Ola♪
Pousada ポザーダはお城や修道院を改修した所もあるポルトガルの国営ホテルです。アレンテージョ地方には素敵なポザーダが多いのですが、今回はアレンテージョ地方の東部のCrato クラトと言う町にある古い修道院を改修したポザーダに泊まって来ました。ここのレストランの料理がムイント美味しかった!!

<ポザーダ・フロール・ダ・ロサ(クラト)>
ポザーダ・フロール・ダ・ロサ(Crato クラト)
今回のアレンテージョ旅の目玉の一つが、ここクラトのポザーダ、ポザーダ・フロール・ダ・ロサに泊まる事。クラトは、このポザーダ位しか無い様な小さな村です。またこのポザーダは中世三大騎士団の一つマルタ騎士団ゆかりの修道院を改修したポザーダで雰囲気が抜群。今宵の晩餐は奮発してポザーダのレストランです♪
 ポザーダの様子はHPで↓ 。素敵なスイートルームに泊まりました。
  Ola! Portugal : ポザーダに泊まろう / Crato クラト 

<Creme de Legumes>
ポザーダ(クラト)の晩餐:ソッパ(スープ)
まずはソッパ。クリームスープですが、単なる野菜スープではなく、レバーが入っている様な少し強い味。ですが、レバーの臭みがある訳では無く、コクがあって美味しい♪ ケは結構好きな味。

<Mil-Folhas de requeijao com ameixa d'Elvas>
ポルトガル料理:Mil-Folhas de requeijao (リケイジャオンの前菜)
前菜の「リケイジャオンのミルフィーユとエルヴァスのプラム」
ポルトガルのフレッシュチーズ:リケイジャオンをMil-Folhas ミルフィーユの薄い生地に挟んだ前菜。Elvas エルヴァスはアレンテージョ地方東部の星形城塞都市。そのエルヴァスの銘菓がプラムのシロップ漬けです。
ポルトガルの大衆食堂では、まずこんな こじゃれた前菜は出て来ません。ポザーダのレストランはポルトガルの家庭料理と言うよりも、アレンジ版のポルトガル料理(フランス料理のテイストが入った様な)が出て来る事が多く、安舌のケには合わない事が多いのですが(メロンの冷製スープにはやられた)、この前菜はリケイジャオンのミルクの味が豊かでムイント美味しかった♪ ムム、このポザーアのレストランなかなか出来るゾ。期待が持てます。

<Salada morna de farfalle com Peru e Cogumelos frescos>
ポルトガル料理:Peru ペルー(七面鳥とパスタ)
ケのチョイス。Peru ペルー(七面鳥)とCogumelo コグメロ(マッシュルーム)入りの、Farfalle ファルファッレ(蝶リボン状のショートパスタ)の温サラダ。まぁ、注文した時には七面鳥の料理位にしか分かっていなかったんだけど。
前菜のミルフィーユはフランス発祥の料理ですが、こちらはイタリア料理のパスタをアレンジ。蛇足ですがポルトガル料理としての麺料理はほとんどありません。ポルトガル大衆食堂でスパゲティが出て来る事もありますが、以前は例外無くフニャフニャの腰抜けパスタ(ポ人の友人に訊くと、ポでも美味しいイタリア料理店はあるそうですが、美味しいスパゲティを食べるならポ食堂ではなく、やはりイタ飯屋との事)。ところが!このパスタは丁度良い茹で加減。七面鳥(癖は無く食感は鶏のササミに似た感じ)との全体的な味付けは、以前食べたマデイラワインを使ったソースの味がします。これがまたムイント・ウマイ!!

<Perna de Borrego assada com batatinha a padeiro>
ポルトガル料理:Perna de Borrego (子羊の足)
子羊の足のロースト。今日食べたこれまでの料理の中では最もポルトガル料理らしくい、シンプルな味付けのラム肉のステーキ。ん~、これも柔らかくて美味しいですな。ポザーダのレストランは美味しい料理を出すとして評判が高い所も多いのですが、今まで食べたポザーダのレストランでは一番美味しいかも!(by 安舌ケの個人的感想)。今回も料理を相棒とハーフ&ハーフにして両方の料理を堪能しましたです。

そしてお楽しみのデザート。ポザーダのデザートは各地の郷土菓子や、地方のチーズをバイキング形式で食べ放題の所も多く、これまでの料理からすると期待大です。

<Arroz Doce アローシュ・ドース>
ポルトガルのデザート:Arroz Doce アローシュ・ドース
お馴染みのライス・プディング。表面にシナモンで模様を描くのがポルトガル風。甘さ控え目で美味しかった。

<Sericaia セリカイア>
アレンテージョ地方の郷土菓子:Sericaia セリカイア
エルヴァスの銘菓セリカイアと、同じくエルヴァス銘菓プラムのシロップ漬け。アレンテージョ地方でポピュラーなお菓子で、この両者を一緒に頂くのが流儀です。セリカイアは卵の風味のフワフワとしたスポンジケーキ。

<Bolo rei ボーロ・レイ>
ポルトガルのクリスマスのお菓子:Bolo rei ボーロ・レイ
クリスマス~正月~王様の日(1/6)までポルトガルでは欠かせないクリスマスのお菓子。今回訪れたのは新年明け直ぐでしたから、レセプションにもウエルカムお菓子として、そして朝食会場にも出ていました。相棒曰く、「今まで食べたボーロ・レイで一番ウマイ!」

<Azevias アズヴィアシュ>
アレンテージョのクリスマスのお菓子:Azevias アズヴィアシュ
こちらもアレンテージョ地方の郷土菓子&クリスマスのお菓子、アズヴィアシュと言う揚げ菓子。中身の餡は、サツマイモの餡だったり、エジプト豆の餡だったりと様々なバリエーションがあるそうです。エヴォラのカフェで食べたアズヴィアシュはオヴォシュ(卵黄クリーム)餡でしたな。

<Buffet de Doces>
ポザーダのデザートバイキング
デザートバイキング。お腹一杯食べた後で、更に甘い物皿一杯でよくばり過ぎ?

今回の晩餐は、前菜一皿+主菜一皿+デザートバイキングのコースで30ユーロ。大衆食堂で食べるよりは勿論高いのですが、このポザーダの雰囲気+ポザーダNo.1の味で大満足のケでした。ケ・シュラン☆☆☆です。

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを歩きまくり、食べまくり、遊びまくりのポルトガル情報満載です♪
Ola! Portugal : ポザーダに泊まろう ←ポルトガル各地のポザーダの様子。ポに行ったら是非!
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ギマランイス ポザーダの料理 ←鶏の血入り臓物リゾット?!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
↑ 今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイトに参加しています。
  ロシをポッチっと、ひと押し、投票をお願いします。(ブログ村・ポルトガル情報)
  とっても励みになるそうぞなロシ