Ola♪
Bacalhau バカリャウ(干しダラ)は、365日毎日違うメニューが出せるだとか、1000通りのメニューがあると言われるポルトガルの国民食。バカリャウ・ア・ブラス以外も食べるけんね~。

<町の雑貨屋さんでも売られるバカリャウ>
ポルトガル料理:Bacalhau バカリャウ(干しダラ)料理
初めてポに行ったスノホワの友人が、普通の雑貨屋に普通にバカリャウが並べてあるのを見てびっくりしていました(笑)
バカリャウはタラを塩漬けや干物にした物で、保存や輸送に便利な保存食として中世の頃から重宝されていたそうです。カチカチに乾燥した塩漬けの干しダラは、食べる前に水で戻す必要があるのですが、この戻し加減が重要だそうです。戻し過ぎると味が抜けるし、戻しが甘いと塩っ辛い料理になってしまう・・・。ポルトガルのレストランでは必ず何品かのバカリャウ料理が並んでいますが、ケのチョイスはいつも2番目以降の優先順位。やはり塩辛い事が多いのが影響しているかな・・・。とは言え、ポルトガルに来たら1回はバカリャウ料理を食べていますね。だってポルトガル料理を食べている!って気がするから。

365日毎日違うメニューが出せると言われていますが、果たしてどの程度料理に差があるんでしょうか?付け合せの野菜を変えたとか言うレベルも入っているのかな?レストランでは、代表的なメニューしか出ていないので今回はその内の数種類しか紹介出来ませんが、ポに行った際には一度は食べてみて下さいね。それではバカリャウ祭りのはじまり、はじまり~。

<Pasteis de Bacalhau パシュテイシュ・デ・バカリャウ>
Pasteis de Bacalhau パシュテイシュ・デ・バカリャウ
前菜として出て来る事が多いバカリャウのコロッケ。日本のコロッケと違うのは、やはりバカリャウがたっぷり入っている事。バカリャウの少し繊維質っぽい食感と塩っ気が美味しい。バカリャウはたっぷり入っている方がポルトガルらしくて良いですね。前菜のイメージが強いですが、バカリャウコロッケ+トマト味のプレーンなリゾットと一緒に出て来てメインを張っていた事も。レストラン以外でも、カフェなんかでも並んでいますので、ビールのおつまみとして食べるのも良いです。

<Bacalhau a Braz バカリャウ・ア・ブラス>
ポルトガル料理:Bacalhau a Braz バカリャウ・ア・ブラス
ご存じ、干しダラと千切りフライドポテトの卵とじ。ポルトガル料理バカリャウ料理の定番ですね。美味しいのでケも大好き。ただ難点は、量が多いと味が単調になって来て、最後はちょいと辛くなる事も。他の料理だと、付け合せの野菜がついていて箸休め/味変が出来ますが、バカリャウ・ア・ブラスの場合は、この一点物の場合が多いので。

<Bacalhau com Natas バカリャウ・コン・ナタス>
Bacalhau com Natas バカリャウ・コン・ナタス
バカリャウ・ア・ブラスと双璧をなく、ケのお気に入りバカリャウ料理、干しダラのクリームグラタン。表面がこんがりと焦げたクリームソースにバカリャウがよく合います。以前に登場の日本のポルトガル料理レストランでも美味しく頂きました。

<Bacalhau assado バカリャウ・アサード>
ポルトガル料理:Bacalhau assada バカリャウ・アサーダ
干しダラを塩、ニンニクで炒めたもの。ニンニクの香りが食欲をそそられます。肉厚のバカリャウは食べごたえがあります。シンプルで美味しいポルトガル料理らしい一皿。

<Bacalhau Cozido バカリャウ・コジード>
ポルトガル料理:Bacalhau Cozido バカリャウ・コジード
干しダラを茹でたもの。バカリャウはシンプルに焼いても良し、煮ても良しですね。ポルトガルの魚料理の場合、茹でた魚はオリーブオイルとビネガーをかけて食べます。これが思いのほか合っていて美味しいですよ。

<Bacalhau a Gomes de Sa バカリャウ・ア・ゴメス・デ・サ>
Bacalhau a Gomes de Sa バカリャウ・ア・ゴメス・デ・サ
こちらもポ・レストランでは比較的よく見かけるメニュー。干しダラを炒め、ジャガイモとゆで卵を合わせた料理。料理の付け合せにジャガイモは定番ですが、魚料理には茹でたジャガイモ、肉料理にはフライトポテトが合わせられる事が多いです。~デ・サは、元々はドウロ地方の郷土料理との事。

<Arroz de Bacalhau アローシュ・デ・バカリャウ>
ポルトガル料理:Arroz de Bacalhau アローシュ・デ・バカリャウ
ポルトガルのリゾット、アローシュ・デ・~は様々な具材を使います。多いのは、”なんちゃって”シリーズで作ったPolvo ポルヴォ(タコ)や、海鮮リゾットのMarisco マリシュコ、そしてTamboril タンボリル(アンコウ) でしょうか。国民食のバカリャウも当然あります。ですが、あまり見かけないな~と思うケは、『バカリャウ』の文字だけで、優先順位が2~3番手以下に下がっていて目に入っていないからでしょうか。

<Bacalhau a Casa バカリャウ・ア・カーザ>
ポルトガル料理:Bacalhau a Casa 当店のバカリャウ料理
1000通りのメニューがあると言われますので、それぞれの料理人や各家庭に、それぞれの味があるんでしょうね。と言う事で、レストランでよく見かける料理名がこちら。『当店自慢のバカリャウ料理』みたいな感じでしょうか。こちらは揚げたタラに、タマネギ、薄切りのフライドポテトを合わせた皿です。

ポルトガル料理:Bacalhau a Casa 当店のバカリャウ料理
同じく『当店自慢のバカリャウ料理』。マシュポテトが美味しかった。魚料理の付け合せは茹でたジャガイモが定番と書いてしまいましたが、フライドポテトやマッシュポテトも付いてくるでやんす。

今回紹介したのは9品と、365通りにはほど遠いですが勘弁下さい。バカリャウ料理を本当に365種類掲載したレシピ本とかあったら面白ですね。ポに実際に有ったりして。ポには一冊丸ごとバカリャウの話+切手が付いた豪華本があったり、ボルダロ・ピニェイロがバカリャウ物を作っていたりと、色々な所でポ人のバカリャウ好きが分かって楽しいですよ。輸送や冷蔵設備の整った現代で新鮮な魚が手に入るのに、干しダラにここまで執着するのは、やはりDNAに刻まれたバカリャウのなせる業なのでしょうか?

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを訪れる事27回♪ ポルトガル情報満載のHP&ブログです。
Ola! Portugal : ポルトガル料理食べまくり / Peixe ←ポルトガルの魚料理が大集合♪
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ボルダロのバカリャウ ←ケが手に入れたお宝のバカリャウ

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
↑ 今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイトに参加しています。
  ロシをポッチっと、ひと押し、投票をお願いします。(ブログ村・ポルトガル情報)
  とっても励みになるそうぞなロシ