Ola♪
日曜にポルトガルから帰国し、月曜から働くケです。年をとったからか、時差ボケが抜けるのにも時間が掛る様になりました。日中は眠く、夜も普段より1~2時間早めに就寝していました  今回のポルトガル旅行も、なかなかの美味しいんぼの旅となりました。ボチボチ新しいポ・ネタを織り交ぜつつ書いていきます。本家のHP、Ola! Portugal の方も更新していきますので、宜しくお願いしますね。

ケ組は、スターアライアンスでマイルを貯めていますので、今回はルフトハンザ航空で、成田発、フランクフルト乗り換えのリスボン入りです。以前ミュンヘン経由だった時もあるのですが、ミュンヘン空港内にはAirbrau(エアブロイ)=空港醸造所と言う名前のビールの醸造所が在ってお気に入りなんです(こちらのお話はmixiでご覧下さい)。

出発の数日前に、ネットで機内食だの機内設備だのをネットで調べていました。前々回のルフトは、座席に個人モニターが無く寂しく思いをしました。出張でよく利用したSQ シンガポール航空は6時間のフライトですが、個人モニター完備で快適♪ だっただけに、何故に倍の12時間のフライトで無いのか・・・と。前回もルフトでチケットを取ったのですが、この時は共同運航のANA運行便で(最新機材だった)、こちらもモニター付き。
さて今回は?!と調べると搭乗便はルフト運行便・・・。しか~し!使用機材が、あのオール2階建てのエアバスA380ではないですか SQでもA380は既に日本~シンガポール間に導入されていましたが、出張時は関空利用だったので結局乗れず。だから一度乗ってみたかったのです。

<Lufthansa ルフトハンザ航空のエアバスA380>
ルフトハンザドイツ航空で行くポルトガル

ルフトのエアバスA380
やっぱりデカイ!だけどコロッとしていて、頭はイルカっぽくて、なんか可愛いですのう。

エアバスA380に搭乗
2階席には、専用の搭乗ブリッジが。事前にネットで座席指定をした時には2階の座席は出てこなかったから、2階は全てビジネスクラス以上なのでしょうか。羨ましいのう。(2階にもエコノミー席は有る模様)

A380の機内(1階:エコノミー)
機内の様子(1階エコノミークラス)。3-4-3のシート。大きな機体なので、座席間隔も少しはゆったりしているのかなぁ?と期待していましたが、印象としてはあまり変わらない・・・。A380が導入される前のPR映像では機内にバーやリラックス出来るスペースが有って空の旅が変わる♪ なんて映像を見た気もしますが、少なくともエコノミークラスは変わりませんな。ちょっと2階席も覗いて見たかったのですが、行かせてくれないんでしょうね。個室みたいな部屋もあるのかしらん。

ルフト欧州路線の個人モニター
さすがに最新機種。個人モニターは完備。だけど、タッチパネル式の液晶で、手元に伸びるコントローラーが無いもんだからゲームは出来ず。SQでは「上海」をよくやったのになぁ。日本語版がある映画は、本数も結構ありました。ケは3本程鑑賞。機外モニターも3ヶ所ついていて、常時見えるのは面白かった(まぁ、ほとんど真っ白な雲の映像でしたが)

<お楽しみの機内食。小さい頃は、これに憧れていましたっけ。>
ルフトハンザの機内食(昼食)
まずは昼食。トマトとチキンのスパゲティ。それに巻き寿司とサラダとフルーツ。

ルフトハンザの機内食(夕食)
そして到着まじかの少し早目の夕食。メインディシュはラビオリ。それとケーキ。美味しゅう御座いました。

ルフトハンザの機内食(ベジタリアンメニュー)
そして相棒は、干しブドウ入りのサフランライスとラタトュイユ、サラダ2品とフルーツのベジタリアンメニュー。食事療法、ベジタリアン、特定宗教等の事情で特別食が必要な場合は事前に予約が出来ます。ルフトでは19種類から選べ、ベジタリアンメニューも完全ベジタリアン料理から、肉は使わないが乳製品と卵は使う、生の果物だけの食事等ある様です。相棒は、長旅で胃が疲れるから・・・と最近のお気に入りの様子。真っ先に持って来てくれるのも、なんか羨ましい。好みの食事が売り切れと言われた時の寂しさと言ったら・・・。(ちなみに特別食は勿論無料です)

<フランクフルト空港:ルフトハンザ航空からポルトガル航空へ乗り替え>
フランクフルトで乗り継ぎ(ルフトからTAP)
フランクフルトでリスボン便に乗り継ぎ。ドイツ/ポルトガルはシェンゲン協定に加盟しているので、ここで欧州へ入国と言う形になります。ですからポルトガルでの入国審査は無く、残念ながらポルトガルのスタンプは押されません。ドイツの入国スタンプを貰い晴れて入国。乗り継ぎ時間は5時間弱ありますので、ゆっくり出来ます。ターミナルを移動し、少しドイツの空気と太陽を浴びて、再び手荷物検査をしてロビーへ。免税店を少し眺めて早々にラウンジへ。本場のビールとソーセージを頂き、満足満足のケでした

リスボン行きはルフトとTAP ポルトガル航空とのコードシェア便。今回はTAP運航便。おぉ!ポ好きのケは嬉しい♪ しか~し!モニターを見ると30分遅延とのアナウンス。やっぱりTAPか?!新しい搭乗時間に合わせてゲートに行くと、いままさに、搭乗便が到着して乗客が降りて来ているところ。ん?!あと30分で離陸出来るのか?!もっと遅れるのでは?!と訝しがっていると、あっと言う間に機内清掃も終わらせ搭乗開始のアナウンスが。おいらの荷物も忘れずに載せてくれたかい?一抹の不安がよぎるケでした。

TAP ポルトガル航空の機内
ポルトガル航空の機内。さっきと比べると随分小さな飛行機です(3-3のシート配置)。皮張りのシートがTAPっぽい。スッチーのお姉さんが軽食を配りに来ました。ス「飲み物は何になさりますか?」、ケ「ラランジャ・ポルファボール」。いやぁ、早くもポルトガル気分になりますなぁ。

TAP タップの機内食
軽食として、チキンサンド。もう眠くてフラフラですが、なんだかんだと頂いてしまいました。3時間弱のフライトも食べて、ウトウトして~としていたら、間もなく着陸です。

<翼よあれが里斯本の灯だ>
リスボンの夜景
リスボンの上空に来ると、オレンジ色の街の灯が見えて来ます。この景色を見ると、ポルトガルに帰ってきたんだな~と思う瞬間です。

TAP PORTUGALポルトガル航空
無事に着陸すると、機内からは拍手拍手拍手。やっぱポルトガルは素朴でイイなぁ。

<Bem vindo !! ようこそ、ポルトガルへ> 
Bem vindo ぽるとがる
ポルトガルでは我らがC・ロナウドちゃんがお出迎え~♪ 荷物も無事到着。これからポルトガルの旅が始まります。

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを訪れる事26回。ポルトガル情報満載の旅行日記、写真集
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : TAP Portugal(ポルトガル航空) ←飛行機の模型コレクションも
Ola! Portugal : ポルトガル鉄道の旅 ←飛行機で到着したら、ポルトガル国鉄で国内の旅へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
↑ 今日も訪問ありがとう。ポッチっと、ひと押しお願いします。(ブログ村・ポルトガル情報)
  とっても励みになるそうぞなロシ。