の甘みもあり、ちょっと日本のお汁粉に似た感じ?腰抜けの米型パスタが入っていました。
以前、栗の産地Marvao マルヴァオンで食べた、Sopa de Castanha ソッパ・デ・カスターニャの方が美味しかったかな。こちらは塩味のスープに栗がゴロゴロと入っているタイプでした。

<ポルトガル冬の風物詩:焼き栗屋台>
ポルトガルの焼き栗屋台
話は少し脱線しますが、ポルトガルの秋から冬にかけての風物詩と言えば、焼き栗屋さん。お手製の屋台で繰り出し、屋台で熾した炭火で白い煙をモコモコと上げながら焼いています。冬にはそれこそ数10メートル毎に居るのでは?と言う感じなので、冬にサン・ジョルジェ城からLisboa リスボンの街を見下ろすと(冬は雨が多くもやっている事が多いのですが)、焼き栗の煙で白く煙っている?!と思う程。この煙の匂いを嗅ぐと、冬のポルトガルに来たなぁ!と思います。味付けはシンプルで、切れ目を入れた栗に荒塩をまぶして一緒に窯に入れて焼くだけ。そして古い電話帳の1ページを破って円錐状に丸めた筒に入れるのがポルトガル流。あつあつの栗はホコホコして美味しい
実は、ポルトガルの焼き栗と我が愛媛を結ぶ、面白い情報を耳にしたのですが、詳細情報を調査中。ポルトガルのアイドル、ガロちゃんと栗の夢のコラボ実現?!詳しい事が判明したら紹介したいなぁ。

<Presunto de Chaves プレズント・デ・シャヴェス>
Presunto プレズント
プレズント・デ・シャヴェス、シャヴェス特産の生ハムです。町を歩いていると、生ハムの塊が店頭にドン!と吊るされた店が沢山有ったり、「肉のブティク」なんて名前のお店が有ったり。と言う事で、せっかくですから今回は贅沢にも名産の生ハムを一皿注文しました(これで9ユーロ)。 とっても美味しかったんですが、少し塩味がキツイかなぁ。ワインのあてとかに丁度良いかも。あと贅沢にサンドイッチを作るのも有りかも。

実は生ハムには以前苦い思い出も。有名な観光地 Obidos オビドスのレストランで生ハムを注文。これがなんとも強烈な臭いを発しており、一口で断念した事が・・・。 食べられない物はほとんど無いケなのですが、匂いがキツイのはちょっと苦手。ポルトガル料理のArroz de Polvo アロース・デ・ポルヴォ(タコのリゾット)なんかにも入れてくれる香草、ケにはドッチャリとは入れないで下さい。無いと寂しいんだけど。   

<Rojoes a Moda de Chaves>
Rojoes a Moda de Chaves
よく分からなかったのですが、メニューにChavesと地元の名前がついているので、郷土料理か地元産の豚を使った料理だろうと思い注文。メインは揚げた豚肉でしたが、肉が柔らかくて美味しかった。付け合わせは茹でた芋とピリッとする青菜。

<Medalhoes de Porco em Vinha D'alhoes>
Medalhoes de Porco
相棒のチョイスはこちら。同じ様にシャヴェスが肉の産地と言う事と、-e/Arroz de Feijao 付け合わせの豆ご飯にそそられた模様。 こちらは豚肉のグリル。ちょっとパサパサしますが、肉の実がしまって、肉食べてます!と言う感じ。豆のリゾットが美味しゅう御座いました。

今晩は大事変が!
今日も一日よく歩いて疲れているのに、このレストラン何処にも増してお皿を持って来るのが遅い!(そんなに混んでいないのに)。待っている間にスープとハムだけで満腹中枢が満たされて、お腹一杯になっちゃう・・・と言う事で、最後には疲れと眠気でフラフラになり、食後のデザート(この季節はなんと言ってもメロン!なんですが)を食べる事なく、部屋に戻ったケ組でした。

Chaves シャヴェスは、古い街並みや、星型要塞ホテル、ポルトガルの温泉(飲泉所もあります)等、面白い町でした。
Chaves シャヴェス
シャヴェスに関して詳しくはコチラ ↓↓↓


Ola! Portugal ← ポルトガル情報満載。
Ola! Portugal: ポルトガル料理食べまくり ←ポルトガル料理を写真付きで紹介。レシピのコーナーも。
Ola! Portugal: Chaves シャヴェス ←今回旅したシャヴェスの紹介。ポルトガルの温泉地です。
Ola! Portugal: 星型要塞のホテル ←今回泊まった昔の星型要塞を改造したホテル!

むいんと おぶりがーど  今日も訪問ありがとう。
← ポチッと、ひと押しお願いします。
  (人気ブログランキング:海外旅行)

  とっても励みになるそうぞなロシ。