Ola♪
「常盤貴子 本と旅するポルトガル」の番組の中でも取り上げらた、ユネスコ世界遺産:ポルト歴史地区にある『世界で最も美しい本屋』、Livraria Lello e Irmao レロイ・イ・イルマオン書店に行って来ました。

<世界一美しい本屋さん>
Livraria Lello e Irmao レロイ・イ・イルマオン書店
2008年イギリスのThe Guardian紙による「The world's 10 bset book shops」が掲載されました。このランキングでは、1位:オランダ・マーストリヒトの教会を改修したSelexyz Dominicanen セレクシーズ・ドミニカン、2位:アルゼンチン・ブエノスアイレスの劇場内のEl Ateneo エル・アテネオ書店に続いて3位にランキングされたのが、ポルトガル・ポルトの世界遺産の建物Livraria Lello e Irmao レロイ・イ・イルマオン書店です。ポルトガルにそんな素敵な本屋があるなら、行かない訳には行きません!

<世界一美しい本屋さんの外観>
世界で一番美しい本屋(ポルトガル)
場所は、ポルトのランドマーク、クレリゴス教会の少し北側にあります。間口が狭く、奥行きのある構造で外観も「世界一美しい」と評判の本屋からすると、少し地味な感じなので見逃さない様に。ケも一旦通り過ぎてしまいました。

ポルトガル旅行記:ポルト
地味な外観とは打って変わって店内に入ると、天井や階段に施された内装の彫刻や、2階天井部のステンドグラスなど、その美しさに驚いてしまいます。

世界遺産の本屋さん(ポルト:レロイ書店)

フランス人技師グサヴィエ・エステーヴによる装飾
1881年創業の世界遺産にも登録されているネオ・ゴシック様式の建物内に施された、美しく繊細な内装は、フランス人のグザヴィエ・ステーヴによるものだそうです。

ポルトガル旅行記:ポルト
お店の中央、2階へと続くこの美しい曲線を描く階段の別名は「天国への階段」。

Livraria Lello e Irmao, Porto, Portugal

ポルトガルの老舗店:レロイ・イ・イルマオン書店(ポルト)
2階の天井にはステンドグラスが嵌め込まれ、優しい自然光が店内を照らしています。

ポルトガルの世界遺産:ポルト歴史地区
2階にはカフェもあるので、ゆっくり本を探せるかな。

ポルトガルの本屋
こんな歴史ある博物館の様な本屋さんですが、しっかりと現役の本屋さんです。売っている本は貴重な歴史書や骨董本だけと言う訳ではなく、ガイドブックや写真集なんかも打っていますので(貴子ちゃんの番組でも三島由紀夫の本が売られているのが紹介されましたね)、ケもポルトガルの写真集や現地のガイドブック、料理本なんかを買って帰りました。

ただ、「世界一美しい本屋」と評判なだけあって、店内を見学に来る観光客で混雑しています(ケもその一員なんですが)。2階に上がって、他の観光客の様に嬉しげに写真を撮っていると店員さんに「No Photo」、「No Photo」と言われてしまいました。だけど入口とか店内に表示は無かったし、色々ポルトガル本買ったので、勘弁して下さい・・・。

Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : 「常盤貴子 本と旅するポルトガル」:復習の時間:1時限目
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : 「常盤貴子 本と旅するポルトガル」:復習の時間:2時限目

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを歩いて、食べて、遊んで、知ってのポルトガル情報満載♪
Ola! Portugal : ポルトガル歩きまくり / Porto ポルト ←ユネスコ世界遺産の街を歩きまくり 
Ola! Portugal : ポルトの老舗店 ←マジェスティック・カフェやオリヴェイラ監督宿泊のホテル
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
↑ 今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイトに参加しています。
  ロシをポッチっと、ひと押し、投票をお願いします。(ブログ村・ポルトガル情報)
  とっても励みになるそうぞなロシ