Ola♪
前回の「シントラの路面電車」の巻で、ロカ岬に関するコメントを頂きましたので、今回はポルトガル、そしてユーラシア大陸最西端のロカ岬の巻。

<Cabo da Roca ロカ岬>
ポルトガル旅行記:Cabo da Roca ロカ岬
ユーラシア大陸の西の端に位置するポルトガルは、大国スペインが隣だったので、海に活路を求めるしかありませんでした。それがやげてポルトガルを大航海時代へと導き、ポルトガル栄光の歴史へとつながりました。そのポルトガルの最西端に位置するのがCabo da Roca ロカ岬です。

沢木耕太郎 深夜特急
かつてのバックパッカーのバイブル、沢木耕太郎が深夜特急で目指したのは、ユーラシア大陸の西の果て。が、ロカ岬ではなく、Sagres サグレスのサンヴィセンテ岬(最西南端)でした。
「水曜どうでしょう」で大泉洋が「ヨーロッパ20カ国完全制覇・完結編」の完結地として選んだポルトガルのロカ岬。しかし最終ロカ岬にたどりつけず、遠くの岬からロカ岬をバックに「あれがロカ岬だ <終わり>」としたのもロカ岬(後に、ポルトガル友達の検証により、バックに映っていたのはロカ岬ですらない事も判明)。

ユーラシア大陸最西端
ユーラシア大陸最西端と言う事以外には、雄大な大西洋の景色と石碑、灯台位しか見所が無いので、短いポルトガル旅行で立ち寄るかは微妙なロカ岬。
ですが日本人、「日本〇〇端の地」って好きですよね。ケも「日本最東端(民間人のいける所で):納沙布岬」、「日本最北端:宗谷岬」、少々微妙な「日本最北限:礼文島(スコトン岬)」、「四国最東端:蒲生田岬」なんてのも踏破。それと比べても、ユーラシア大陸の最西端ですよ!ユーラシア大陸の更に東の国からユーラシア大陸最西端への旅。なんか浪漫を感じませんか?

と言いつつも、ケが今回ロカ岬を訪れたのは10年ぶり。相棒のポルトガル・オタク、スノホワに至っては初めてのポルトガル最西端の地を踏んだとの事。それも、Sintra シントラ→Praia das Macas マサス海岸→Cascais カスカイスとドライブ中、道中で「Cabo da Roca」の看板を見つけたので”ついでに”寄ってみた感じ・・・。ロカ岬って以外とシントラから近いんですよね。実際ロカ岬の観光を公共交通機関を利用してすると、シントラ→カスカイス間のローカルバスが便利です。

ポルトガル最西端ロカ岬

Cabo da Roca, Portugal
ロカ岬の見所は、大西洋の大海原と切り立つ断崖絶壁の雄大な景色と美しい自然。

ポルトガルの詩人カモンイスが詠んだ詩の石碑
そして、ポルトガルの詩人カモンイスが詠んだ有名な詩が刻まれている石碑。

「ここに地果て、海始まる」
この石碑には、「ここに地尽き、海始まる」の一節と、最西端の地の番地「北緯38度47分、西経9度30分」が刻まれています。

ロカ岬にある灯台
それにロカ岬に建つ灯台位しか見所はありません。今回真夏の8月に訪れたにも拘らず、大西洋から吹きつける冷たい強風で凍えそうなケ一行。ポ人のあるちゃん、きいちゃんに至っては車から出ず、「いってらっしゃい・・・」。だけど、端っこ好きは日本人だけではないらしく、この日も大勢の観光客で賑わっていました。

ポルトガルのお土産:最西端到達証明書
そして忘れちゃいけないのが、「最西端到達証明書」。ミーハーな?!ケは初めてのポルトガル訪問の際にポルトガル土産として購入しましたです。昔の書体で名前を記入してくれて、ロウ印をペタリ。これも良い記念とお土産になりました。

ポルトガルの風車
ロカ岬の近くで、風車の建物を利用したカフェに立ち寄りました。ポルトガルでも、こんな風車をよく見かけます。

ポルトガルの風車カフェ
お店のアズレージョには、風車とケの大好きなロバの姿も!そういえば、前回ロカ岬を訪れた際に、可愛らしいロシ達に出会いました。

Burro Portugal

ポルトガル写真集:ロバ
この子達、まだ元気かな~?

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを訪れる事26回。ポルトガル情報満載の旅行日記/写真集
Ola! Portugal : ポルトガル歩きまくり / ロカ岬 ←ユーラシア大陸ロカ岬の旅行記
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ポルトガルのニャンコ&ロシ ←可愛い動物大集合♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
↑ 今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイトに参加しています。
  ロシをポッチっと、ひと押し、投票をお願いします。(ブログ村・ポルトガル情報)
  とっても励みになるそうぞなロシ