Ola♪

2011/12ポルトガル冬旅はアレンテージョ地方。アレンテージョ地方の郷土料理は興味深い物が沢山!「イベリコ豚の秘密はMuito Bom! ムイント・ボンでしたが、『鷲の巣』Marvao マルヴァオンで食べた昼食は如に?

<鷹の巣:マルヴァオン>
ポルトガル旅行記:Marvao マルヴァオン

マルヴァオンは、アルト・アレンテージョ地方の岩山の頂上にある城塞都市です。少し離れた麓から眺め上げると、そのカッコ良さに痺れてしまいます。また山頂にあるお城からの大パノラマや、かわいらしい白い小さな家々が軒を並べている美しい村で、ケ組の大好きな村です。お城探検が終わり、昼食の時間。小さな村ですのでレストランはあまり多くありません。以前訪れた際に寄った、村入り口近くのホテルのレストランはマルヴァオン名物の栗を使ったスープ Sopa de Castanha ソッパ・デ・カスターニャが美味しかったのですが、他の料理の印象はあまり残っていないので、村の中にある小さな地元レストランに行く事にしました。1階がカフェ、2階がレストランになっている構造。階段を上がると、おぉ、この造り思いだした!前回来た時に晩飯を食べた店でした。

ポルトガル旅行ブログ:Marvao マルヴァオン
一番乗り!テーブルと食器、そしてポルトガル名物?!紙のテーブルクロスが整然と並べられています。この後お店はお客さんで一杯に!

<Azeitonas アゼイトーナシュ:オリーブ>
Azeitonas:オリーブ

<Pao パオン:パン>
ポルトガル ブログ:Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ
前菜として出てくる、オリーブやパン、バター、コロッケ等は有料。要らなければ下げてもらいましょう。まぁ、ほとんどのポルトガル人は料理が出てくる間、パンを食べながらおしゃべりをしています。ですから、お勘定の時に下げて貰ったはずのパン代が付いていても、いつもの癖で間違えちゃったんだな、と大らかな気持ちで指摘しましょう(ボリやがったな!と思うとそれこそ後味も悪くなるので)。リスボン等の観光地を除けば悪気は無いと思っています(客商売なので失格と言えばそうかもしれませんが)。勘定の付け間違いは、まま有る様で、ポの友人アルちゃんは勘定の際にレシートに穴が開くんじゃないかと思う位に念入りにチェックしています。

<Vinho regional Alentejo (Tinto) :アレンテージョワイン>
ポルトガルワイン:Alentejo アレンテージョ
アレンテージョ地方は、ワインの産地でもあります。歩き方には、『ポルトガルの隠れた最大の宝』と紹介されていますね。今回は風邪っぴき中だったので、ワイン・ビールは自粛と言う事で、ほとんど飲まなかったのですが、このお店では頂きました

<Sopa de Sarapatel ソッパ・デ・サラパテル>
ポルトガル料理:Sopa de Sarapatel ソッパ・デ・サラパテル
まずはソッパのケ組のケのチョイスはこれ。メニューに『お薦め:アレンテージョ地方の典型的な郷土料理』とあったので。この料理、な~んとなく予想はしていましたが出て来たスープを見て、やはり少しぎょっとしました。サラパテルとは豚や羊などの血や内臓を煮込んだシチュー。細切れのレバーが沢山入り、レバーと香辛料のスパイシーな独特の風味がする重~いスープ。スープの中にはアレンテージョ地方のスープでよくある様に、パンが浸してあります。途中で味変をするのか、重い味を爽やかにするのか、オレンジの輪切りが付いています。日本人には好みが分かれるでしょうが、ケ的にはまぁまぁ。だけど、普通のソッパとどちらがウマイ?と聞かれると、普通のソッパですな。

<Sopa de Tomate a moda antiga ソッパ・デ・トマーテ・ア・モーダ・アンティーガ>
Sopa de Tomate a moda antiga
古いレシピによるトマトのスープ。こちらもパンが入ったスープ。更にポーチドエッグも載っています。が、普通のアソルダ・アレンテジャーナ、ニンニクとコリアンダーのアレンテージョスープと違い、トマト味が効いていてあさっりとして美味しい。トマトの他に玉ねぎ、ピーマンが入っていました。半熟のポーチドエッグの黄身を崩して、混ぜて食べるとまろやかな味に。これは美味しかった♪

<Ensopado de Borrego エンソパード・デ・ボレゴ>
ポルトガル料理:Ensopado de Borrego エンソパード・デ・ボレゴ
こちらもメニューに、『お薦め:アレンテージョ地方の典型的な郷土料理』とあったエンソパード・デ・ボレゴ、マトンのシチュー。こちらも、予想はしていましたが・・・。『お薦め』・『郷土料理』の謳い文句にやられました。サラパテルと同類のメニュー。マトンのシチューの中には、やはりパンが入っています。シチューの上には角切りのフライドポテトと、味変用の?オレンジ。ポルトガル料理の名物、鍋の底から具が湧き出てくるメニューで、食べても食べても減りません・・・。マトン独特の風味あり。スープもヘビーだったので、かなりきつかった!

<Migas de Batata com Carne de Porco Grelhada
 ミーガッシュ・デ・バタータ・コン・カルネ・デ・ポルコ・グリリャーダ>
アレンテージョ地方の郷土料理:Migas ミーガッシュ
こちらもアレンテージョ地方の郷土料理、ミーガシュ(肉の旨味をパンにしみ込ませた料理)と、豚のグリル。ミーガシュが少し赤っぽいのは、今までのミーガシュと違い、トマトを沢山混ぜ込んでいるから。このミーガシュ、今まで食べたミーガシュの中では一番美味しかった♪ 付け合わせの豚の炭火焼は脂身から肉汁がジュワ~と出て来て美味しい!これぞ正統派のアレンテージョ料理と言う感じ。

結論。やはりアレンテージョはシンプルな豚がウマイ!

<おまけ>
ポルトガルのガチャガチャ
レストラン下のカフェにあった、ポルトガルのガチャガチャ?!おやつの缶詰が入っていました。
マルヴァオンは小さな山村ですが、観光地でもあるのでタクシーが1台居ました。実はこのタクシーの運ちゃん、このレストラン&カフェの経営者兼ウエイター兼Pensao ペンサオン(ポルトガルの安宿)の経営者と言うマルチで忙しく働くオヤジでした。

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを歩きまくり、食べまくり、遊びまくった旅行日記&写真集です。
Ola! Portugal : ポルトガル料理食べまくり ←ポルトガル料理を写真付きで沢山紹介しています。
Ola! Portugal : 歩きまくり / アレンテージョ会館 ←リスボンにある素敵な建物のレストランです。
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : アレンテージョ地方のうまいもの ←郷土料理が沢山登場です。

むいんと おぶりがーど 今日も訪問ありがとう。
 ブログのランキングサイトに参加しています。
 (人気ブログランキング:海外旅行)

← ポチッと、ひと押しして投票をお願いします。
  とっても励みになるそうぞなロシ